審査なしでお金を借りれるカードローンはある?

審査なしで借りれるカードローンはある?失敗しない借入れ方法カードローン借入れのコツ

「時間がない・・・」「ブラックだから・・・」「複数社からの借入がある・・・」などさまざまな理由で、審査なしでカードローンを利用したいと思っている人は多いと思います。

では、審査なしでお金を貸してくれるカードローン会社はあるのでしょうか?

残念ながら、審査なしで借りれるカードローンはありません。

その理由は、貸金業者や金融機関は、カードローンの貸し出しの際に、必ず審査をすることを法律で義務付けられているから。

もしも、「審査なし」と謳っている会社があれば、それはアナタをだまそうとする悪徳業者です。

ここでは、そんな悪徳業者にダマされないための知識として「カードローンにはなぜ審査があるのか?」「審査なしの会社はどんな会社で、どんな危険があるか」など、カードローンを安心安全に利用する方法を説明したいと思います。

審査をするのは何のため?審査なしのカードローンがない理由

カードローンを利用するためには、審査は避けては通れない道です。

弁護士だろうが代議士だろうが、銀行員でも審査なしで借りれる人はいません。

カードローン会社が審査をするのは、借り過ぎを防ぐために法律で義務付けられていることもありますが、一番の理由は担保も保証人もいらない「信用貸し」だからです。

誰だってどこの誰だかわからない人に、急にお金を借してと言われても貸しませんよね。

それは、カードローン会社も同じ。

だから、申込者の属性である年齢や住まい・勤務先などの個人情報を基に、返済能力を確認するための信用情報の照会や在籍確認による勤務先の確認などを行い、貸しても大丈夫かどうかを審査するのです。

借りてはいけない!「審査なし即融資」「ブラックでもOK」は闇金融

初めてカードローンの申し込みをする人のなかには「ちょっと借りるだけだから審査なしで即貸してくれる方がいい」と、『審査なし即融資』の甘い言葉に惑わされる人もいるのでは・・・

でも、絶対にそんなところから借りてはいけません。

『審査なし即融資」』『ブラックでもOK』などと謳っているところは「闇金融」です。

なぜそう言いきれるかというと、消費者金融や信販会社などのお金を貸すことで利益を得ることを業務とする場合は、国(財務局長)や都道府県(知事)の登録を受けなくてはいけないから。

そして、登録を受けたものは、貸金業法に則って運営していかなければいけません。

貸金業法では、必ず信用情報の照会をしないといけないと定められていて、返済能力があるか、借りすぎていないかを確認しないといけません。

だから、正規の業者が「審査なし」や「ブラックでもOK」と謳うなんてことは、ありえないのです。

本来であれば、登録を受けてない闇金融は、貸金業を営んではいけないのはもちろん、貸金業を営んでいると表示したり広告を出したり勧誘もしてはいけないのです。

正規の業者かどうかは、金融庁の公式サイト内の「登録貸金業者情報検索サービス」で確認できるので、確認してみるといいですね。

また、日本貸金業協会の公式サイト上で、悪質業者の検索ができるので、不安に思った時は検索してみて下さい。

審査が甘い・超低金利も要注意!借金を増やすことになる紹介屋

審査なしで借りれるところがないのなら、審査が甘いところはないの?と考える人も多いはず。

しかし、金利の低い銀行よりも低い金利で審査が甘いと謳っているようなところも、要注意なのです。

こういった業者は、低金利で呼び込み、審査をするフリだけして審査に通らなかったとウソをつき、審査に通りそうな他の業者を紹介して紹介手数料をとるといった詐欺会社です。

闇金融や紹介屋のような違法業者は、多くの場合、多重債務者やブラックと言われる借りれない人をターゲットにしているのですが、照会屋のなかには、借入初心者をターゲットにしているところもあります。

借入初心者に対しても手口は同じで「借入が初めてということで審査基準をクリアできなかった」と、審査に通りそうな他の業者を紹介するのです。

確かに、クレジットカードも持っていなくて、借入実績がないと審査に通過しにくいといったこともありますが、他の業者を紹介する時点で怪しいと思って下さい。

誰でも低い金利で審査なしで借りたいと思いますが、甘い話には裏があると思いましょう。
特に、お金を借りることに関する甘い話は要注意です。

カードローンの申し込みが初めての人は、安心安全に借りれる、大手消費者金融か銀行のカードローンの利用をおすすめします。

注意!審査なしと謳っているクレジットカードの現金化

インターネットでお金を借りれるところを検索していると「審査不要。クレジットカードのショッピング枠を即日現金化」という広告を目にしたことありませんか?

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、自分が持っているクレジットカードのショッピング枠で、現金化業者の指定する買い物をして、その商品の金額の何割かを受け取れるというもの。

クレジットカードで買い物するだけという気軽さから「消費者金融でお金を借りるのには抵抗がある」「すぐに現金が必要」「審査なしでお金を借りたい」という人が利用しています。

しかし、これらのメリットとも思えることは、決してメリットなんかではありません。

現金がすぐに受け取れることで、お金を借りた感覚に陥っているだけで、現金化業者から借りているわけではなく、実際は元々自分が持っているクレジットカードのショッピング枠を利用されているだけなのです。

なぜなら、審査が不要なのは、元々審査に通っている自分のクレジットカードを利用するのですからたり前。

即日現金化なのも、指定した買い物の決済ができれば、現金化業者はクレジット会社から商品代金を受け取れるのですから、あたり前なのです。

そして、お金を借りれて助かったと思えるのも、商品代金の請求がくるまで。
クレジットカードのショッピングで利用した金額は、手数料を引かれる前の商品の代金全額です。

自分にとって必要な物をクレジットカードで買うわけではないので、商品の代金と引かれた手数料を考えると、消費者金融で借りるよりも高い利率になることも・・・。

また、クレジットカード会社は換金目的の利用を認めていないので、もしもバレた時には利用停止や最悪の場合は強制解約となり一括返済を求められることもあります。

だから、たとえ審査なしでもクレジットカードの現金化はおすすめできません。

審査なしのとこはない!気になる在籍確認がないところもある?

何度もいいますが、正規のカードローン会社で、審査なしでお金を借りれるところはありません。

しかし、審査の中でも「会社の人に知られるんじゃないか」と、とても気になる在籍確認は、電話以外の方法で確認してもらえるところもあります。

在籍確認を書類で対応してくれるのは、消費者金融です。

消費者金融は、申し込み時に在籍確認の方法や在籍確認をする人の性別などを、事前に相談すれば要望に答えてくれることもあります。

そこで、大手消費者金融と銀行数行に電話で聞いてみました。

大手消費者金融会社の在籍確認の対応策一覧

消費者金融

アイフル

  • 対応策
    電話連絡なしを希望する場合は電話ではなく書類の提出で済ませます。
    健康保険証や収入証明書などで確認。
    審査内容によっては、必要ないこともあり

アコム

  • 対応策
    基本的には電話します。
    どうしてもの場合のみ、審査部署の上司と相談の後、社会保険証で確認をします。
    ただし、申し込み内容によっては電話をすることがあります。

プロミス

  • 対応策
    基本的には電話します。
    電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

SMBCモビット

  • 対応策
    審査内容によるが可能。
    WEB完結なら電話連絡なし
    申し込み状況によって電話が必要な時は、電話をする前に申し込みをどうするかを確認してくれます。

銀行

新生銀行

  • 対応策
    仮審査(申込内容・信用情報の照会)で問題がなければ、電話確認はありません。
    電話確認の必要がある場合は、電話します。
    会社側の対応で確認が取れない時は、会社名・氏名が確認できる社員証や給料明細、源泉徴収票などの提出が必要。

みずほ銀行

  • 対応策
    保証会社の判断になります。

三井住友銀行

  • 対応策
    必ず電話での確認。
    どのように電話をすればいいのかは聞いてくれます。

三菱東京UFJ銀行

  • 対応策
    必ず電話します。
    会社側の対応で確認が取れない時は、会社名・氏名が確認できる社員証や給料明細、源泉徴収票などの提出で確認します。

楽天銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

オリックス銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

住信SBIネット銀行

  • 対応策
    電話での在籍確認が必須。
    書類での在籍確認は一切行っていません。

銀行では新生銀行のみ、書類での確認が可能なようですね。

ただし、書類で在籍確認をしてくれるところでも、申込内容と信用情報の照会による審査の内容によっては、電話での確認をされることもあります。

銀行ATMにカードローンの案内画面が!審査なしで借りられる?

自分のお金を預金口座からおろす時に、自分の口座のある銀行ATMやコンビニや他銀行などの提携ATMを利用しますよね。

自分のお金をおろすのに手数料は払いたくないからと、口座のある銀行ATMを利用する人は多いです。

その銀行ATMに、ある日突然カードローンの利用案内が表示されることがあります。

この画面は、誰にでも表示されるわけではありません。

給料の受け取り口座に指定している人や住宅ローンの引き落とし口座に指定しているなど、その銀行の口座の利用頻度が高い人を、自動的に審査してカードローンの利用が可能な人にだけ表示されるものです。

「じゃあ、審査なしでカードローンの利用ができるの?」って思いますよね。

答えは、「とりあえずはできる」です。

では、なぜとりあえずなのでしょう。

画面が表示された時点で、個人情報や信用情報の照会による仮審査には通過しているので、画面の指示に従って手続きを進めれば、利用限度額は10万円くらいまでですが、その場で借入までが可能です。

しかし、その後もカードローンのように利用限度額内の借入を繰り返し利用したい場合は、通常のカードローンと同様の審査を、改めて受けなければいけません。

ATMの画面に表示された時に借入できるのは、その時だけなのです。

継続して利用するには、契約書類の提出が必要なうえに、提出後に行われる本審査に通過しないといけません。

そのため、勤務先が変わっていたり借入状況が変わっている場合は、利用できないこともあるのです。

ただし、審査に通過しなくても、画面の指示に従って申し込みをして借りたお金を一括返済する必要はありません。

審査なしは要注意!安心安全に借りるには審査のあるところが一番

審査されるのは確かにイヤなものですが、カードローン会社が審査しているのは、利用者が安心・安全にカードローンを利用できるためでもあります。

カードローンをとても便利ですが、借金です。

簡単に借りることができると、ついつい借りすぎてしまう人も大勢います。

でも、借りたお金は返さなければいけません。

審査なしや審査が甘いといった、おいしいことばかりを謳っているところは、いっけん借りやすそうに思えます。

しかし、そんな甘い誘いをしてくるのは闇金融か詐欺会社です。

そんな会社に引っかからないためにも、きちんと審査のある正規の登録会社で借りるようにしましょう。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗