バイトが親にバレない方法とバレにくいバイトは?

即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

交際費や趣味のためのお金など、いくら学業優先にする学生であっても必要なお金は意外にあるものです。そのため、学生の方で親に内緒でお金を稼ぎたいと考える方もいるのではないでしょうか。

まず、親にバレずにまとまったお金を稼ぐのであればバイトを探すのが一番の近道です。しかし、親にバイトをしたいと言っても反対されてしまうケースも多くあるかと思います。その場合、お金を稼ぐことは諦めざるを得ないと考えてしまうかもしれません。

そこで今回は、親にバレずにお金を稼ぐ方法をご紹介します。

  • 親にバイトをすることを禁止されている人
  • 親・学校に内緒でバイトやお小遣い稼ぎをしたい人
  • お金が欲しい明確な理由がある人

上記のような方はぜひ参考にしてみてください。また、家にいてお金を手に入れる方法も紹介しています。

 

親にバイトがバレてしまう理由

親にバレずにバイトをする前に、なぜ親にバイトをしていることがバレてしまうのかの理由をチェックしておきましょう。

バレる理由を知っておけばあらかじめ対処法を取り入れることが可能です。先に手を打つことで、バイトしていることがバレるリスク回避につなげていきましょう。

知人や友人などにバイト先で遭遇してしまった

内緒でしているバイトが親に簡単にバレる代表的な理由が、バイト先で知人や友人などと遭遇してしまうことです。

飲食店のホールスタッフ、スーパーマーケットやコンビニなどのレジスタッフは人目につきやすいですし、老若男女問わず色々な人が利用します。そのため、バイト中に自分のことを知る人に遭遇する可能性は当然高くなるでしょう。

お客様として利用する相手に対して知らないふりをしたり他人を装ったりすることはできません。また、会話を直接しなくても遠くから目撃されるだけでバイトをしている事実が親に伝わってしまう場合もあります。

バイト先でトラブルを起こしてしまった

そのほかにもバイト先でトラブルを起こせば親に連絡がいく可能性は十分に高いでしょう。問題のある行動を起こした場合、事実を親に報告されたり場合によっては賠償責任が発生したりするということです。

また、学生の方でバイトするには、必要書類を提出して学校の許可を取らなくてはならないケースがあります。そのための書類を提出せずにバイトをしていることが学校にバレたとなれば、親に連絡が入ることは避けられないでしょう。

そのほかにも学校の友達にバイトの話をしてしまうことで、秘密がバレることもあります。友達だから話しても問題ないと思っていても、口が軽かったり秘密を守れなかったりする方は一定数いるものです。

金銭感覚の変化を親に気付かれた

バイトでお金を稼ぐことで、好きなものを自由に買ってしまうなど金銭感覚に変化がでる場合があります。

特に毎月決まったお小遣いを親からもらっている方は、注意が必要です。たとえば、毎月小遣いは1万円しかないはずなのに「友人と食事に行く機会が増えた」「洋服を買うことが多くなった」「ヘアカラーをしたりネイルをしたりするなど見た目が変わった」などのことになれば、お金を得るために何かしているのではないか?などと気付かれやすいです。

親にバレずにバイトするために必要なポイント

親にバレずにバイトがしたいのであれば、以下で紹介するポイントを取り入れるなどしてみましょう。

  • バイトをしていることは友達にも内緒にする
  • 学区や自宅から距離のある場所でバイトをする
  • あらかじめ誰かにバレることのないバイトを選ぶ

 

バイトをしていることは友達にも内緒にする

バイトをしていると愚痴や自慢話など、つい誰かに話したくなることが多くあるかと思います。自分はこの友達に話してもバイトに何も支障はないと思い込むのは危険です。

「秘密にしてね」という話ほど、誰かに話したくなることがあります。また、自分は信じた相手に裏切られてしまうことも残念ながらあります。

バイトをしていることがバレたくないのであれば、誰かに話すことはできるだけ内緒にしてください。それでもバイトをしていることを誰かに話さなければならない場合、口が堅くて心から信用できる親友までに止めておくのがベストでしょう。

学区や自宅から距離のある場所でバイトをする

学区内や自宅近くのエリアでバイトをしてしまうと、学校の先生に学校帰りの友達、ご近所に住んでいる方や知人などと出会う可能性が高くなります。また、場合によっては親に会ってしまうこともあるかもしれません。

バイト先で直接会わなかったとしても、帰宅ルートと違う方向に歩いていることでバレることもあります。相手によっては問い詰めて事実を聞き出そうとする人もいるでしょう。

バイト先まで通うのは大変になりますが、バレないことを第一に考えるのであればバイトをする場所は気を付けた方が良いです。

あらかじめ誰かにバレることのないバイトを選ぶ

バイト先まで通いやすくて、働きやすい仕事がしたいと考えるのは当然のことかと思います。しかし、自分で納得できるバイトが見つかったとしても、親にバレることでその後継続することができなくなるでしょう。

そこで、この後に「親にバレずに済むバイト」をご紹介します。もしかしたら自身が関心あることと異なるかもしれませんが、親にバレることを避けるには多少の妥協は覚悟しなくてはなりません。

ぜひ、このバイトなら大丈夫かなと思えるものを見つけてください。

親にバレずにお金を稼ぐのにおすすめのバイト

親にバレずにお金を稼ぎたいと考えている方におすすめのバイトをご紹介します。

  • 飲食店のキッチンスタッフ
  • 覆面調査(ミステリーショッパー)
  • イベントスタッフ
  • Webライター

以下でそれぞれについて詳しくまとめてみました。

飲食店のキッチンスタッフ

レストランやカフェなどのキッチンスタッフであればホールに出る機会は少ないです。基本的に調理場などで一緒に働く方とコミュニケーションを取ることが多いので、お客様として来ている方にバレたり気付かれたりするリスクは避けやすいでしょう。

また、キッチンスタッフのバイトは初心者歓迎なところも多いですし、シフトも週単位で決められるなど、自分の都合で働きやすいメリットもあります。

覆面調査(ミステリーショッパー)

覆面調査やミステリーショッパーなどと呼ばれるバイトも、親や誰かにバレる可能性は低めです。

覆面調査のバイトはお店に普通のお客さんとして来店(潜入)します。そして、そのお店の雰囲気、接客態度、料理の味、仕事に対する取り組み方などを文字にまとめて報告する流れです。もちろん、お店の方は覆面調査のバイトと気付くことはありません。

覆面調査のバイトは、決められた期間の中から自身の都合が良い時間や日にちでおこないます。拘束時間も長くないので、親にバレにくいメリットがあります。

もしお店で誰かに遭遇したとしても、バイトとはいえ店内ではお客様と同じように過ごしています。ただスマホをいじっていたり、読書をしたりして過ごしていてもまったく問題ないので疑われる余地すらないのです。

ただし、覆面調査のバイトは多い月と少ない月があり安定しないデメリットがあります。いつ案件が入るかはわからないので、登録だけでも早々に済ませておいた方が良いでしょう。

イベントスタッフ

イベントスタッフでは、コンサート、屋外イベントをおこなう際の設営に撤去、その他の業務をおこいます。

登録制で単発にてバイトを募集することが多いので、「今日はお友達と遊ぶ」「学校の行事で遅くなる」などの理由をつけて仕事をするのがスムーズでしょう。

また、イベントスタッフは日給が高めなことが魅力です。1万円近いバイト代が即日でもらえることもあり、早くまとまったお金が欲しい方にはおすすめと言えます。

Webライター

Webライターは自分の体験したことや知識、ネットなどで調べたことについて記事執筆をおこなう仕事です。

文字を書くことに難しさを感じる方もいるかもしれませんが、パソコンさえあれば取り組めます。また、執筆は自宅で時間を気にすることなく自身の都合の良いタイミングでおこなえるので働きやすいです。

自分が執筆した文字数分のお金を稼げるので、自分の頑張りしだいでお金になるのが魅力でしょう。

バイトが親にバレないまとめ

バイトをしていることが親にバレる理由、バレないためのポイントを解説したうえで、最後に親にバレることなくお金を稼ぐのにおすすめのバイトをご紹介しました。

いくつかありますが、登録制のバイトは先に登録手続きだけ済ませてください。その後、依頼があったり登録者向けのアプリで気になったりするバイトを見つけたら応募する形をとるのが良いでしょう。

親にバレずにバイトをするのは難しいと感じるかもしれませんが、当記事の内容を参考にしてお金を稼ぐことにつなげてください。

学生向けカードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

学生のときにカードローンを使うのは少し不安がありますよね?

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 銀行系よりも消費者金融系を選ぶ
  2. 30日間金利0を選ぶ
  3. インターネット返済ができる会社を選ぶ

銀行系よりも消費者金融系を選ぶ

消費者金融系を選ぶ、ここでつまづく人が多いです。

消費者金融系よりも銀行系のほうが金利が安いから という理由で銀行系カードローンを選ぶと学生の場合、審査で落ちてしまうことがほとんど。

銀行系は金利が安いですが審査は厳しいので消費者金融系を選ぶほうが確実です。

 

30日間金利0を選ぶ

銀行系に比べると金利がやや高いのが気になりますが、学生が借りれる金額は少ないですからそこまで差がつくことはありません。

さらに消費者金融系カードローンのメリットが初めての利用で30日間金利0で申し込みできることです。短期で借りて短期で返すようにすると、金利が0あるいは数千円で済むので金利0サービスを使わない手はありません。

 

インターネット返済ができる会社を選ぶ

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいですね。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすいです。申し込みしたことがない方限定ですが、30日間金利0サービスを活用しましょう。

 

 

 

学生のお金の悩み
カードローンお助け本舗