専業主婦でもローンが組める!借りるときの注意点

専業主婦が借りれるカードローンはある?夫に内緒で借りるには主婦のお金の悩み
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

家事労働を給料に換算すると、年収500万円にもなるといわれている専業主婦。
しかし、どれだけ家事労働が重労働だとしても、専業主婦は世間的には無職です。

そんな専業主婦でも、学校行事や冠婚葬祭・急な病気など、どんなに上手にやりくりしても、家計がピンチになることってありますよね。

でも、旦那に「お金が足りない」とは言いにくいもの。
ましてや専業主婦なら旦那に知られずに、ピンチをしのぎたいと思うのでは・・・

そんな時には、専業主婦でも利用できるカードローンが便利です。

「夫の会社に在籍確認があるのでは?」「夫の同意がいるんじゃないの?」など旦那や家族にバレるんじゃないか不安もありますよね。

そこでここでは、専業主婦が利用できるカードローンの借入条件や審査方法、限度額など、専業主婦が利用できるカードローンについて詳しく紹介したいと思います。

専業主婦の借入条件とは

基本的にカードローンに申し込めるのは、継続する安定した収入がある人だけです。

つまり、「無職」の人は借りれないということ。

しかし、カードローン会社によっては、無職でも専業主婦の場合は借りれるところがあります。

無職の専業主婦が借りるのに一番重要な条件は「『配偶者』に継続する安定した収入がある」こと。

その他の条件は、収入のある人と同じで、満20歳以上。
銀行の場合はさらに保証会社の保証が受けられることが加わります。

専業主婦が借りれるのはどこのカードローン?

専業主婦が借りれるのは、一部の銀行カードローンだけだと思っている人が多いのでは?

確かに、公式サイトなどを見ても、専業主婦でも申し込めるとしているのは銀行カードローンだけですよね。

しかし、消費者金融でも借りれないわけではありません。

消費者金融で借りれないと思われているのは、総量規制の影響によるものです。

総量規制とは、2010年に貸金業法が改正されてできた、年収の3分の1までしか貸付してはいけないという、貸付を制限するもので、基本的に収入のある人が貸金業者から借入する時に適用される法律。

だから、収入のない専業主婦は、総量規制の対象となる消費者金融では借りれないと思われているのです。

しかし、総量規制には「例外」となる貸付があり、手続きをすれば専業主婦でも消費者金融で借りることも可能なのです。

総量規制の例外

総量規制の例外とは「配偶者貸付」というもので以下のような法律です。

“専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入を行うことができます。

ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。“
※貸金業協会のホームページから引用

ようするに、銀行カードローンと同様に、配偶者に継続する安定した収入があれば専業主婦でも申し込めますよ。

その場合は、配偶者の同意書をもらい、婚姻関係と配偶者の年収を証明する書類が必要ですよということです。

ところが、上記のように、配偶者貸付は必要な書類が多く、審査にもとても手間がかかるので、審査する側の消費者金融も積極的に取り入れていません。

大手消費者金融では、時間も手間もかかるので、配偶者貸付はしていないくらいです。

確かに、わざわざ配偶者に同意書を書いてもらい、婚姻関係と配偶者の年収を証明してまで専業主婦が借りるのなら、初めから配偶者に借りてもらえば済むので、利用する人はいないのかもしれませんね。

専業主婦の借入れは夫も審査される?夫の信用情報が影響する?

専業主婦がカードローンの申し込みをした時も、もちろん審査があります。

ただし、専業主婦が申し込める銀行に申し込んだ場合と、配偶者貸付で申し込みをした場合とでは、審査をする対象者が違います。

もともと総量規制の対象にならない銀行カードローンは、配偶者の同意書がなくても申し込めるため、申込者本人の申込内容に基づいて申込者本人だけが審査対象です。

配偶者貸付で申し込みをした場合は、配偶者と合算した収入額に対して制限内での貸付が可能になるものなので、配偶者と申込者の両方が審査対象になります。

配偶者貸付の審査対象が両方なのは、本来であれば総量規制の制限を超えてしまうので借りれない金額の借入なのに、2人の収入を合わせることによって、借入が可能になるからです。

「じゃあ、同意書が必要なのは、申込者の連帯保証人になる同意ということ?」と思った人もいますよね。

この同意書は、連帯保証人になることを同意するというものではありません。

上記で言いましたが、配偶者貸付の審査は配偶者も対象になるので、妻(夫)が単独で申し込みをしても、配偶者も審査されます。

その審査の際に、配偶者の信用情報の照会も同時に行えるように「配偶者の信用情報機関への情報提供・登録・使用への同意」と「妻(夫)への貸付契約の締結に同意します」という2つのことに対する同意書になります。

だから、あくまでも借りるのは妻(夫)であって、妻(夫)が返さないからといって、配偶者に返済義務が生じるというための同意書ではありません。

ただし、返済義務は生じませんが、妻(夫)にナイショですでに総量規制の制限に達する借入をしていたり、遅延や延滞がある場合は、審査に影響するうえに家族に借入がバレることもあります。

在籍確認はどこにある?夫や家族にバレずに借りられる?

カードローンの審査で、在籍確認は必須です。

でも、専業主婦には確認する勤務先はありませんよね。
では、どこに在籍確認されるのでしょう?

専業主婦の借入は、専業主婦が申し込める銀行へ申し込む方法と、配偶者貸付で借りる2通りの方法があるといいました。

そのどちらの方法で申し込みをしたかで、在籍確認の仕方が違います。

専業主婦が申し込める銀行に申込んだ場合は、配偶者の勤務先への在籍確認はありません。
本人確認と本人の信用情報の照会をされるだけです。

反対に、配偶者貸付で借りた場合は、配偶者の勤務先に在籍確認が行われます。

銀行で借りることができれば、夫(妻)や家族にバレずに借りれますが、そもそも同意書の必要な配偶者貸付の場合は、配偶者に同意書を書いてもらわないといけないので、バレずに借りることはできません。

専業主婦が配偶者にバレずに借りるには、銀行カードローンに申し込むしかないということです。

本人審査は必ずある!信用情報に傷があると借りれない

配偶者に継続する安定した収入があることが条件であれば、審査が緩いのではないかと思いますよね。

でも、そんなことはありません。

申込者本人の審査もしっかり行われます。

申込者本人の審査は、在籍確認の代わりに本人の携帯電話または自宅電話に必ず電話がかかってきます。

そして、信用情報の照会も必ず行われるので、過去に自分名義で契約したクレジットカードや目的ローンなどで信用情報にキズをつけていると、配偶者の収入がどれだけ高くても審査には通らないのです。

ただし、配偶者名義のクレジットカードの家族カードは、配偶者の信用情報に登録されているので、配偶者貸付の審査には影響がありますが、銀行で借りる場合は対象にはなりません。

収入証明は不要!専業主婦はいくら借りれる?限度額は?

専業主婦がカードローンを利用する方法は、銀行と配偶者貸付の2つです。

銀行の場合は、総量規制の対象外ですが、専業主婦の借入は多くても30~50万円。
しかし、ほとんどのところで10万円までの利用限度額になるようです。

ただし、銀行は総量規制の対象外ですが、専業主婦の場合は他の銀行でも借りていると、利用限度額に影響することがあります。

また、利用実績ができても、利用限度額が50万円以上になることはありません。

配偶者貸付の場合は、専業主婦が借りるにしても、総量規制の範囲内での利用限度額になります。

ただし、専業主婦の場合は配偶者の年収がどれだけ高くても、銀行と同様に利用限度額は50万円までになるようです。

たとえば、配偶者の年収が600万円だとすると、総量規制の制限額は200万円ですよね。

しかし、専業主婦の場合は、50万円以上の利用限度額になることは難しいということ。

さらに、配偶者に借入があると、総量規制の制限額に達していなくても借りれないこともあるのです。

夫の同意がなくてもバレずに借りれる!上手に借りて便利に利用

専業主婦でも、借りれる方法が2つもあることがわかりましたよね。

夫(妻)に内緒で借りたいなら、専業主婦でも借りれる銀行に申し込めば、夫の同意がなくても自分の信用情報にキズがなければ借りれます。

専業主婦が借りれる金額は多くはありませんが、いざという時に少しでも借りれるところがあると安心ですよね。

しかし、せっかく夫に内緒で借りていても、遅延や延滞をするとバレることもあります。

そうならないように、自分で収入を得ていない専業主婦は、収入がある人以上に計画的に上手に利用しないといけません。

やりくり上手の専業主婦でも、ピンチになる時もあります。
カードローンは、そんな時の強い味方として上手に利用するといいですね。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

主婦のお金の悩み
カードローンお助け本舗