在籍確認なしで融資可能なカードローンはある?会社にバレずに借りる方法

カードローンの在籍確認は必須?会社にバレずに即日借りる方法カードローン借入れのコツ
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

カードローンでお金を借りることは、悪いことではないけれど、できれば人に知られたくないですよね。

「在籍確認なしで借りれないの?」「電話連絡で会社にばれないか心配…」と思っている人も多いはず!

そこで、このページでは「在籍確認なしで借りれるカードローンはあるのか」「在籍確認がなんのためにあるのか」「どんな風に確認されるのか」など、在籍確認について詳しく紹介したいと思います。

在籍確認は避けては通れない審査の一部!在籍確認がある理由

初めてカードローンの申し込みをする人にとって「在籍確認」は聞きなれない言葉だし、どんな審査なのかわからないですよね。

でも、在籍確認はカードローンを利用するためには、避けては通れない審査です。

なぜなら、カードローン会社は、契約の際に申込者の返済能力を確認することを義務付けられていて、在籍確認はその確認方法の1つだからです。

返済能力の確認のために、なぜ在籍確認が必要なのかというと、返済能力がある人とは、決められた日にきちんと返済ができる人のことで、返済するには収入が必要ですよね。

在籍確認は、その収入を得るための申告された勤務先に、本当に勤めているかを確認するために行われているのです。

それなら、電話じゃなくても、勤務先がわかる書類でもいいんじゃないの?と思った人もいますよね。

残念ながら、ウソの申告をする人もいるのです。

たとえば、すでに退職した勤務先で申し込む。休職中だと言わずに申し込みをする人などがいます。

だから、誰もが正しく申告するとは限らない勤務先には、必ず電話で在籍確認が行われるのです。

会社に電話があってもばれない?気になる在籍確認の仕方

でもやっぱり勤務先に電話されると、カードローンの申し込みをしたのがバレるのが心配という人はたくさんいると思います。

しかし、在籍確認の電話でカードローンの申し込みがバレることは。ほぼありません。

その理由は、契約の事実を第三者に知らせてはいけないという法律があるから。

だから、カードローンの在籍確認の電話は、どんな用件かわからないように、消費者金融の場合は企業名ではなく個人名で、銀行の場合は銀行名+個人名でかけてくるのです。

在籍確認の電話の内容も「いつから働いてますか?」「正社員ですか?」などといったことを根掘り葉掘り聞くわけではありません。

○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?
ただいま席を外しています。(営業に出ています。)などで確認は終了です。

電話をとった人によっては、どういったご用件ですか?とたずねる人もいますよね。

そんな場合でも「またかけます」「携帯にかけてみます」などといった具合に、何の電話かを言うことは決してないのです。

また、在籍確認の電話には本人が必ず出る必要はないので、上記のように確認が取れれば、何度も電話をしてくることもないので安心です。

銀行の場合は、銀行名でかけてくるところがほとんどですが、銀行からかかってきたからといって、カードローンの申し込みを疑う人はあまりいませんよね。

在籍確認は決して怖いものではありません。
いつも通り普通に仕事をしていれば、知らない間に終わっているので、心配しなくて大丈夫ですよ。

在籍確認は申し込んだらすぐにある?電話がくるタイミングとは

いつも通りに仕事をするにも、在籍確認がいつあるのかヤキモキしながら仕事するのは落ち着かないし、電話が鳴るたびにドキドキするのもイヤですよね。

カードローンの在籍確認は、申込内容と信用情報の照会による仮審査で、貸せる人かどうかを判断してから行われます。

在籍確認をするということは、仮審査に通過しているということなので、在籍確認で審査に落ちることはほぼありません。

だから本当は、カードローンの利用を考えている人にとっては、在籍確認の電話は喜ばしいものなんです。

でも、やっぱりいつかかってくるか気になりますよね。
なかには、自分が電話を取れる時間帯にして欲しいと言う人もいます。

在籍確認のタイミングは、カードローン会社によっては、相談にのってくれるところもあるので、希望があれば申し込み時に相談してみましょう。

また、申込者のなかには、在籍確認はいつしてもらってもかまわないけれど、「男の人からは困る」「女の人からは困る」といった、かけてくる人の性別を気にする人もいると思います。

確かに、会社によっては、かかってくることのない性別でかかってくると不審に思われることもありますよね。

そんな場合も、事前に相談すれば応えてもらえるので、在籍確認で不安なことがあれば、申込み後すぐに担当者に相談してみましょう。

電話連絡なしで在籍確認はできる?確認の仕方は相談できる

在籍確認のタイミングや性別の問題ではなくて、電話での確認じたいが困るという人もいると思います。

「カードローンの申込が会社にバレそうだから」という人は、上記でもいいましたが、バレることはほぼないので、怖がらずに在籍確認をしてもらえばいいのですが、なかには勤務先の方針で電話をされると困る人もいますよね。

そんな人はどうすればいいんでしょう?

基本的に銀行カードローンの場合は、電話での在籍確認が必須のところがほとんどなので、書類での在籍確認は行っていません。

消費者金融の場合は、どうしても電話での在籍確認が無理な場合は、社員証や保険証・給与明細書などの会社名がわかる書類で確認を済ませてくれることもあります。

在籍確認のことだけで申し込みをためらっているのなら、書類での確認で済ませてくれるかどうか、まず担当者に相談してみましょう。

カードローン会社に、在籍確認の対応方法を聞いてみたので、参考にして下さい。

大手消費者金融会社の在籍確認の対応策一覧

消費者金融

アイフル

  • 対応策
    電話連絡なしを希望する場合は電話ではなく書類の提出で済ませます。
    健康保険証や収入証明書などで確認。
    審査内容によっては、必要ないこともあり

アコム

  • 対応策
    基本的には電話します。
    どうしてもの場合のみ、審査部署の上司と相談の後、社会保険証で確認をします。
    ただし、申し込み内容によっては電話をすることがあります。

プロミス

  • 対応策
    基本的には電話します。
    電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

SMBCモビット

  • 対応策
    審査内容によるが可能。
    WEB完結なら電話連絡なし
    申し込み状況によって電話が必要な時は、電話をする前に申し込みをどうするかを確認してくれます。

銀行

新生銀行

  • 対応策
    仮審査(申込内容・信用情報の照会)で問題がなければ、電話確認はありません。
    電話確認の必要がある場合は、電話します。
    会社側の対応で確認が取れない時は、会社名・氏名が確認できる社員証や給料明細、源泉徴収票などの提出が必要。

みずほ銀行

  • 対応策
    保証会社の判断になります。

三井住友銀行

  • 対応策
    必ず電話での確認。
    どのように電話をすればいいのかは聞いてくれます。

三菱東京UFJ銀行

  • 対応策
    会社側の対応で確認が取れない時は、会社名・氏名が確認できる社員証や給料明細、源泉徴収票などの提出で確認します。

楽天銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

楽天銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

オリックス銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

住信SBIネット銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

電話で在籍確認をしても書類の提出を求められることがある

在籍確認が終わって、審査結果の通知の電話かなぁと思っていたら、「在籍の確認ができる書類の提出をお願いします」という連絡のことがあります。

何か問題があるのかと不安になりますよね。

でも、それは申込者が悪いわけではありません。

書類の提出を求められる時は、在籍の有無が判断できなかった時です。

近頃は、個人情報保護の観点から、勤務先によっては用件を言わないと「いません」「お答えできません」というように、在籍してるのか判断しにくい応対をされることがあります。

そのため、勤務先の情報は勤務先名・住所・電話番号だけではなく、自分のいる部署名や役職なども申し込み時に明確にしていると、在籍確認がスムーズです。

また、代表電話と所属部署の電話番号が違う場合は、自分が所属している部署の電話番号で申し込むとスムーズです。

しかし、自分が所属している部署の電話番号を外部の人に教えてはいけない場合もありますよね。

その場合は、代表電話番号でかまわないので、確実に所属部署にまわしてもらえるように、所属部署名や内線番号があれば内線番号などを、カードローン会社に事前に伝えておくといいでしょう。

仮審査に通過したのに審査に落ちた!原因は在籍確認?

カードローンの申し込み後すぐに届く審査結果は、仮審査の結果なのですが、その審査には通過したのに、本人確認書類の提出や在籍確認後に契約ができないということが、まれにあります。

仮審査結果の通知で「融資可能です」と回答をもらっているのになんで?と思いますよね。

その原因は、在籍確認かも。

在籍確認で在籍しているか判断できない時は、書類を提出することで在籍確認が可能になりますが「退職しました」「休職中です」「ずっと出社していません」といった応答の場合は、審査落ちになります。

また、勤務先の電話番号が携帯番号だったり転送設定されている場合や、どの時間帯に電話しても誰も出ないような場合も、審査落ちになるのです。

職場が休みで土日は即日借りれない?土日の在籍確認の仕方

カードローンの申し込みは、土曜・日曜・祝日でもインターネットや自動契約機・電話などでできます。

しかし、土曜・日曜・祝日が勤務先の定休日だという人は多いです。

もちろんその場合は、在籍確認ができないので、営業日に在籍確認が行われてから、審査結果通知を受け取ることになります。

でも、どうしても即日必要な人もいますよね。

そんな時は、まず担当者に相談してみましょう。

仮審査に問題がない場合は、仮契約という形で在籍確認の前に少額の貸し付けを先にしてくれ、翌営業日に在籍確認をして本契約をするという対応をしてくれることもあります。

ただし、この場合も在籍確認で審査落ちになることもあり、その場合は一括返済にはなりませんが、返済はしないといけません。

アルバイト・パートでも必ず在籍確認がある!電話以外の方法は?

カードローンは、安定した継続的な収入があれば、アルバイトやパートのような 雇用形態の人でも申し込むことができます。

そして、審査方法も正社員の人と同じなので、アルバイトやパート先への在籍確認は、もちろんあります。

ただし、アルバイトやパートの人が、書類での在籍確認を希望する場合は、その勤務先の社会保険に加入していないといけません。

そのため、扶養範囲内で働いている人の場合は、配偶者の勤務先の保険に加入しているので、書類での在籍確認はできないのです。

しかし、審査に通らないわけではないので、安心して申し込みして下さい。

派遣の在籍確認は派遣先?登録先?申し込みには注意が必要

カードローンに申し込む人の雇用形態はさまざまですよね。

申し込む人のなかには「派遣社員」といって、派遣会社に登録をして、その派遣会社から紹介された派遣先で勤務する人もいます。

もちろん派遣社員の人もカードローンの申し込みは可能です。
ただし、派遣社員の人が申し込む時は、勤務先情報の入力・記入は注意しないといけません。

その理由は、派遣社員は派遣登録をしている派遣元の会社と、実際に働いている会社の2つの会社と関わりがあるから。

カードローンの申し込みには、必ず勤務先の情報の入力・記入が必須です。

その時に、派遣社員の人の場合は、派遣元で働くことはありませんが、派遣元の情報を申告しなくてはいけません。

それは、実際に働いているのは派遣先ですが、収入を得ているのは派遣元からなので、勤務先は派遣元になるからです。

そして、もう1つ気をつけなくてはいけないのが、在籍確認です。

派遣社員の人の在籍確認は、派遣登録をしている派遣会社に入ります。

しかし、派遣会社に登録している人はたくさんいるので、急に「○○さんはいらっしゃいますか?」と派遣元に電話しても、わからないことがあります。

派遣の人は、申込み後すぐに、自分宛てに電話がかかってくることを、派遣先の担当者に伝えておくことをおすすめします。

でも、カードローンの申し込みをしたことは知られたくないですよね。
そんな人は、クレジットカードの申し込みをしたと伝えておけばスムーズです。

在籍確認ができない?自宅が職場の自営業の在籍確認の方法

派遣社員の人の申し込みも注意しないといけませんが、自営業の人の申し込みも注意が必要です。

自営業は会社、組織にせず個人で営んでいる事業を職業としている人ですが、店舗を構えている人もいれば自宅兼用の人もいますよね。

どこで営業していようと、自営業者の申し込みも必ず在籍確認が行われます。

でも、なかには携帯があれば仕事になるからと、固定電話がない場合や、自宅兼用なので家族が出た時に、屋号を名乗らないこともありますよね。

そんな場合は、審査に落ちてしまうのでしょうか?

申込内容によっては落ちることもありますが、確定申告書類や営業許可証・代理店契約書・報酬明細書など、営業の形や事業形態の確認が取れるような書類の提出で、在籍確認としてくれることもあります。

そのため、申し込み時に屋号を申告しておくと、スムーズなのです。

自営業者の人の場合も、申込み後に担当者に相談することをおすすめします。

専業主婦は在籍確認なしで借りられる?

カードローンの申し込みをすると誰もが必ず在籍確認をされるのですが、唯一、在籍確認がないのが、専業主婦(主夫)。

働いていないので当然といえば当然です。

でも「夫(妻)の勤務先に在籍確認されるの?」「申し込めるだけで審査には通らないの」と不安に思った人は多いのでは・・・

専業主婦の申し込みの場合は、本人への申込確認の電話が携帯か自宅の電話にかかってくるだけで、配偶者の勤務先に在籍確認をすることはありません。

専業主婦で生活が成り立っているということで、配偶者に安定した収入があるとみなされるようです。

そして、専業主婦が利用できるのは、主に銀行カードローンです。

その理由は、銀行カードローンの借入は、総量規制の対象外だから。

貸金業法で専業主婦への貸付を禁止しているわけではありません。

貸金業者でも、配偶者貸付といって、総量規制の例外として専業主婦(主夫)は、配偶者と合算して年収の3分の1まで貸付することができます。

しかしその場合は、配偶者の「同意書」と「配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票・戸籍抄本など)」が必要で、借入希望金額によっては収入を証明する書類が必要です。

かなり手間がかかる割には、借入できる金額は変わらないし、内緒で借りることもできません。

そのせいか、貸金業者では専業主婦への貸付をしているところは、あまりないのです。

増額・転職の時も在籍確認はある!ウソの申告は減額になることも

初めてカードローンの申し込みをした時の利用限度額は、信用情報の紹介や申込内容に問題がなくても、低く設定されることが多いです。

初めはその利用限度額でよくても、利用していくうちに「もう少し限度額があればなぁ」と思う人もいますよね。

カードローンの増枠はインターネットからでも電話でも申し込みが可能です。

増枠の時ももちろん審査があります。

審査内容は、初めての申し込みの時と同じで、信用情報の照会と登録内容に変更がないかを確認されます。

その時に、転職している場合は、在籍確認も行われます。

ただし、転職をしていない場合でも、返済が遅れがちになっていたり、借入額が増えているような時に、在籍確認をされることもあるのです。

その時に退職していたり、転職していることがわかれば、増額どころか、減額や最悪の場合は利用停止になることもあるので、正しく申告しましょう。

また、増枠希望額が高い場合は、収入証明書類の提出を求められることもあるので、その時に転職や退職がバレることも・・・。

増枠は長く使っていて、申込内容に変更がない場合は増やしてもらえることもありますが、減ることもあります。

増枠の申し込みをする時は、総量規制の金額を超えていないか、返済を遅れたことがないか、変更内容がある時はその都度変更しているかなどを、再度自分で確認してから申し込みましょう。

在籍確認で時間がかかるのはどんな時?スムーズにする方法

在籍確認にかかる時間は、電話がスムーズにつながれば、1分とかからないものです。

しかし、申込内容のちょっとした入力・記入の仕方1つで、時間がかかってしまったり、確認ができないことがあるのです。

特に、従業員数が多い勤務先の場合、代表電話の番号を申告すると、電話に出た人が申込者を認識していない場合もあります。

在籍確認をスムーズにするために、以下のことに気をつけましょう。

在籍確認をスムーズにするためには

  • 事前に勤務先に伝えておく
  • 所属部署を明確にする
  • 所属部署に直通の番号がある場合は、直通番号を申告する
  • 役職がある場合は役職を明確にする

勤務先に伝えておくのは抵抗があるという人もいると思いますが、何もカードローンの申し込みをしたと言う必要はないのです。

カードローン会社は社名や用件は言いませんから「クレジットカードの申し込みをした」「自動車ローンを申し込んだ」などで大丈夫。

在籍確認は必ずあるけど怖くない!相談すれば柔軟に対応してくれる

在籍確認は誰もが気になる審査ですが、決して怖いものではありません。

カードローン会社も落としてやろうと審査しているわけではなく、正しく申告されているかを知りたいだけなのです。

正しく申告して、事前にカードローン会社に相談したり、勤務先に伝えておくことで、スムーズに在籍確認を済ますことができます。

勤務先の都合で在籍確認が難しい人もいると思いますが、事前に相談すれば、電話のかけ方や時間帯・性別など相談にのってもらえるので、とにかく悩んでないで相談してみましょう。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗