住宅ローンを組むときに他の借金はバレる?審査時の注意点を解説

カードローンの利用で家が持てない?住宅ローンへの影響とはカードローン借入れのコツ

カードローンを利用中またはこれから利用しようと思っている人の中には、将来、家を買う予定の人もいますよね。

マイホームの購入には多額のお金が必要なので、多くの人が金融機関で住宅ローンを組みます。

そこで気になるのが、カードローンの利用や申し込みが住宅ローンの審査に影響があるかどうか。

また、反対に住宅ローン残高があるけど、カードローンを利用できるのか知りたいという人もいると思います。

そこでこのページでは、カードローンの利用が住宅ローンを借りる時に、審査に影響を与えるのか?住宅ローン残高があってもカードローンでお金を借りれるのかなど、カードローンと住宅ローンの関係について詳しく説明したいと思います。

住宅ローンの審査にカードローンの利用が影響する!その理由は

自動車を買う時はマイカーローン。学費は教育ローン。家を買う時は住宅ローンといったように多額のお金が必要な時に、銀行のローンを利用する人は多いですよね。

その時に、カードローンの利用が審査に影響するのかとても気になりますよね。

住宅ローンの審査でも、信用情報の照会は必ずあり、保証会社の保証を受けれることが条件なので、銀行だけではなく保証会社にも審査されます。

その審査の際に、自己破産した人の情報が載っている官報や、銀行の信用情報の登録機関である全国銀行個人信用情報センターと貸金業者の登録機関の株式会社日本信用情報機構に照会されるのです。

さらに、2つの情報機関はクレジットカードの信用情報登録機関の株式会社シー・アイ・シーとも相互に提起しているので、3つの信用情報を基に審査されます

そのため、カードローンの利用のみならず、クレジットカードのリボ払いや自動車ローンなどのあらゆる借入が審査に影響するのです。

カードローンが住宅ローンに影響するのはこんな時

  • 信用情報に遅延や延滞・自己破産などの返済事故情報の登録がある
  • 借入件数・借入残高が多すぎる
  • クレジットカードのリボ払いの元金が多いまたは減っていない
  • 借入がないと嘘の申告をした

上記のような情報が登録されていると、たとえ頭金があっても、希望金額が借りれなかったり、借入額をなくすように言われることもありますが、最悪の場合は審査に通りません。

カードローンを利用しても大丈夫?将来の住宅ローンへの影響

将来、家を買おうと思っているけれど、その前にカードローンの利用を考えている人も多いと思います。

そんな人のなかには、「家を買う時に影響があるのか」「利用したら住宅ローンは組めなくなるのか」は気になるところですよね。

でも、安心して下さい。

住宅ローンの申し込みをした時に、カードローンの利用額を完済していれば問題ありません。

まれに、カードローンを利用するだけで完済していても審査に通らないとしている銀行もありますが、ほとんどの銀行では影響がないというよりも、きちんと完済していれば返済実績として見られるので、プラス要素になります。

ただし、利用中の遅延や延滞が多かったり、常に利用限度額いっぱいの利用が続いているような場合は、返済能力が低いとみられ審査に影響することもあるので注意しましょう。

住宅ローン残高があっても大丈夫!カードローンを利用できるワケ

カードローンの申し込みの時に気になるのが、審査はもちろん、総量規制の制限額。

住宅ローンがあると、総量規制でカードローンの審査に通らないと思っている人も多いはず。

総量規制は、年収に対して貸付金額を制限する法律のことですが、すべての借入が対象になっているわけではありません。

総量規制の対象になるのは、消費者金融やクレジットカード会社のような貸金業者からの借入のため、住宅ローンは対象外です。

そのため、住宅ローンの申し込みの時は、カードローンの保有や利用が、審査に影響することがありますが、カードローンの申し込みの時に住宅ローンの残高が影響することはないのです。

総量規制は年収の3分の1までが制限なので、住宅ローンが対象になると、住宅ローンを組んでいる人は誰もカードローンを利用できなくなってしまいますよね。

ただし、住宅ローンの遅延や延滞がある場合は、住宅ローンが総量規制の対象外であっても、カードローンの審査に影響するので、遅れずに返済しましょう。

住宅ローンを組んだ銀行のカードローンは金利が低くなる?

初めてカードローンの申し込みをする時に、どこのカードローンにしようか迷いますよね。

「できるだけ低い金利で借りたい」「銀行カードローンを利用したい」「家族にバレずに借りたい」など迷う理由はさまざまです。

どこのカードローンに申し込むか迷ったら、住宅ローンを組んでいる場合は、住宅ローンを借りている銀行のカードローンがおすすめです。

その理由は2つ。

  • まず1つ目は、すでに厳しい住宅ローンの審査に通っているわけですから、審査がスムーズです。住宅ローンを申込んだ時と申込内容に変わりがなく、きちんと住宅ローンの支払いをしている人であれば、逆に銀行からカードローンをすすめられることもあるくらい、審査がスムーズなのです。
  • 2つ目は、金利の引き下げサービスをしているところが多いから。住宅ローンの契約をした銀行の支店でカードローンの申し込みをすると、引き下げ率の高いところだと0.5%も低い金利で借りれることがあるのでお得なのです。ただし、住宅ローンの支払いが遅れていたり、延滞している場合は審査には通りません。

不思議なことに、銀行は住宅ローンを申込んだ時はカードローンの解約をすすめますが、住宅ローンを組んだ後はカードローンの利用をすすめてくるんです。

住宅ローンの審査中にカードローンを利用するとどんな影響がある?

住宅ローンは、カードローンのように即日審査結果がわかるわけではありません。
長いところだと、2~3週間近くかけて審査をするところもあります。

何千万という大金を貸すんですから、慎重に審査されるのは無理もありませんね。

その住宅ローンの審査では、返済能力はもちろん、必ず「返済比率の計算(返済負担率)」をされ、年収に対する年間返済額(元金+利息)の割合を審査されます。

返済比率の計算には、カードローンの残高やクレジットカードのリボ払い・自動車ローンなども含まれているので、ローンの合計金額が高いと返済負担率が高くなるため、希望の金額が借りれなかったり、審査に通らないことも・・・

特に、カードローンは、自動車ローンや教育ローンのように返していくだけのローンと違い、利用限度額内であればいつでもお金を借りることができるので、住宅ローンを申し込む銀行によっては、カードローンの解約が条件になることもあるくらいです。

そのため、申し込み時にカードローンの解約をしておく方がいいのはもちろん、審査中にカードローンの申し込みも審査に影響するので、してはいけません。

たとえカードローンの審査に通ったとしても、住宅ローンの審査には通らなくなる可能性があります。

住宅ローンの審査に通れば、いつでも申し込むことができるので、カードローンの申し込みをするのは、住宅ローンの借入が済んでからにしましょう。

住宅ローンの審査に通らない!カードローンの利用が家族にバレる?

住宅ローンの申し込みをした時に、必ず確認されるのが「他のローンの有無」

総量規制のように対象にならないローンはなく、自動車ローンやクレジットカードのリボ払いなど、借入金額はすべて申告しないといけないのですが、なかには家族に内緒で借りているカードローンの借入がある人もいますよね。

申告することで家族にバレることを心配して、嘘を言う人もいると思いますが、心配しなくても大丈夫なのできちんと申告しましょう。

それは、借入状況は個人情報のため、たとえ家族であっても審査担当者が家族にバラすことはないからです。

だから、嘘をついてはいけません。逆に心証が悪くなってしまいます。

でも、どうしても家族にバレるのが心配な場合は、連絡をすべて自分の携帯にしてもらうようにして、担当者にも家族に言わないようにいっておくといいでしょう。

ただし、共同名義で申込んだ場合や審査に通らなかった時に、バレることも・・・

基本的に、審査に通らなかったとしても、住宅ローンでもカードローンでも審査に通らなかった理由は教えてはくれません。

しかし、カードローンの解約をすれば審査に通せるといった場合や、信用情報を調べてみようと言われたらバレてしまいますよね。

家族にバレるのが心配な時は、住宅ローンの申し込みをする前に解約をしておくか、正直に話しておくことをおすすめします。

カードローンの残高も含めて住宅ローンは組める?

住宅ローンを組む人のなかには、カードローンの借入残高やクレジットカードのリボ払いなどの残額を住宅ローンの借入金額に上乗せして借りれないかと思っている人もいますよね。

住宅ローンの方が金利も低いので、まとめることができれば助かると思っている人は多いはず。

しかし、住宅ローンは住居の購入が目的のローンのため、住宅ローンに上乗せできるのは住宅を購入するための諸費用だけで、カードローンの残高などの上乗せは違法行為です。

どんな罪になるかというと「詐欺罪」または「脱税」になります。

銀行を騙して余分に借りるのですから、詐欺罪はなんとなくわかると思いますが、脱税はなんで?って思った人もいますよね。

住宅ローンは、住宅ローン控除を受けることができるからです。

住宅ローン控除は、住宅ローンの借入金額に対して所得税や住民税が減免されたり還付されるものなので、上乗せするとその金額が変わり、上乗せした分控除額も多くなるので、上乗せした分の控除額は、脱税にあたるということです。

また、カードローンや他のローンを住宅ローンに上乗せすると、金利が低いので一見得なように思いますが、住宅ローンの返済期間は最長35年なので、返済期間が長くなる分金利の負担は多くなってしまうので、余分な金利を払うことになります。

住宅ローンを申し込む時に、カードローンの借入残高がある場合は、頭金をカードローンの返済にあてて、頭金から使った分を住宅ローンで一緒に組むようにしましょう。

妻の借り入れが影響する?家族カードや配偶者貸し付けは要注意

住宅を購入する際のローンは、ほとんどの家庭で夫名義で組んでいるので、妻の借入は住宅ローンに影響しないと思っている人は多いのでは?

基本的に住宅ローンの審査もカードローンの審査と同じで、ローンの申込者の審査しか行われないので、夫名義であれば妻の借入、妻名義であれば夫の借入が審査に影響することはありません。

しかし、消費者金融の配偶者貸し付けやクレジットカードの家族カードの利用額は、妻が利用した分だとしても、夫の借入としてみなされるので、返済負担率が高くなるので審査に影響します。

また、配偶者貸し付けやクレジットカードの家族カードで遅延や延滞がある場合も、夫の信用情報に傷がつくので、審査に影響することもあるので、注意が必要です。

ただし、専業主婦が利用できる銀行カードローンの借入は、基本的に審査対象は妻だけで、利用履歴も妻の信用情報に登録されるので、夫の信用情報に影響はありません。

住宅ローンの借り換えにカードローンの利用が影響する

住宅ローンの金利は、経済情勢によって大きく違うので、金利が低くなると住宅ローンの借り換えを考える人も多いと思います。

住宅ローンの借り換え時にも、初めて住宅ローンの審査を受けた時と同じような審査が行われるのですが、その時に心配なのがカードローンの借入。

初めて住宅ローンの申し込みをする時は、カードローンの利用が審査に影響することがあるのですが、借り換えの時の審査では、利用自体は審査に影響することはありません。

しかし、カードローンの借入額が急激に増えている場合や、借りては返しを繰り返していて元金が減っていない場合は、審査に大きく影響するので、借り換えできないこともあります。

カードローンの審査と違い、申し込み履歴でブラックになることはないので、何社かに借り換えの申し込みをするといいですね。

遅延や延滞をせずにカードローンを利用すれば住宅ローンに影響しない

銀行が住宅ローンの審査の時に、カードローンの利用があるのを懸念するのは、住宅ローンは貸付金額が大きく、返済期間が長いからです。

カードローンの借入があるとどうしても、借金グセがあるように思われてしまうのは仕方がないこと。

しかし、遅延や延滞をせずに、計画的に利用していれば、返済実績にもなるので、カードローンの利用が悪いわけではありません。

ただし、銀行によってはカードローンの解約が条件のところもあるので、住宅ローンの申し込み時に、完済してカードローンの契約を解約してから申し込むことをおすすめします。

でも、困った時にカードローンがあると助かるのも事実です。

そんな人は、住宅ローンを組んだ銀行のカードローンを検討してみるといいでしょう。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗