カードローン返済の入金忘れ、遅れたときの対処法とは

カードローンの入金忘れカードローン借入れのコツ
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンで一番重要なのは、返済日に遅れずに返済することです。

しかし、ついうっかり入金を忘れてしまってあわてることも・・・

 

そんな時に「入金を忘れてしまうとカードローンの利用ができなくなる?」「入金を忘れてしまった時はどこに連絡するの?」など、不安や疑問がありますよね。

 

そこでここでは、入金を忘れた時にどうすればいいのか、入金を忘れた時の対処法を紹介したいと思います。

 

入金忘れには2つのパターンがある!入金忘れとは

何度言っても言い足りないくらいですが、カードローンの返済は、けっして遅れてはいけません。

 

カードローンの返済には、毎月必ず返済をしないといけない「約定返済日」があり、その日に1日でも遅れてはいけません。

 

でも、うっかり遅れてしまう人も多いですよね。

 

カードローンの返済を、うっかり遅れてしまった原因で多いのが「入金忘れ」

 

入金忘れには、2つのパターンがあります。

 

1つは、返済方法を口座振替(自動引き落とし)にしていて、引き落とし口座への入金忘れ。

もう1つは、カードを使って自分で入金して返済する方法で、約定返済日の入金忘れです。

 

口座振替の場合は、口座の残高が1円でも足りないと、引き落としされないので、新たに引き落としが始まる契約をした時や給料振り込み口座を引き落とし口座にしていない場合は、注意が必要です。

 

ローンの返済が遅れたらどうなる?

「通帳記入をしたら、引き落とされてない」「気づいた時には約定返済日を過ぎていた」ということは、入金忘れではよくあること。

 

返済ができていないと「一括返済になる?」「ブラックになってしまう?」とパニックになる人もいますよね。

 

でも、遅れてしまったものは仕方ありません。返済日に戻ることはできないので、まずしないといけないのは、とにかく少しでも早くカードローン会社に連絡すること。

 

カードやインターネットバンキングなどで、とりあえず入金するよりも、連絡をするのが先です。

 

なぜなら、遅延損害金が発生するため、カードローン会社によっては、元々の返済額と遅延時に支払う金額が違うところもあるからです。

 

また、連絡なしに勝手に入金しても遅延した約定返済の返済とみなしてくれないところや、

遅延時の利用者専用の振り込み口座を設けているところもあるので、とにかく連絡してみましょう。

 

カードローン会社によっては、電話でなくても会員ページで手続きできるところもあります。

 

〈カードローン会社ごとの遅延時の連絡方法一覧〉

会社名遅延時連絡方法
〈消費者金融〉
アイフル会員専用ダイヤル(0570-666-390)に電話
アコム・総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話

・プッシュホンサービス24(0120-134-567)に電話して音声自動応答のガイダンスに従って支払日の登録

・会員ページにログインして支払い期日を登録
プロミスプロミスコール(0120-24-0365)に電話
SMBCモビットコールセンター(0120-24-7217)に電話

午前9時~午後9時
〈銀行〉
新生銀行(エル)専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)に電話
みずほ銀行

専用ダイヤル(0120-324-555)に電話

平日午前9時~午後9時  

土曜・日曜・祝日午後9時~午後5時
三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)に電話

午前9時~午後9時
三菱東京UFJ銀行・専用ダイヤル(0120-76-5919)に電話

平日午前9時~午後9時 

土曜・日曜・祝日午前9時~午後5時

・会員ページの利用残高照会メニューで遅延損害金の確認をしてATMまたは振り込みで返済
楽天銀行カードセンター(0120-730-115)に電話

平日午前9時~午後9時
オリックス銀行カードデスク(0120-890-699)に電話

平日午後9時~午後6時
住信SBIネット銀行・口座に入金すれば随時引き落とされる

・問い合わせフォームにログインして入金予定日を入力

カードローン会社に連絡すると、いつ入金できるかを確認され、入金額と振込先を教えてくれるので指示に従って返済をすればいいだけです。

 

また、その時点で返済のめどがたたない場合でも、利息だけの返済にしてくれたり、返済を待ってもらえるなど、ちゃんと相談に乗ってもらえます。

 

一番してはいけないことは、連絡をしない・かかってきた電話に出ないなど、放っておくことです。

 

入金忘れでブラックになる?初めての入金忘れでもアウト?

入金忘れの返済の失敗が意外と多いのが、初回返済の時です。

 

カードローンの初めての返済は、初めて借入するタイミングによって、借入した月から返済が始まる場合や翌月から・翌々月から始まる場合があるので、失敗しやすいのです。

 

カードローンの返済は、初めてでわからなかったからといっても、通用しません。遅延になってしまいます。

 

カードローンの返済情報は、基本的に情報が新しくなるたびに、即日または最大で翌日までに更新され信用情報に反映します。

 

この情報は、遅延状態を解消してもすぐには消えず、解消された日から1年間は登録されたままになるのです。

 

初めてで短い期間で返済をすれば、うっかりと見てもらえますが、毎月や頻繁に遅れる・返さずに延滞となる・延滞状態が61日以上続く・連絡が取れないといった場合は、信用情報はいわゆる「ブラック」と言われる、信用がない状態になってしまいます。

 

初めて借入した時は、初めての返済日をきちんと確認して、遅れないように返済しないといけません。

 

入金を忘れた時の返済方法は?

カードローンの返済が遅れた時は、通常の利息よりも利率の高い遅延損害金が発生するので、とにかく1日でも早く返済しないといけません。

 

遅れた時の返済方法は以下の4つ。

〈遅延時の返済方法〉

・インターネットバンキングから入金

・カードを使ってATMから入金

・銀行振り込み

・消費者金融の場合のみ店頭窓口

 

この4つの中で、最も早く対応できる返済方法は、インターネットバンキングからの入金です。

 

インターネットバンキングなら、いつでもどこにいても24時間返済することができ、ほとんどの銀行のインターネットバンキングは、利用手数料がかからないので、一番早いうえにお得に素早く対応できます。

 

さらに、カードローンは約定返済をしていないと追加の借入ができませんが、インターネットバンキングでの入金はすぐに反映されるので、返済すればすぐに借入が可能です。

 

自動引き落しの入金忘れは当日でも間に合う?

カードローンの返済方法は、カードを使ってATMからまたはインターネットバンキングから入金するか、口座振替(自動引き落とし)での返済ですよね。

 

でも、多くの人が、自分の口座にお金を入れておけば、遅れることなく自動的に引き落としてくれる、口座振替での返済にしているのではないでしょうか?

 

給料振り込み口座にしておけば、入金に行かなくても忘れることなく返済ができるので、とても便利です。

 

しかし、便利な口座振替は、口座にお金を入れるタイミングによっては、引き落としに間に合わないこともあるので注意が必要です。

 

それは、金融機関の引き落とし時間や1日に引き落とされる回数が、金融機関によって違うからです。

 

口座振替は、24時間随時引き落としているところもあれば、1日1度だけ引き落とされるところ、営業時間内に数回引き落とされるところなど様々。

 

そのため、返済日当日に入金しても間に合わない金融機関もあるので、約定返済日の前日までに入金しておかないといけません。

 

ほとんどの金融機関では、日付が変わってすぐに引き落とされるので、1日に1度しか引き落としをしない金融機関の場合は、注意が必要です。

 

また、インターネットバンキングから返済手続きをする場合は、24時間いつでも手続きできますが、返済日当日に返済手続きをした場合は、午後3時までに手続きが完了していないと当日扱いにはなりません。

 

せっかく入金しても、引き落としのタイミングに間に合わなかったり、当日扱いになる手続き時間を間違うと、遅延になってしまうので、遅くとも約定返済日の前日には入金しておくことをおすすめします。

 

引き落としのタイミングや回数は、金融機関に問い合わせれば教えてくれるので、気になるようなら、事前に確認しておきましょう。

 

入金忘れで家族にバレる?

初めてカードローンを利用する人のなかには、家族にナイショにしている人も多いと思います。

 

しかし、約定返済日に返済の確認が取れないと、まずは入金のお願いの電話が何度かかかってきて、それでも連絡が取れない場合は、書面が送られてくるので、遅延を放置していると家族に知られることも・・・

 

カードローンの入金のお願いは、以下のような順で行われます。

 

〈入金のお願いの連絡手順〉

〈自宅の電話番号を登録していない場合〉

基本的には、申込時に登録した希望する連絡先(ほとんどの人は携帯)にかかってくるので、自宅や勤務先にかかってくることはありません。

 

しかし、何度連絡をしても出ない場合や、折り返しの連絡をしない場合は、自宅や勤務先にもかかってくることがあります。

 

自宅や勤務先に電話がかかってこないようにするには、遅延しないことです。

 

でも、うっかり入金を忘れてしまうこともありますよね。

 

うっかり入金を忘れてしまった場合は、とにかく早くカードローン会社に自分から連絡するようにしましょう。

 

自分から連絡をすれば、電話がかかってくることもないうえに、支払日の再設定をすることもできるからです。

 

ただし、何日も気付かずに、カードローン会社から電話がかかってきた場合も、最初にかかってきた時に対応すれば、自宅や勤務先にかかってくることはないので、早く対応するに越したことはないのです。

 

【カードローン会社からの電話は注意が必要】

カードローン会社からかかってくる電話は、フリーダイヤルの番号と同じだと思っている人は多いのではないでしょうか?

 

しかし、カードローンの支払いのお願いの連絡は、公式サイトに載っているフリーダイヤルの番号とは違う番号でかかってきます。

 

そのため、出ない人や折り返さない人が多く、自宅や勤務先にかかってきて家族や勤務先の人にバレることもあるのです。

 

カードローン会社は、何度か同じ番号でかけてくるので、1度出てみるか折り返しかけてみてください。

 

また、書面はカードローン会社によってハガキタイプのものと封書で送られてくるところがありますが、消費者金融の場合は会社名とは違う送り主名で、銀行の場合は銀行名で親展と印字されて送られてきます。

 

基本的に、郵便物を見ただけでは、どこから・どんな内容のものが届いたのかわからないですし、「親展」なので本人しか開封できない郵便物として届きます。

 

しかし、親展には何の効力もありません。家族が勝手にあけることも考えられるので、遅延しないようにしましょう。

 

うっかり入金を忘れていても、事前に返済日お知らせメールが届く?

カードローンの返済は、1日でも遅れると遅延情報が信用情報に登録されるので、1日も遅れずに返済しないといけませんよね。

 

でも、ついつい入金を忘れたばっかりに、信用情報に傷がつくこともあるので、遅れないように工夫が必要です。

 

利用している人のなかには、携帯にカードローンの返済日をスケジュール登録して、アラームでわかるようにしている人もいるのでは?

 

たしかに、忘れずに済みますが、返済額まではわからないですよね。

 

カードローン会社によっては、返済日が近づくとメールで知らせてくれる、便利なサービスがあるところがあります。

 

事前に登録が必要ですが、登録には一切費用がかからず、返済日が近づいたことと返済額を知らせてくれるので、遅れず返済できるので、登録しておくと安心です。

 

返済日を知らせてくれるカードローン会社は以下になります。

 

〈カードローン会社ごとのお知らせメール内容一覧〉

会社名内容
〈消費者金融〉
アイフルaiメール

支払い期日の3日前に届き、返済額も知らせてくれる
アコムeメールサービス

返済期日の3日前と当日に届く。

さらに返済後にも届くので、遅延期間が短くて済みます。
プロミスご返済日お知らせメール

配信日時は自分が送ってほしい日時を自由に設定
SMBCモビット
〈銀行〉
新生銀行(エル)メールお知らせサービス

返済日3日前に返済額と返済日のお知らせが届く

返済後も返済状況のメールが届く
みずほ銀行
三井住友銀行電子メールお知らせサービス

返済日の前営業日に届く
三菱東京UFJ銀行Eメールサービス

返済期日の3営業日前に届く
楽天銀行
オリックス銀行ご請求金額確定ご案内メール

返済額確定日に届く
住信SBIネット銀行月末時点で借入残高がある場合は翌月1日に約定返済日と返済額をメールで知らせてくれる

 

カードローンの返済は対象外!銀行カードローンの自動融資とは

カードローンは初めてだけど、クレジットカードは使っているという人は多いと思います。

 

クレジットカードの返済は、ほとんど口座振替ですよね。

 

カードローンのように、カードを使ってATMから返済することはありませんが、口座振替なので、入金を忘れると遅延になるのは同じです。

 

しかし、クレジットカード場合は、引き落とし口座に指定している銀行によっては、口座残高が返済額に満たない時に、自動的に貸付してくれる「自動融資」や「自動貸越」というサービスがあり、遅延にはならないのです。

 

ついうっかり入金を忘れた時や、残高が不足している時にとても助かりますよね。

 

ただし、このサービスは、すべての口座振替の返済に適用されるわけではありません。

 

残念ながら、カードローンの約定返済額は除外のため、残高が不足していても自動融資はされないのです。

 

だから、毎月必ず遅れずに返済しないと行けないのです。

 

防げる入金忘れ!お知らせメールの登録とこまめな口座のチェックで防ぐ

カードローンを賢く上手に利用するには、返済に失敗しないことです。

 

ついつい忘れがちな約定返済日や返済額も、会員ページで確認することもでき、返済日や返済額を知らせてくれる無料のサービスのあるところもあります。

 

いつでも自由に借入・返済ができるカードローンは、しっかり計画をたてていても管理するのが大変です。

 

会員ページやお知らせメールをうまく利用することで、入金忘れを防ぐことができるので、自分の口座をこまめにチェックして、残高が不足しないようにすれば、返済に失敗することはありません。

 

万が一、入金を忘れていて返済に失敗した時は、できるだけ早くカードローン会社に連絡を取って、早めに返済するようにしましょう。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗