総量規制対象外のおまとめローンを利用する場合の注意点

カードローンでお金を借りる時に、希望する金額を借りれなかったり、突然カードローンの利用ができなくなったとしたら、「何で?」って思いますよね。カードローン借入れのコツ
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

カードローンでお金を借りる時に、希望する金額を借りれなかったり、突然カードローンの利用ができなくなったとしたら、「何で?」って思いますよね。

その原因の1つが「総量規制」です。
総量規制とは、年収の3分の1までの貸付けしかしてはいけないという法律。

「住宅ローンが組めなくなるの?」「3分の1以上借りていると利用できなくなるの?」など、年収の3分の1に制限されると、困る人が多いのではないでしょうか?

そこで、そもそも総量規制はどんな法律なのか。
総量規制で家や車が買えなくなるのかなど、カードローンでお金を借りる時に、総量規制でどんな影響があるのかを説明していきたいと思います。

総量規制とはどんな法律?

総量規制とは、貸し過ぎ・借り過ぎの防止を目的に、2006年から上限金利の引き下げや貸金業者に対する規制の強化などを段階的に進めてきたもので、個人が借りれるお金の総額が、年収の3分の1までと制限された法律のこと。

たとえば、年収300万円の人であれば、100万円までが借りれる金額の上限。
この金額は1社ごとに借りれる金額ではなく、総量規制の対象となる借入の総額が100万円までということです。

総量規制の対象となる貸付とは、財務局や都道府県に貸金業登録をしている貸金業者からの借入を指します。

貸金業者とは、消費者金融会社・クレジットカード会社・信販会社のことを指し、銀行や信用金庫・証券会社・保険会社は貸金業者には含まれません。

この総量規制が施行された背景には、借金を借金で返すといった自転車操業に陥った多重債務者の、借金を苦にした自殺が相次ぎ、社会問題になったことが大きな要因としてあります。

というのも、2006年に法整備が開始されるまでは、総量規制のような借入・貸付に対する規制や制限がありませんでした。

そのため、審査に通れば誰でもいくらでも借りることができ、貸金業者も個人の返済能力に関係なく高い金利で多額を貸し付けていたのです。

さらには、返済できないと、自宅や勤務先に昼夜を問わない電話や、脅迫・暴力による取り立てを行っていました。

そして、厳しい取り立てに耐えきれず、借金を苦に自殺や失踪する利用者が相次ぎ、社会問題に発展していったため、事態を重くみた政府が法整備にのりだし、総量規制が施行されることとなったのです。

法整備は2006年から段階的に行われ、上限金利の引き下げ・貸金業者への罰則の強化・総量規制の実施で、2010年に完全施行。

この法整備で、それまで利用者だけに求めていた管理責任を、貸金業者にも求めるようになったことで、借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐ仕組みが整い、安心・安全にお金を借りられるようになったのです。

住宅ローンや自動車ローンも含まれる?適用除外と例外がある

総量規制で年収の3分の1までしか借入ができないとなると、家や車を買うのにローンが組めないの?って思った人もいるのでは・・・・

でも、安心してください。

個人の借入に制限はありますが、総量規制には適用除外または、例外となる借入もあるんです。

適用除外とは、総量規制の対象にならない借入のことで、その借入金額は総量規制の総額に含まれません。

主に住宅ローン・自動車ローン・高額療養費などの借入は除外とされています。

例外とは、総量規制の対象で借入金額の総額に加算されるけれど、返済能力があると判断されれば、例外的に年収の3分の1を超えた金額の借入が可能なことを指します。

主な借入目的は、緊急の医療費や社会通念上緊急に必要と認められる費用などです。

社会通念上、緊急に必要な費用として多いのが、葬儀費用。
突然必要になる葬儀費用は、葬儀後すぐに現金での支払いで、多くの場合が一括払いになるためです。

たとえば、年収が300万円ですでに80万円借入のある人が、急に葬儀費用として50万円必要になったとします。

総量規制にあてはめると、この時点で借入可能な金額は20万円なので、葬儀費用として借りたい金額には足りませんよね。

しかし、返済能力があると判断されれば、例外的に年収の3分の1を超える50万円の借入が可能になるということです。

また、以下のような借入も、除外や例外となります。

除外の借入一覧

  • 不動産購入または不動産に改良のための借入(そのためのつなぎ借入金を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保借入
  • 高額療養費の借入
  • 有価証券担保借入
  • 不動産担保借入
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる借入
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の借入
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
    (施行規則第10条の21第1項各号)

例外の借入一覧

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の借入
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の借入
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の借入
  • 個人事業者の借入
  • 預金取扱金融機関からの借入を受けるまでの「つなぎ資金」に係る借入
    (施行規則第10条の23第1項各号)

クレジットカードも総量規制の対象!銀行発行カードは対象外?

現金の持ち合わせがない時でも、欲しい物を手に入れることができ、現金が必要な時は借入もできるクレジットカードは、とても便利ですよね。

でも、クレジットカードで買い物した金額も、総量規制の総額に含まれるの?と思った人もいるのでは・・・

大丈夫です。クレジットカードで買い物をした時の金額は、総量規制には含まれません。
これは、除外とも例外とも少し違って、適用される法律が違うためです。

クレジットカードのショッピング枠は、提供されたサービスや商品の支払いを、利用者の信用において、カード会社が立て替えるもの。

そのため、現金を借りるわけではないので、割賦販売法の管轄である経済産業省の法律が適用されます。

たいして、クレジットカードのキャッシング枠は、現金を借りるための利用なので、出資法の管轄である金融庁の法律が適用され、総量規制の対象になります。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠がすべて、総量規制の対象になるわけではありません。

総量規制の対象となるのは、クレジットカード会社や信販会社・消費者金融のような貸金業者が発行しているクレジットカードのキャッシング枠です。

銀行や信用金庫などの、総量規制の対象にならない金融機関が発行しているクレジットカードのキャッシング枠は、貸金業者からの借入にあたらないため、総量規制の対象にはならないのです。

総量規制は年収重視!でも必ず書類の提出がいるわけじゃない

総量規制の対象になるところでも、ならないところでも年収は必ず入力・記入しないといけません。

年収はお金を借りる審査のための、必須項目。

特に貸金業者は、貸金業法によって返済能力の確認(信用情報の確認)を義務付けられているので、収入の確認もその1つ。

そのうえ、総量規制で年収に対して貸付・借入の制限があるので、もちろん年収は重視されます。

しかし、その際に収入を証明する書類を、必ず提出しないといけないわけではありません。

返済能力の確認は義務ですが、収入を証明する書類の確認は、希望借入額とすでに借入している金額によって提出が必要かどうか決まっています。

必ず収入を証明する書類を提出しないといけないのは、以下のような場合です。

  • 50万円を超える借入を希望する場合
  • 複数の貸金業者から借りている分も含めて100万円を超える金額を借りる場合

逆に、収入を証明する書類の提出が必要ない時は、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠の利用がなく、借入希望額が50万円以下の場合です。

ただしこの場合も、審査で必要と判断されれば提出を求められることもあるので、準備をしてから申し込みをするとスムーズです。

また、貸金業者は定期的に利用者の利用状況の確認を義務付けられているため、申し込み時の他にも、利用途中に収入証明書類の提出を求められることがあります。

カードローンの場合は、返済はしているけれど元金がまったく減っていない時や他社借入が増えた時、クレジットカードの場合は、3年または5年毎の契約更新の時などに、提出を求められることがあります

その時に、提出しないと限度額を下げられたり、利用を停止されることもあるので、期日までに提出するようにしましょう。

総量規制で専業主婦は借りれない?専業主婦が借りるには

やりくり上手な専業主婦(主夫)でも、予定外の出費が続いてお金が足りない時や、家族に事故や病気で急にお金が必要になる時もありますよね。

そんな時にカードローンがあれば、すぐにお金が借りられて便利なんですが、残念ながら収入のない専業主婦は借りられません。

金融庁のホームページでは、専業主婦の場合は配偶者の同意を得て、その同意書と配偶者の年収を証明する書類の提出をすれば借りられる場合があると記載されています。

しかし、総量規制の施行後、どの貸金業者の申し込み条件にも、安定した継続的な収入のある人と記載されています。

そのため、消費者金融のカードローンの場合は、本人に収入のない専業主婦は、申し込み自体できないところがほとんどです。

ただし、銀行や信用金庫などの総量規制の対象ではないカードローンの場合は、配偶者に安定した継続的な収入があれば、専業主婦でも借りられるところもあります。

その場合に借りられる限度額は、たとえ配偶者の収入が多くても、30万円~50万円までのことが多いです。

持っているだけで利用がなければ総量規制の対象にならない?

もしもの時のためにと、利用予定はないけれどカードローンを持っているだけの人もいますよね。

利用や提示をするだけでポイントが貯まったり、割引サービスを受けるために、用途によってクレジットカードを何枚か使い分けている人もいます。

この持っているだけのカード、総量規制の対象にはならないのでしょうか?

基本的に、総量規制で制限されている年収の3分の1までとは、実際に借入している金額の総額のことなので、持っているだけのカードの限度額は総額に含まれません。

しかし貸金業者は、返済能力の確認を義務付けられているため、持っているだけでも将来利用することを前提として審査をします。

そのため、未使用のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠の限度額も、総量規制の総額とみなすところが多いのです。

その結果、まとまった金額が必要な時に、未使用のカードがあることで、審査に通らなかったり、限度額が低くなることも・・・

いざという時のために持っていると安心かもしれませんが、即日借入が可能なカードローンも増えてきているうえに、契約日から30日間無利息のサービスがあるところもあるので、必要な時に申し込みをした方がお得に借りれます。

カードローンの特徴の1つは、限度額が高いほど金利が低くなること。
本当に必要な時にまとまった金額を低い金利でスムーズに借りれるように、未使用のカードは解約することをおすすめします。

総量規制に関係ない銀行のローンにも影響することがある

貸金業者の限度額の審査には、総量規制の対象にならない銀行のカードローンや目的別ローンの借入金額は、基本的に総量規制の総額に含まれないので、影響がありません。

逆に、銀行でカードローンや自動車ローンを申し込む時はどうでしょう。
貸金業者からの借入が影響するのでしょうか?

絶対ではありませんが、影響します。

その理由は、銀行の無担保ローンは、保証会社の保証が必要で、その保証会社は消費者金融や信販会社のところが多いから。

そして、保証会社の保証が必要なローンは、保証会社が審査をしています。

また、借入状況や個人情報を登録する信用情報機関の情報は、貸金業者の登録機関のJICC ・クレジットカードの登録機関CIC・銀行の登録機関全日本銀行協会3社で共有しています

そのため、銀行で申し込みをした場合も、貸金業者の情報機関やクレジットカードの情報機関を確認することがあるので影響することがあるのです。

総量規制の対象外のおまとめローンは全額借り換えれるわけじゃない

複数のカードローンやクレジットカードを利用している人もいますよね。

でも、いくつも利用していると、返済日がバラバラで管理が面倒だったり、月々の返済額の負担が大きいと悩んでいる人も・・・

そんな人のために、複数のローンを1つにまとめることができる「おまとめローン」というものがあります。

このおまとめローンは、総量規制の「例外」にあたるため、総量規制の対象である消費者金融でも申し込むことが可能です。

ただし、例外となるのは利用者が一方的に有利になる時なので、まとめても月々の支払額が下がらない場合や金利が下がらない場合は、審査に通りません。

おまとめローンの利用方法は、申し込み先で違います。

消費者金融でおまとめローンを申し込んだ場合は、消費者金融会社から借入先に直接返済額が振り込まれ、その後は返済だけをしていきます。

そのため、繰り返し利用できるカードローンの利用はできなくなります。

ただし、利用者が自分で各会社に返済をしていくところもあり、その場合は各会社への返済を済ませた後、精算書類の提出が必要です。

またモビットの場合は、まとめたい金額を1度に全額貸してもらえるわけではありません。

1社の返済分をまず貸して、その返済の確認が取れたら増枠をしていくという、おまとめローンになります。

そのため、1度に借入先を減らせないので、確認が取れる前に返済日がきてしまい、返済額を増やしてしまうこともあるのです。

また、銀行のおまとめローンの場合は、おまとめローンがあるところもありますが、ほとんどの銀行がカードローンをおまとめローンとして利用するようになっています。

おまとめローンは、返済を1つにできるので、いっけん月々の返済額が下がり金利も下がることもあるのでお得なように思えます。

しかし、まとまった借入金額が大きいと、返済期間が長くなるので、低い金利でも金利の支払い総額が増えることもあるのです。

おまとめローンを利用する場合は下記のことに注意しないといけません。

  • 実際に月々の返済額がいくらになるのか
  • まとめることで金利がどれくらい下がるのか
  • 返済期間がどれくらいになるのか
  • 金利の支払総額がいくらになるのか

これらの項目をきちんと計算しておまとめローンを利用しないと、返済を増やすだけになるので注意しましょう。

すでに年収の3分の1を超えている借入は一括返済になる?

おまとめローンにすると、返済だけをしていくことになりますが、まとめると年収の3分の1を超えることもありますよね。

その超えた金額は、一括返済しないといけないのでしょうか?

大丈夫です。安心してください。

まとめた時に超えてしまった金額も、それまでと同様に分割で返済していくことが可能です。

ただし、すでに総量規制の制限以上の借入をしているので、カードローンの最大の特徴である、繰り返しの利用はできなくなります。

しかし、返済事故ではないので、きちんと返済だけを続けていくことで、また利用できるようにもなるので、遅れずに返済していきましょう。

突然の減額や利用停止は定期的な信用情報のチェックが原因

おまとめローンを組むと、総量規制の制限額を超えることが多いので、繰り返しの利用が一時的に繰り返しの利用ができなくなります。

しかし、おまとめをしなくても、カードローンやクレジットカードは、ある日突然借入ができなくなったり、利用限度額が下げられることがあります。

その原因は、定期的な信用情報のチェックで借入状況の確認をされるから。

審査に通過した時点で忘れてしまう人が多いのですが、申し込みをする時に、「信用情報取得の同意」に同意を求められますよね。
同意しないと契約できないので、審査に通過した人は必ず同意しているはずです。

なぜ同意をとっているかというと、貸金業者は、申し込みのときだけではなく、利用中も定期的に利用者の返済能力を確認することが義務付けられているからです。

気になる信用情報の確認は、以下のように義務付けられています。

  • 1ヶ月の貸付け金額の合計が5万円を超え、かつ利用残高が10万円を超える場合は毎月
  • 追加の借入がなくても、利用残高が10万円を超えている場合は、3ヶ月以内に1度

貸金業者は、この定期的な確認によって、他社借入額が増加している場合や繰り返し遅延が続いている場合などは、収入証明書類の提出を求めたり、返済がされていても元本が減っていない場合は、限度額の減額や一時的に利用を停止することができるのです。

借りると破綻する?借りれないのは借りない方がいい合図

急に限度額を下げられたり、一時的に利用を停止されると、あてにしていたのに借りれなくて支払いに困ることもあります。

そんな時に、他社から借りてと思う人も多く、返せると思って借入をしますが審査に通らないこともあります。

それは、借りない方がいい合図です。

ATM で預金をおろすように簡単にお金を借りれてしまうカードローは、計画的に使わないと、あっという間に限度額いっぱい使ってしまって、他社で借入をして返して、また借りてと、誰でも多重債務者になる可能性があるから。

それでも、借金が増えていくと返済のことばかりを考えて、借りれるならと闇金融から借りてしまう人もいます。

でも絶対に闇金融に手を出してはいけません。
闇金融は違法業者で、法律の通用しない相手。

闇金融しか借りれるところがないところまで追い込まれたら、それ以上借りてはいけないのです。

返すあてのない借入を増やすことは借金を増やすばかりで、いずれ返せなくなり、最悪の場合は自己破産をすることになります。

こういう人が増えたことでできたのが、総量規制という借入を制限する法律です。

総量規制で審査に通らないのは、自分自身の家計を見直すチャンスでもあります。
総量規制の対象にならないところからの借入を考える前に、まずは家計をきちんと見直して返済に専念しましょう。

総量規制は借入状況を見直すチャンス!賢く借りて上手に利用

カードローンの総量規制は、使い過ぎ防止のためのバロメーターです。

総量規制が施行されたことで、お金にルーズな人でも、貸金業者が管理してくれるようになったので、総量規制の金額以上の借入ができなくなりました。

そのため、利用状況に問題があると判断されると、限度額の減額や一時的に利用を停止されるのです。

限度額が減額されたり利用を停止されると困ると思います。

しかし、総量規制の制限を超えて一時的に利用停止になったからといって、超えた金額を一括返済しないといけないわけではありません。

また、信用情報にキズがつくわけでもないので、自分自身の借入状況を見直す、借金を減らすチャンスです。

返済に専念できるので、きちんと返済を続けていけば、信用実績となりまた利用できるようにもなります。

カードローンはとても便利ですが借金です。

総量規制は自分を守るための法律でもあります。総量規制を意識しながら、賢く上手に利用するといいですね。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗