カードローンの限度額の引き下げ理由・上げる方法。年収と信用情報が鍵

気になるカードローンの限度額!年収と信用情報が鍵をにぎる
カードローンの広告には「ご利用限度額 最高800万円」というように、かなりまとまった金額が借りられるのかと思うように書いてある広告が多いですよね。

しかし、誰もが最高融資金額を借りられるわけではありません。

年収や勤続年数借入状況など、さまざまな内容を審査したうえで個々の利用限度額が決まります。

ですから、借りたいと思っている金額よりも、ずっと低い金額しか借りれないこともあるんです。

そして、最初に決まった限度額は永久的に保証されている金額ではありません。
急に引き下げられることもあれば、知らない間に増えていることもあります。

そこで、限度額を引き上げる方法や限度額を引き下げられる理由。限度額いっぱいまで使ったらどうなるかなど、カードローンの限度額について紹介したいと思います。

カードローンの限度額とは

カードローンの契約の時に、気になるのが「限度額」
カードローン会社によっては、「極度額」と表記しているところもあります。

自分がいくら借りれるのかがわかれば、限度額や極度額といった言葉の違いを気にする人は少ないですよね。

しかし、限度額と極度額は似ているようで違います。

カードローンの契約は「極度方式貸付」というもので、あらかじめ定められた条件に従って返済が行われることを条件として、極度額内で限度を決めて貸付するものです。

そのため、本来であれば極度額と限度額は一緒に表記されるものなのですが、利用者が実際利用できる金額(限度額)だけを表記しているところが多いです。

限度額とは

借りる人が利用できる金額の範囲のことで、下限額は千円からや1万円からと会社によって違い、上限額は収入や利用状況によって決まります。

そのため限度額の上限は、初めて利用する人の場合は審査によって決まり、利用中の人の場合は、利用状況によって増えることもあれば、減ることもあるのです。

極度額とは

契約額のこと。カードローンの契約は、カードローン会社が提示した金額に契約者が合意し、両方が合意した金額で契約を結びます。

この合意のもと契約した金額が極度額で、カードローン会社が契約者に貸せる最大の金額で、基本的には変動しません。

そのため、消費者金融で借入をする場合は、総量規制という貸し過ぎ・借り過ぎを防ぐ法律により、借入・貸付できる金額が収入の3分の1までとされているので、その金額が極度額の目安になります。

総量規制は貸金業者から借りる時に適用される法律なので、銀行からの借入には適用されませんが、銀行の場合も制限があり、無担保のローンの借入は収入の半分までが基準です。

カードローンの限度額を決定する上で重視される年収と信用情報

カードローンでお金を借りるのに、極度額は高いほうがいいけれど、借りる人にとっては実際にいくらまで借りれるのかという限度額の方が気になりますよね。

そのカードローンは、無担保・保証人なしで借りれるうえに、使いみちも自由なローンです。

そのため、どこの誰だかわからない人に、目的を問わずお金を貸すわけですから、もちろん審査があります。

カードローン会社では、年齢や年収・勤務先などのさまざまな情報を審査して、総合的な判断によりお金を貸すかどうかを決めていて、限度額もその審査の中で決まります。

その限度額を決める時に「年収」と「信用情報」を重視しているのです。

基本的には、年収が高いほど借りられる金額は多くなります。

しかし、たとえ年収が高くても毎月の収入が安定していない場合や、他社の借入履歴がある場合は、限度額が低くなったり、借りれないこともあります。

また、信用情報に問題がなく安定した収入がある場合でも、最初に設定される限度額は高くはありません。

なぜなら、信用情報に履歴がないため、きちんと返済する人かどうかを判断できないから。

信用情報に履歴がない人のなかには、過去に破産や債務整理をしている人や、お金を持っていても支払いがルーズな人もいますよね。

そのため、信用情報に履歴がないと、過去の借入状況や返済状況がわからないので、最初に借りれる限度額は低くなることが多いのです。

クレジットカードや銀行カードローンも限度額に影響する?

カードローンの申し込みの時に必ず確認されるのが「他社借入」
申込書に他社借入件数とその総額の入力・記入は、必須項目になっています。

他社借入とは、住宅ローンやクレジットカードのショッピング利用を除く、無担保の借入のこと。

カードローンはもちろん、自動車ローン・教育ローン・多目的(フリー)ローンなどのことを指し、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。

そして、その他社借入は、限度額を決める審査にとても影響があり、他社借入の件数や金額によっては、限度額が低くなったり、借りられないこともあるのです。

ただし、他社借入は申込先によって対象となる借入が違います。

消費者金融や信販会社のような貸金業者に申し込む際に他社借入の対象となるのは、貸金業者からの借入だけ。

そのため、貸金業者に申し込む際は、銀行カードローンや自動車ローンは、他社借入金額には含まれないので、限度額に影響することはありません。

クレジットカードのキャッシング枠は、信販会社の貸付になるため貸金業者からの貸付なので、他社借入の対象です。

総量規制の対象外の銀行や信用金庫などの金融機関はというと、例外はなく、貸金業者からの借入も自動車ローン・教育ローンなどの無担保ローンなど、すべて他社借入額に含まれ、限度額の審査に影響します。

また、貸金業者が登録をする信用情報機関のJICCと割賦販売の情報を登録するCIC・銀行の情報機関の全国銀行協会は、情報を共有しています。

そのため、他社借入額に含まれない場合でも、信用情報に記載があると、審査に影響があり、限度額が変わることもあるのです。

たとえば、クレジットカードのショッピングの支払いが遅れていたりすれば、返済能力に問題があると見られ、限度額が下がるかもしれないということです。

事前審査はあてにならない?事前審査とは

カードローンの申し込みを初めてする時に、審査に通るかどうかはとても気になるところ。

どれくらいの年収があればいいのか、他社借入があるけど借りれるかなど、とても気になりますよね。

そんな人のために、カードローン会社によっては、フォーマットに3項目ほどの簡単な情報を入力するだけで借入可能かどうかがわかる、事前審査があります。

ただし、このフォーマットでわかるのは、借入可能かどうかだけ。限度額まではわかりません。

それは、入力内容が他社借入金額と年収・生年月日を入力するぐらいで、名前や住所などの個人がわかる項目の入力をしないから。

だから、借入可能と診断された場合でも、実際に申し込みをすると審査に通らないこともあるのです。

ただし、SMBCモビットの場合は違います。

SMBCモビットの10秒で事前審査結果表示となっているボタンは、事前審査といっても個人がわかる項目まで入力するので、正式な申し込みとなります。

そのため、事前審査の時点で借入不可になった場合は、SMBCモビットでは借りられません。

まじめが一番!利用の仕方で限度額が自動的に上がることがある

カードローンの利用はまじめが一番です。

カードローンの利用でいうまじめとは、遅れることなく毎月きちんと返済すること。

カードローンで借入をすると、名前や生年月日などの個人がわかる情報はもちろん、借りた金額や借りた会社・返済した日など借入に関わるすべての情報が、国の指定する信用情報機関であるJICC(指定信用情報機関株式会社日本信用情報機構)に登録されます。

カードローン会社は、契約者の情報を信用情報機関へ登録するのはもちろん、定期的な確認・更新も義務付けられています。

そのため、毎月遅れずきちんと返済を続けていると、本人が希望していなくてもカードローン会社の方から、限度額の上限を上げる提案をしてくることがあるのです。

限度額の上限を上げる提案方法は下記の3通り

  • 返済や借入時に利用するATMの画面に表示
  • ハガキや書面が送られてくる
  • ホームページの会員ページや個人ページに表示

ただし、提案があっても必ず増枠されるわけではありません。

それは、カードローン会社の方から増枠を提案してきたとしても、増枠を希望した時点で申し込み時と同じように審査があるからです。

申告している情報に間違いがない場合は、提案通り増枠になりますが、転職していることを届けていなかったり、他社借入が増えている場合は増枠されないこともあります。

限度額いっぱいで借りれない!他社に申し込む前に増枠の申し込み

上記のように、まじめにコツコツ返済していれば、カードローン会社から増枠の提案をされることもあります。

しかし、そのタイミングは誰にもわかりませんよね。

カードローンを利用している人のなかには、限度額いっぱいまで利用して借りれなくなった時に、他社で借入をしようと思う人もいると思います。

でも、他社に申し込むのはちょっと待って下さい。

他社に申し込む前に、まず限度額いっぱいまで借りているカードローン会社に、限度額増枠の申し込みをしてみましょう。

それは、借入はできるだけ1社にまとめておく方が、借入金額も把握しやすく、返済もしていきやすいから。

また、複数社から借りるよりも1社にまとめたほうが、金利が下がることも・・・

ただし、増枠の申し込みは下記のことに注意が必要です。

  • 初回借入後、短くても6ヶ月以上たっていること
  • 毎月コツコツと遅れず返済をしているという返済実績があること
  • 申込時より収入が下がっていないこと
  • 貸金業者からの借入の場合は、総量規制の範囲内であること

では、それぞれの理由を詳しく見てみましょう。

初回借入後、短くても6ヶ月以上たっていること

借入後数ヶ月は「無理な借入をしていないか」「きちんと返済しているか」を見る、いわばお試し期間。

そのため、借入後すぐに増枠を申し込んでも、増枠審査には通りにくいのです。

短くても6ヶ月以上たってから、増枠の申し込みをすることをおすすめします。

毎月コツコツと遅れず返済をしているという返済実績があること

カードローン会社は、利用者の借入状況や返済状況を、定期的に確認しています。

毎月遅れずに返済するのが大前提ですが、毎月コツコツと返済していることも、増枠には大事な要素となります。

たとえば、少ない金額を短い期間借りてすぐ返す。他のローンの借入金を受け取るまでのつなぎ資金として利用しているような場合は、返済はしているけれど、継続して返済したという実績は残りません。

そのため、毎月コツコツと遅れずに返済できる人かどうか判断できないため、増枠審査には不利になるのです。

遅れずに返済を継続して行っているという実績は、増枠審査にはとても有効です。

申込時より収入が下がっていないこと

カードローンの増枠時も、勤務先や家族構成についてなど、初めての申し込み時と同じような審査が行われます。

そのため、増枠の申し込みをした時に、転職により収入が下がった場合や、残業が減って給料が減額になった場合は、増枠ができないこともあり、場合によっては限度額が下がることもあるのです。

貸金業者からの借入の場合は、総量規制の範囲内であること

貸金業者の限度額を増枠するには、増枠を申し込み時の限度額が、総量規制の範囲以下でないと申し込みできません。

その時に気をつけないといけないのが、クレジットカードのキャッシング枠。

カードローンの限度額が収入の3分の1以内であっても、クレジットカードのキャッシング枠で利用していたり枠があると、その分も総量規制の総額に含まれるので、増枠できないこともあります。

また、銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外ですが、銀行にも貸付制限があります。

その目安は収入の50%。

教育ローンや自動車ローンなどの無担保ローンの借入がある場合は、その総額も含まれるので、増枠できないこともあるのです。

年収100万円でも利用できる?

カードローンの申し込み条件をみると、ほとんどのところが「安定した収入がある人」「安定継続した収入がある人」とだけ書いてあって、年収がいくら以上とは書いていませんよね。

でも、申し込みする人にとっては、年収がいくらあればいいのかは、とても気になりますよね。

しかし、年収がいくらあればいいかという明確な答えは、どこのカードローン会社も出していません。

年収が100万円でも審査に通る人もいれば、通らない人もいるとしかいえないのです。

この違いはいったい何なのでしょう?

それは、家族構成や家賃負担の有無などによって違ってきます。

たとえば、年収が100万円で下記のような場合
独身で1人暮らし・家賃負担ありの人と、既婚で配偶者と2人暮らし・家賃負担なしの人だと、独身で1人暮らしの人の方が審査に通りにくいということ。

カードローン会社も貸しても返さない人や返せない人には貸したくないですよね。

年収100万円だと月収は8万円程です。
独身で1人暮らしだと、他に借入がないとしても、家賃や生活費を考えると、返済能力があるとは判断しにくいのです。

逆に、同じ年収100万円でも既婚で家賃負担のない人であれば、自由に使えるお金が多いと判断しやすいので、貸す側は安心して貸せるということです。

このように、審査には年収ももちろん大事な要素ですが、それ以外の申込情報によって審査結果が違ってきます。

そのため、年収100万円で借入限度額5万円の人もいれば、借入限度額30万円と総量規制いっぱいに近い金額を借りれる人もいるのです。

ただし、借入限度額は、きちんと返済をしていて、収入や家族構成などが変わることで、増枠になることもあります。

また、収入が低い人の場合は、利用限度額の下限の設定がないところや低いところの方が借りれる可能性が高いので、申し込む時に確認するといいですね。

専業主婦は限度額いっぱい使ったら増枠できない?

主婦(主夫)の人でも、パートやアルバイトで定期的な安定した収入があれば、カードローンを利用することが可能です。

しかし、カードローンは、基本的に働いていることが前提のため、専業主婦の場合は申し込めません。

でも、専業主婦でも思わぬ出費が続いて、家計費が足りない時にちょっと借りたい時もありますよね。

そんな専業主婦でも借りれる可能性があるのが、銀行のカードローン。

どこの銀行カードローンでも借りれるわけではありませんが、銀行によっては配偶者に安定した継続収入があれば、専業主婦でも借りれるところがあります。

そして、気になる借入可能額は、銀行によって違いますが、30万円~50万円です。

専業主婦への貸付は、上限が決まっていることが多いので、限度額いっぱい使って増枠申請をしても増枠になる可能性は低いです。

ただし、最初の借入可能額が、借入先の専業主婦の上限金額より低い場合は、増枠できることもあります。

突然限度額が下がるにはワケがある!定期的な返済能力の調査

カードローンを利用していて、突然、利用限度額が下がることがあります。
借りれると思っていたのに借りられないと困りますよね。

しかし「限度額」は、契約期間中変わらないと約束されているわけではありません。

借入状況や返済状況によって、カードローン会社の判断で減らされたり、場合によっては停止されることもあります。

それは、カードローン会社は、定期的な返済能力の調査を義務付けられているからです。

カードローンの利用者はとても多いので、常に全員の調査をしているわけではありません。

調査の対象になるのは以下の様な場合です。

返済能力の調査基準

  • リボルビング契約で1ヶ月の貸付の合計額が5万円を超えていて、かつ貸付残高が10万円を超える場合は、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高の確認をしなくてはいけない。
  • 1ヶ月の貸付がない場合でも、貸付残高が10万円を超える場合は、3ヶ月以内に1度、指定信用情報機関から情報を得て、残高の確認をしなくてはいけない。
  • 貸金業者の自社貸付で50万円を超える貸付を超える場合や、他社の貸付額を含めた合計額が100万円を超える貸付を行う場合には、収入を証明する書類の提出を求めなければいけない。

と、決まっているのです。

そのため、カードローン会社は、安心・安全にカードローンの利用ができるように、上記の基準で利用者の状況を確認し、限度額を減らしたり、停止にすることもあるのです。

また、たとえ遅れずに返済をしていたとしても、借りては返しを繰り返していて、返済額が減らないような場合も、限度額を下げられたり、一時的に利用停止になることもあります。

そして、意外と多いのが転職した時です。

転職したからといって、誰もが限度額をさげられるわけではありませんが、多くの場合は転職をすると収入が下がるので、限度額が下がります。

転職したことを届け出ない人は多いのですが、急に収入証明書を求められることもあります。

届けを出していないことで、利用規約違反となり、最悪の場合は利用停止になることもあるので、きちんと届けておくことをおすすめします。

利用の一時停止や強制退会は他のカードにも影響がある

カードローン会社の定期的な返済能力調査で、限度額が下がるよりももっと困ることがあります。

それは、強制退会です。

カードローン会社は、定期的に信用情報を確認して、限度額を下げたり一時的に利用を停止するなどして、安心・安全に利用できるように利用者にうながしています。

しかし、それでも繰り返しの遅延や延滞を続ける人もいるのです。

カードローンの返済は、うっかりであっても返済日に1日でも遅れると、信用情報に遅延が記載されます。

本当にうっかりで、きちんと連絡をしてできるだけ早く入金をすれば、すぐに利用停止になることはありません。

しかし、毎月返済はするけれど必ず返済日に間に合わない場合や、延滞を続けている場合は、一時的にカードの利用を停止されたり、悪質と判断されれば強制退会となります。

一時停止や強制退会は、信用情報にも記載されるため、他のカードローンやクレジットカードの利用も停止になることも・・・

強制退会になると一括返済になるため、支払えなければ資産を差し押さえられることもあるのです。

そうならないように、遅れる時や払えない時は、まずカードローン会社に相談しましょう。

お金を支払えないとわかっていて、カードローン会社に連絡をするのはしにくいものですが、放っておけば強制退会になり一括返済が待っています。

きちんと連絡をすれば、どうすることが出来るか相談にのってもらえます。

毎月遅れずに返済することが基本ですが、どうしても困ったときは、できるだけ早くカードローン会社に相談するようにしましょう。

初めて借りる時の少ない限度額は信用の積み重ねで上げられる

初めてカードローンの申し込みをして、限度額が希望金額より低いとがっかり、なんて人も多いと思います。

しかし、カードローンは借金です。

限度額が希望より低かった時は、本当に必要な金額がいくらなのか見直すチャンス。
そして、その時点での自分の信用度のバロメーターです。

だから、希望金額に足りない分を他のカードローンで借りてはいけません。

まず、利用できる金額を借りて信用を積み重ねていきましょう。

カードローンは、計画的に利用して返済実績を上げていけば、いざという時に利用限度額が上げてもらうこともできます。

複数社を利用するよりも、1社を上手に活用して信用を上げるほうが、返済もしやすく便利です。

ただし、積み重ねた信用は、遅延や延滞ですぐに失ってしまいます。
限度額を上げるのも下げるのも自分次第です。

コツコツ信用を積み重ねて、便利なカードローンを上手に活用していきましょう。

おすすめカードローン 人気比較ランキング