カードローンを早く返す繰り上げ返済の方法と注意点!

即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

限度額内ならいつでも借入や返済ができるカードローンはとても便利ですよね。

 

しかし、借りている間は利息がかかり、もったいないなぁと思っている人も多くいます。

 

カードローンの利息は、利用残高に対して日割りで計算されます。

そのため、たくさん借りると利息が負担になり、思うように返済が進まないことも・・・

 

そこで効果的なのが、繰り上げ返済です。繰り上げ返済は随時返済とも呼ばれていて、利息の負担を軽くし早く返済することができます。

 

でも「手数料がかかるんじゃないの?」「まとまった金額でないとできないんじゃないの?」など、わからないことがたくさんありますよね。

 

そこでここでは、カードローンの随時返済について詳しく紹介したいと思います。

繰り上げ返済とは?カードローンは返済日以外にも追加で返済できる!

カードローンは、目的も借入も返済だって自由です。

 

しかし、返済だけは「約定返済日」といって、毎月1回必ず返済しないといけない返済日があり、1日でも遅れてはいけません。

 

ただし、カードローンでは、約定返済日以外にも自由に返済ができます。

 

住宅ローンを組んだことがある人なら「繰り上げ返済のことね」と思ったのでは?

 

しかし、カードローンの場合は『好きな時いつでも』という意味の「随時返済」というところが多いです。

 

繰り上げ返済は、借入額が増えないローンの毎月の返済額に加えて、ローンの一部または全部を返済することで、借入期間や返済額を予定より早めて返すことです。

 

でも、カードローンの場合は、利用限度額内なら繰り返し何度でも借入・返済ができるので、借入額が増えることもありますよね。

 

そのため、借入期間や返済額は借入・返済のたびに変わるので、予定より早めて返すという繰り上げ返済ではなく、好きな時にいつでも自由に返せる、随時返済と言われているのです。

 

また、消費者金融では、毎月の返済額に追加して返済をするので「追加返済」と言うところもあります。

 

このサイト内では、約定日以外の返済のことを「随時返済」と紹介していきたいと思います。

 

随時返済はいつできる?申込みが必要?

カードローンの随時返済は、読んで字のごとく、好きな時にいつでも返済ができ、申し込みの必要も、随時返済したことをカードローン会社に伝える必要も一切ありません。

 

随時返済は、思いたった時にその時返せる金額を、振り込みやインターネットバンキング・カードを使ってATMから入金すればいいだけ。

 

インターネットバンキング(モバイルバンキング)からなら、24時間いつでも返済できるので便利です。

 

ただし、返済方法によって随時返済となる場合と約定返済になる場合があるので、注意が必要です。

 

カードローンの返済方法は以下の3つ。

 

〈返済方法の種類〉

・35日サイクル制

・毎月指定日制(約定返済部制)

・口座振替(自動引き落とし)

 

返済方法ごとに詳しく見てみましょう。

 

【返済方法ごとの随時返済になるタイミング】

〈35日サイクル制の場合〉

返済方法が35日サイクル制の場合は、初回借入日の翌日から35日目までが最初の返済日で、1度返済すると返済した翌日から35日目までが返済日というように、返済するたびに次の約定返済期間が決まります。

 

そのため、毎日が約定返済日みたいなもので、随時返済にはならないのです。

 

ただし、約定返済の金額は、返済額を決める日の利用残高で決まり、その金額以上であればいくら返済しても構いません。

 

また、35日サイクル制の返済は、インターネットバンキングやカードを使ってATMから自分で入金して返済していくので、返済額を増やして返済すれば、随時返済を一緒にしたようなものなのです。

 

〈毎月指定日制(約定返済部制)の場合〉

毎月指定日制は、自分の都合の良い日を約定返済日として1日設定するのですが、返済日の10~14日前(会社による)から返済が可能なため、この期間内に返済した分は約定返済になります。

 

そのため、約定返済日の翌日から翌月の返済期間の前日までに返済した分が、随時返済となるのです。

 

〈口座振替(自動引き落とし)の場合〉

基本的に口座振替の場合は、ほとんどのカードローン会社では金額の変更をして引き落としをしてくれないので、引き落としされる金額以外に入金した金額は、すべて随時返済になります。

 

ただし、カードローン会社によっては、毎月指定日制のように、返済日の10~14日前(会社による)に入金した分を約定返済とみなしているところもあります。

 

その場合、随時返済となるのは、約定返済日の翌日から翌月の返済期間の前日までに返済した分です。

 

ただし、みずほ銀行カードローンの場合は、随時返済できる時間が決まっているで注意が必要です。

 

〈みずほ銀行の随時返済が可能な時間〉

曜日利用時間
平日午前8時45分~午後6時
土曜日・日曜日・祝日午前9時~午後5時

 

随時返済の返済額にも利息はかかる?随時返済時の利息の計算方法

住宅ローンの繰り上げ返済は、返済額がすべて元金にあてられるのですが、カードローンの随時返済の返済額は、利息が含まれるところが多いです。

 

カードローンは、利用残高に対して利息がかかり、日割りで計算されます。

 

随時返済の場合は、直近で返済した日の翌日から随時返済する日までの日数分の利息が、返済額から差し引かれ、残りの金額が元金にあてられます。

 

そのため、随時返済の金額から利息が引かれる場合は、利息以上の返済が必要なのです。

 

カードローン会社ごとの、随時返済の金額の内訳は以下になります。

 

〈随時返済の返済額内訳一覧〉

会社名確認できる場所と確認可能時間
〈消費者金融〉
アイフル全額元金にあてられる
アコム最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる
プロミス 最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる
SMBCモビット最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる
〈銀行〉
みずほ銀行カードローン全額元金にあてられる
三菱東京UFJ銀行バンクイック最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる
新生銀行カードローン エル全額元金にあてられる
楽天銀行スーパーローン最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる
オリックス銀行カードローン最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる
住信SBIネット銀行
MRカードローン
全額元金にあてられる
三井住友銀行カードローン最終返済日の翌日から随時返済までの日数分の利息が差し引かれ、残りが元金にあてられる

 

1000円でも随時返済できる?随時返済できる金額は?

随時返済したいけれど、そんなに多くはできないし、いくらからできるのか分からないから、ついつい月々決まった金額しか返済していないという人は多いのではないでしょうか。

 

でも、カードローンの借入は借金です。

 

借りている期間が長くなればなるほど、借りている金額が多くなればなるほど、利息がかさみ、なかなか元金が減らず、返済がしんどくなっていきます。

 

そうならないためにも、随時返済はとても大事です。

 

ある程度まとまった金額でないと繰り上げ返済する意味がない住宅ローンと違い、随時返済で返済する金額に決まりはありません。

 

ただし、先ほども言いましたが、返済額から利息が差し引かれる場合は、利息以上の金額を返済しないといけません。

 

また、カードを使ってATMから返済する場合は、小銭の入金ができないので、1,000円単位でないと入金できないので、注意が必要です。

 

返済額から利息が引かれる場合でも、計算方法を知っていれば、返済計画が立てやすいので覚えておきましょう。

 

〈随時返済の利息の計算方法〉

 

 

※うるう年の場合は366日で計算します。

 

日数は、上記でも言いましたが、直近で返済した日の翌日から随時返済する日までの日数で、上記の計算式で出た答えが、返済額から引かれる利息になります。

 

利用残高と引かれる利息によっては、1,000円からでも随時返済が可能なので、少しでも返済していくようにしましょう。

 

随時返済は自動引き落とししてくれない!随時返済の方法

随時返済の返済方法で、約定返済の返済方法と唯一違うのが、自分の口座からの自動引き落としです。

 

自動引き落としで返済できるのは、約定返済の時だけで、随時返済はしてもらえません。

 

随時返済の返済方法は、下記の4種類です。

〈随時返済の返済方法〉

・インターネットバンキング(モバイルバンキング)から入金

・カードを使って提携ATM(コンビニや駅など)から入金

・カードを使って自社ATMから入金

・店頭窓口で入金

 

ただし、銀行カードローンの場合は、店頭窓口で入金できないところもあるので、確認してください。

 

随時返済すると手数料がかかる?

カードローンの随時返済は、好きな時にいつでも自由に借入・返済ができるローンなので、事務手数料は一切かかりません。

 

ただし、銀行振り込みや提携ATMから入金した場合は、振り込み手数料やATM利用手数料がかかることもあります。

 

〈提携ATMの利用手数料一覧〉

入金額手数料
1万円以下110円
1万円超220円

 

せっかく随時返済で元金を減らそうと思っているのに、手数料は払いたくないですよね。

 

手数料無しで随時返済するには、申し込んだカードローン会社の自社ATMを利用するか、インターネットバンキングでの返済であれば、手数料がかかりません。

 

ただし、銀行によっては、インターネットバンキングでの振り込み返済に手数料がかかるところもあるので、確認してから利用しましょう。

 

カードローン会社ごとの、利用手数料の有無は以下になります。

〈利用手数料一覧〉

会社名利用手数料
アイフルアイフルのATMは利用手数料無料
提携ATMは必要
アコムアコムのATMは利用手数料無料
提携ATMは必要
プロミスプロミス・三井住友銀行ATMは手数料無料
その他の提携ATMは必要
SMBCモビット三井住友銀行ATMは利用手数料無料
その他の提携ATMは必要
新生銀行カードローンエル新生銀行カードローンのATM・提携ATMともに
利用手数料無料
みずほ銀行カードローンインターネットバンキング・手数料不要
自社ATMあり・・・・・・平日は手数料不要

            ・土・日・祝は110円必要

提携ATM・・・・・・・・手数料必要
三井住友銀行カードローンインターネットバンキング・・手数料必要
自社ATM・・・・・・・・・・手数料不要

提携ATM・・・・・・・・・・手数料不要
三菱東京UFJ銀行 バンクイック自社ATM・・・・・・・基本的に手数料不要
提携ATM・・・・・・・基本的に手数料不要

ただし、どちらの場合も午前0時10分~午後11時50分の間のみ
楽天銀行スーパーローンインターネットバンキング・手数料不要
自社ATM・・・・・・・・なし

提携ATM・・・・・・・・手数料不要

ただし、三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・信用金庫のATMは利用手数料が必要
オリックス銀行カードローンインターネットバンキング・・手数料
自社ATM・・・・・・・・・なし

提携ATM・・・・・・・・・手数料不要
住信SBIネット銀行MRカードローンインターネットバンキング・・手数料不要
自社ATM・・・・・・・・・・なし

提携ATM・・・・・・・・・・利用手数料不要

 

随時返済したのにブラックになる?随時返済する時の注意点

随時返済はいつでも自由に返済ができるので、随時返済で利用残高を減らすことは、とてもいいことです。

 

でも、注意しないといけないのが、随時返済をしても約定返済は絶対に遅れずしないといけないということ。

 

随時返済をした人のなかには、随時返済で返済額以上の返済をしたから、約定返済をしなくても大丈夫だと思っている人もいます。

 

しかし、カードローンの返済において、一番重要なのは約定返済です。

 

随時返済は、あくまでも追加(臨時)の返済で、たとえ随時返済をしても約定返済の返済をしないと、信用情報に傷がつきます。

 

随時返済も信用情報の信用度をアップするには大事な要素ですが、約定返済をしてこそ信用度のアップにつながるのです。

 

また、随時返済をしていても、約定返済がちょくちょく遅れるような場合は、信用度が下がるだけではなく、最悪の場合は、利用停止になることもあるので注意が必要です。

 

定額返済だけでは総返済額は借入額の倍近くに!随時返済で上手に減らす!

いつでも自由に借入・返済ができるカードローンはとても便利ですが、約定返済だけの返済では、なかなか元金が減らず、完済するまでにかなりの年月がかかります。

 

さらに、追加で借入をしながら約定返済だけだと、利息の支払い総額が借入金額の倍近くになることも…

 

たしかに、カードローンの利用は、約定返済をしていれば何の問題もありません。

 

しかし、長く借りれば借りるほど、利用残高が多ければ多いほど、利息の支払いは増えるのです。

 

カードローンを賢く上手に利用するコツは、返せる金額だけを借りて早めに返すことですが、随時返済を加えると利息もお得。

 

随時返済は、約定返済に比べると、元金の返済にあてられる金額が多いので、約定返済に遅れないのはもちろん、随時返済もすれば返済スピードがアップするうえに、信用情報の信用度もアップします。

 

カードローンは、いつでも借りれて便利ですが、長く借りてると返済がしんどくなるので、随時返済もしながら上手に利用しましょう。

 

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗