おまとめローンと借り換えローンの違いは?申し込む前に注意点をチェック

カードローンの上手な借り換え・おまとめローンの賢い活用法
複数の借入があると、返済日が何日もあったり、金利がバラバラで自分がいくら返済しないといけないのかを把握しにくいですよね。

また、1社の返済金額は少なくても、複数あると月々の返済総額が大きくなります。

この悩みを解決するためには、金利の低いところで借り換えたり、借入先を1つにまとめて一本化するのが一番。

しかし、計画的に借り換えやおまとめをしないと、借り入れ先を減らすはずが増えてしまったり、返済期間が伸びて総額が高くなることも・・・

そこで、借り換えやおまとめで失敗しないために、借り換えのメリットやデメリット、おまとめローンの活用方法などを詳しく紹介したいと思います。

借り換えローンとおまとめローンは似ているけれど目的が違う

借り換えローンやおまとめローンって聞いたことはあるけど「どう違うの?」って思っている人もいますよね。

この2つ、銀行と消費者金融で目的や申し込み条件が違います。

消費者金融の場合

消費者金融では、会社によって言い方が違うだけで、借り換えローンもおまとめローンもどちらも複数の借入を1つにまとめるローンのことを指しています。

通常、消費者金融では、総量規制があるので、年収の3分の1までの借入しかできません。

しかし「借り換え」または「おまとめ」は総量規制の例外にあたるため、1つにまとめることで利用者にとって有益な場合のみ借入ができます。

利用者にとっての有益とは、1つにまとめることで借入残高を段階的に減らしていけることです。

銀行の場合

基本的に銀行の借り換えローンは、支払い中の住宅ローンを、金利の低いところに借り換えるローンのことを指しています。

そのため、ほとんどの銀行の借り換えローンは、住宅ローンの借り換えやそれにともなうリフォーム費用といった、住宅に関することにしか利用できません。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などの他社借入の借り換えや、複数の借入を一本化するおまとめローンは、おまとめローンとして取り扱っているところは少なく、ほとんどの銀行がカードローンでおまとめするようになっています。

借金を減らすには!借り換え・おまとめのメリット・デメリット

借り換えやおまとめをした時の最大のメリットは「金利が下がる」こと。
そして、返済先を1つにまとめられることですよね。

しかし、金利が下がらなかったり、返済先を1つにまとめられないと、借金を減らすどころか増やしてしまうこともあるので、借り換え・おまとめは注意してしないといけません。

借り換え・おまとめのメリットとデメリットは以下になります。

メリット

  • 金額をまとめることで金利が下がる
  • 返済先を1つにまとめられる
  • 月々の返済額がおさえられる

デメリット

  • 返済期間が長くなる
  • 金利が変わらないこともある
  • 借入先が多いと1つにまとめられず、借入先を増やしてしまうこともある
  • 金利の引き直し計算がされずに返済することになる(総量規制の施行前の借入の場合)

借り換えやおまとめをすることで、金利は下がるかもしれませんが、返済期間が長くなれば、低い金利でも総支払額が増えることもあります。

借り換え・おまとめをする時は、しっかり計算をして計画的に進めないといけません。

消費者金融のおまとめは総量規制の例外!

借り換え・おまとめを、総量規制で借入金額に制限がある消費者金融でもできることを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などの貸金業者からの借入があるから、総量規制で無理だと、あきらめている人もいますよね。

しかし、総量規制には例外があり、借り換え・おまとめはその例外の1つである「利用者に一方的に有利となる貸し付け」にあたります。

貸金業法でいうと、施行規則第10条の23第1項第1号または第1号の2に基づく借入のこと。

何だか難しい感じがしますが、ようするに、借り換え・おまとめをすることで、借入残高を段階的に減らしていける借入であれば借りれるということです。

その例外には、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号と第1号の2とあり、2つは内容が少し違います。

貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の借り換えの対象となる借入は、銀行や貸金業者からの借入やクレジットカードのショッピングのリボルビング払いを指します。

貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2の対象となる借入は、貸金業者(※みなし貸金業者含む)からの借入に限られます。

そのため、銀行の借入やクレジットカードのショッピングのリボルビング払いは対象外です。

※みなし貸金業者とは、貸金業を廃業・更新登録をしなかった・登録が取り消しになった、未回収債権を保有している業者のこと。

貸金業者はどちらの場合でも貸し付けることができます。

しかし、ほとんどの貸金業者では、貸金業者からの借入のみを対象としている、貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2に基づく借入の借り換えを対象にしています。

ただし、借り換えやおまとめにも審査があり「金利が下がらない」「月々の返済額が抑えられない」といった利用者の利益につながらない場合は、審査に通らないことも・・・。

また、消費者金融で借り換え・おまとめした場合は、総量規制の借入制限を超える借入になるので、追加での借入はできなくなり、返済だけをしていくことになります。

借り換え・おまとめ後のカードローン利用はNG

借り換え・おまとめをした後に、返済したところのカードを利用できないと思っている人は多いですよね。

利用すると、借り換えたお金を一括返済しないといけなくなると思っている人もいます。

でも、実際のところ、借り換え・おまとめ後のカードローンの利用はNGなの?

それは、借り換え・おまとめをした時の条件によります。

借り換え・おまとめをした会社によっては、返済した借入先のカードの解約が条件のところもあるので、その場合は利用はNGです。

解約は利用者自身で届け出ないと解約にはならないので、解約せずにカードローンを利用してもわかりません。

しかし、解約が条件だったにも関わらず、解約せずに利用がバレた場合は、契約違反となり、最悪の場合は一括返済を求められることもあるので、利用はおすすめできません。

もっとも、消費者金融で借り換え・おまとめをした時は、総量規制の影響で追加の借入ができないのですが・・・

カードの解約が条件でない場合は、その後もカードの契約は続いているので、限度額内の利用は可能です。

ただし、利用できるとすれば、消費者金融ではなく、銀行カードローンでおまとめした場合になります。

でも、せっかく借入を1本化したのですから、おまとめ後は返済に専念することをおすすめします。

借入・おまとめには銀行カードローンが便利で簡単

借入先が増えると、返済日や返済額がバラバラなので、管理するのがとっても大変ですよね。

これを1つにまとめることができれば、とても管理が楽になります。
その借入をまとめるのに便利なのが、銀行カードローン。

借り換え・おまとめは消費者金融でもできますが、貸金業者からの借入だけを対象にしていることが多いので、クレジットカードのショッピングのリボルビング払いや銀行の借入を一緒にまとめることができません。

その点、銀行カードローンはどんな借入もまとめることができるので、とても便利です。

さらに、銀行カードローンの借入は、総量規制の対象にならないので、消費者金融で借りれる限度額よりも多く借りれる可能性があります。

また、銀行カードローンの金利は消費者金融より低いところが多いので、同じ金額を借りる場合は、銀行の方が低い金利で借りれます。

そして、基本的にカードローンの金利は、借入限度額が高いと低くなります。
そのため、もともと金利の低い銀行であれば、借入をまとめることで金額が大きくなり、さらに低い金利で借りることができるので、お得なのです。

カードローンの借入を住宅や自動車ローンでは精算できない

借り換え・おまとめを考えた時に、消費者金融や銀行カードローンよりも金利の低い、住宅ローンや自動車ローンに上乗せして借りたいなぁと思ったことのある人は多いのではないでしょうか。

借り換え・おまとめで金利が下がったとしても、住宅ローンや自動車ローンの方が、消費者金融や銀行カードローンの金利に比べると格段に低いので無理もありません。

しかし、カードローンの借入があると、上乗せどころか逆に住宅ローンの審査に影響があり、住宅ローンを組めなかったり、希望金額よりも低い金額でしかローンが組めなくなります。

また、住宅や自動車といった目的ローンは、その目的または目的にまつわることへの利用しか認めていないので、カードローンの借入分を上乗せして借りたことがバレると、最悪の場合は一括返済になることも・・・

住宅ローンや自動車ローンの借入をしたい時は、先にカードローンの借り換え・おまとめをおすすめします。

一度で全額を借りれないと借入先と借金が増えることに

借り換え・おまとめをする時に、一度に全額を借りれるかどうかは重要です。

なぜなら、一度に全額を借りれないと、借金が減るどころか借入先も借入額も増えてしまうことになるから。

借り換え・おまとめは、借入件数や借入総額が多いと総額を借りれないことが多いです。

そういった場合に、会社によっては総額の貸し付けが無理な場合に、一部の金額の貸し付けをして返済状況を見ながら枠を増やしていく方法で貸してくれるところもあります。

しかし、会社の言うままに中途半端に借りて、借入先と借入額を増やしただけで、結局総額は借り換えができなかったということもあるのです。

もし、一部の借入をすることで、月々の返済額がおさえられたり、借入先が減るから借りるというのであれば、金利の高い借入金額の少ないところから借り換えをしていきましょう。

安易に借り換え・おまとめをすると、返済が楽になるどころか、最悪の場合は自己破産をすることにもなりかねません。

また、借入期間が長い借入の場合は、利息の引き直し計算をすると、借入が終わっていたり、逆にお金が戻ってくることもあります。

借り換え・おまとめをする時は、しっかり計算して、計画的にしないといけません。

金利を下げても支払い期間がのびると危険!上手な一本化の仕方

借入先が増えると、1社ずつの月々の返済額が低くても総額にするとかなりの負担になったり、返済日がバラバラで管理が大変だから、借入を一本化したいと思う人もいるのでは?

でもちょっと待ってください。

安易に一本化すると、返済期間が伸びて支払総額が多くなってしまうこともあります。

たとえば、年率18.0%で月々16,000円ずつ返済していく60万円の借入を3社からしているとします。

返済だけをしていくと、月々の支払いは3社で48,000円。
56回(4年8ヶ月)で完済でき、支払総額は1社888,380円で、3社あわせると2,665,140円です。

この3社を1本化すると180万円になります。
年率15.0%で月々34,000円の支払いになったとすると、88回(7年4ヶ月)で完済となり、支払総額は2,966,878円。

3社に返済するよりも1本化したほうが、なんと301,738円も支払総額が多くなっています。

この場合は、金利が12.7%以下まで下がらないと、一本化しても支払総額が増えてしまうので、一本化すると損になるということです。

メリットといえば、月々の支払額は3社で48,000円なのに対し一本化すると34,000円なので、14,000円おさえることができること。

しかし、おまとめは必ず一本化しなければいけないわけではありません。
まとめ方を変えると支払総額も減らせるうえに、月々の返済額も減らせることもできるのです。

上記の3社の借入を一本化せずに、2社を1つにまとめて支払い先を2つにします。

2社をまとめると総額120万円です。金利は3社を一本化した時と同じ15.0%で、月々の支払額が28,000円になったとすると、62回(5年2ヶ月)で完済となり、支払総額は1,729,362円。

そして、この支払総額に一本化しなかった1社分の支払総額888,380円をあわせると、2,617,742円になります。

なんと、3社をまとめるよりも、1社ずつバラバラで支払うよりも、支払総額が47,398円も低くなり、月々の返済額も4,000円おさえられています。

このように、おまとめをする前にきちんと計算をしないと、支払総額が大きくなってしまうこともあるのです。

ただし、一本化して月々の支払額をおさえることが目的の場合は、一本化するほうが月々の負担は軽くなることが多いです。

しかし、返済期間が長くなるのはいいことではありません。しっかり計算して、上手に一本化していきましょう。

借り換え・おまとめをする前に借入件数と金利のチェック

上手な借り換え・おまとめをするには、自分の借入状況をしっかり把握しなくてはいけません。

上手な借り換え・おまとめとは、まとめることで金利が下がり支払総額もおさえられ、なおかつ月々の返済額がおさえられることです。

しかし、安易に一本化すると、金利と月々の返済額は下がったけれど、支払総額がものすごく増えるということもあるといいましたよね。

そのため、借り換え・おまとめをするには、まずどこから借りているかの情報だけではなく、借入内容を細かく把握する必要があります。

借り換え・おまとめをする前に把握しておく項目は以下の6つ

  • 借入先
  • 借入金額
  • 金利
  • 総支払額
  • 月々の返済額
  • 返済期間(支払い回数)
  • 家計

なぜ家計?と思うかもしれませんが、家計を把握して、月々無理なく支払える金額を知ることはとても重要なのです。

月々無理なく支払える金額におさえられないと、最悪の場合は、結局払えなくなるなんてことにもなりかねないからです。

せっかく借り換え・おまとめをしても、日常生活を送れないと意味がないですよね。
家計の収支を把握していれば、月々無理なく支払える金額も見えてきます。

最低返済金額や金利は会社によって違うので、借り換える時にそれぞれの会社ごとにシミュレーションしてみるといいでしょう。

その結果によって、自分にとって有利なところで借り換えることをおすすめします。

複数の借入を借り換え・おまとめをする時は、一本化だけを考えずに自分の借入状況を把握して、上手に借り換え・おまとめをしましょう。

借り換え・おまとめをしても繰り上げ返済で返済期間を短縮

借り換え・おまとめは、自分の借入状況を把握できて、複数から借りている場合は借入を整理できるので、とてもいいことですよね。

しかし、借り換え・おまとめは、上手にしないと借金を増やしてしまうこともあります。

自分の借入状況をどうしたいかで、借り換え・おまとめの仕方が違ってくるので、借り換え・おまとめをする前に、しっかり自分の状況を把握しましょう。

借り換え・おまとめをしても、借金が減ったわけでも、なくなったわけでもありません。
月々の返済は続きます。

せっかく月々の返済額や金利が下がったのですから、繰り上げ返済をすれば返済期間を短縮でき、さらに支払総額を下げることもできます。

上手な借り換え・おまとめで借入状況を改善し、繰り上げ返済もしながら、返済期間を短縮して上手にカードローンを利用していきましょう。

おすすめカードローン 人気比較ランキング