SMBCモビットで増額したい。初めて増額をする方の手順と注意点

即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットの利用限度額に達してしまい、追加でお金を借りることができないなどのことがあるかと思います。

そのようなときにおこないたいのがSMBCモビットの利用限度額を増額することで、申請が承認されれば追加でお金を借りることが可能です。

しかし、増額はどのような手順でおこなえば良いのかをはじめ、増額するにあたっての注意点などがわからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はSMBCモビットの増額をおこなうメリットに注意点を解説し、その後に増額をおこなう方法をまとめてみました。

最初に知っておきたい!SMBCモビットの増額をおこなうメリット

審査で設定されたSMBCモビットの利用限度額が足りない、さらに多くのお金を借りられないものかと考える方におすすめなのがSMBCモビットの増額をおこなうことです。

増額は「現在の利用限度額をさらに増やすこと」で、申請手続きをおこなった後に審査を受けなくてはなりません。審査では利用者の返済能力や信用力などをチェックしたうえで通過を判断。もし無事に審査通過となれば1〜最大800万円の範囲内で利用限度額が設定されます。

そして、モビットで増額をすると主に以下のようなメリットがあります。

・金利を下げることが可能
・新たな借入先を増やさなくて済む

詳しい内容について解説していきましょう。

金利を下げることが可能

モビットの利用限度額は「返済能力」「信用力」を審査でチェックし、総合的に判断します。そして、借入金額が大きいほどに金利が低くなる特徴があるので、増額をすることによって金利を下げることが実現できるかもしれません。

その際に目安となる利用限度額が100万円で、実は100万円以上を借りた場合の金利は利息制限法によって上限金利15.0%と決まっています。さらにわかりやすく解説すると、利用限度額に応じて金利が下がるため、増額審査で100万円以上の利用限度額が設定されれば金利は15.0%まで引き下げられるということです。

たしかに他のカードローン業者などから新規借り入れをおこなう方法もあります。しかし、モビットを増額することで他から借りるよりも利息の負担をおさえられる可能性があります。

その結果、実際に支払うお金も少なくできるため、メリットとして覚えておくと良いでしょう。

新たな借入先を増やさなくて済む

モビットを契約していて現在の利用限度額では足りないと感じた場合、選択肢となるのは「増額」「他社で新規借り入れをおこなう」の2点です。

しかし、他社で新規借り入れを行う場合、モビットを新規契約したときのように申し込み手続きをおこなったり審査を受けたりしないとなりません。

特に新規申し込みは申告内容も多いので一つひとつの流れに時間がかかる場合があります。しかし、増額審査であればすでに申告は済んでいるので大きな手間はかけずに済みます。

また、いくつものカードローン会社から借り入れをおこなうと、借入総残高の把握をはじめ毎月の返済日などの管理が困難になりがちです。もしかしたら、どのくらいのお金を借りているのがわからなくなったり返済日を勘違いしたりすることもあるでしょう。

そこでモビットを増額すれば新たに借入先を増やさなくて済みますし、手間のかかる手続きや借り入れの管理の複雑化を避けることが可能です。

SMBCモビットの増額の注意点

お金をもっと借りたいからと言ってすぐにモビットの増額申請をおこなうのはおすすめしません。
増枠にはいくつかの注意点があり、場合によってはマイナスとなることもあるからです。

・審査に時間がかかる場合がある
・減額されることがある
・利用停止になることがある

審査に時間がかかる場合がある

基本的にモビットの増額審査は最短即日で完了しますが、状況しだいで数日間かかる場合もあります。

まず、増額審査は新規申し込み時よりも厳しめの傾向です。さらに多くの利用限度額を設定するには、その金額に見合う返済能力と信用力を必要とします。

SMBCモビットの利用者の中には優良顧客と見なされた場合は増額の案内が届くことがあります。この場合、すでにSMBCモビットの信頼が高いと判断されているので審査通過はスムーズになる可能性が高いです。しかし、届いていない場合は時間に余裕をもって増額審査に申し込んでください。

減額されることがある

利用限度額を増やすために増額の申し込みをしたものの、審査をおこなった結果、減額されてしまう場合があります。そのため、増額をおこなうときは減額のリスクが高いことも頭に入れておくと良いでしょう。

SMBCモビットの公式ホームページに「お客様の利用状況に応じて利用限度額は増減することがございます」と記載があります。つまり、返済能力や信用力が低いと判断された場合、利用限度額が引き下げられてしまうのです。

増額審査では、そのときの収入に勤務実態、返済履歴に借入金額などをチェックします。そこで、すでに設定された利用限度額が高い、収入に見合っていない金額と判断されれば減額を避けることはできません。

なお、減額されやすいのはどんなケースなのかを以下でまとめてみました。

・収入が下がった
・他社を含めた借入残高が増えた
・転職などで勤務実態に変化があった
・SMBCモビットの利用でトラブルを起こした

利用停止になることがある

SMBCモビットの利用状況に個人信用情報の内容を理由に「この方との契約は打ち切りたい」という結論に達すれば、利用停止となる場合があります。

基本的に増額審査をおこなって利用停止になるのは、返済能力や信用能力が著しく低いと判断された場合です。また、減額以上の対応が必要となったときに利用停止の判断が下されると思って良いでしょう。

これまでにSMBCモビットの規約違反をはじめ、複数回の延滞、収入の激減などといった初回申し込み時と状況が大きく変わった場合、増額申請はおこなわない方が無難です。

SMBCモビットの増額をおこなう流れ

SMBCモビットで増額したい場合、3つの方法から選べます。

・電話
・WEB
・増額案内

それぞれの方法について詳しく解説しましょう。

電話

SMBCモビットはコールセンターを設置しているので、そちらに電話をすることで申請をおこなえます。

・お問い合わせフリーコール:0120-24-7217(営業時間9:00〜18:00)

オペレーターが対応してくれるので、増額申請を希望する旨伝えてください。

そのほかに24時間電話受付をおこなう「自動音声案内フリーコール」(0120-24-7061)もありますが、こちらは残高照会に振込キャッシング希望の方のための専用ダイヤルです。増額申請の受付はおこなっていないので注意してください。

電話で増額をおこなう場合、疑問点や不安点はオペレーターに相談できるので安心できるでしょう。

WEB

SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」からも増額申請をおこなえます。なお、増額の申し込みができるのはMyモビのアプリ版とパソコン版からで、モバイル版からの増額申請はできません。

まず、Myモビのアプリ版を利用する場合、スマートフォンにSMBCモビット公式アプリをインストールします。そしてパソコン版はSMBCモビットの公式ホームページからログインが可能です。

増額の申し込みから審査結果の確認までの手続きのすべてがMyモビで完結するので、誰かとやりとりをしなくて済む特徴があります。

増額案内

SMBCモビットの利用実績が良好と判断された場合、「利用限度額を増やしませんか?」という増額案内が送られてくることがあります。

どうすれば増額案内が届くのか明確な基準は公表されていませんが、実際に届いた人の特徴から以下のようなことがわかります。

・SMBCモビットからの借り入れを遅れずに返済している
・SMBCモビットの継続的な利用がある
・収入が上がった
・他社の借入件数と残高が少ない

増額案内が届く=SMBCモビットに優良顧客として認められたことになります。SMBCモビットはさらなる利用を期待して増額案内を出していますから、審査に通過する可能性は高くなってくるでしょう。

まとめ

SMBCモビットの利用限度額が足りない、利用目的があってもっと増やしたいとなった場合、増額をおこなうのがスムーズです。しかし、増額申請をおこなったからと言って必ず増額が叶うわけではありません。審査を受けて、支払い能力と信用力がないと判断されれば容赦なく落とされてしまうでしょう。

当記事で解説した注意点などを参考にして増額が本当に必要だと判断できたら、自身にとって都合の良い方法で申請してみてください。また、良好な利用実績を築いて、増額の案内が届くのを待ってみても良いかもしれません。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

SMBCモビット
カードローンお助け本舗