外国人もカードローンを利用できる?外国籍の人に必要な条件とは

外国人もカードローンを利用できる?外国籍の人に必要な条件とは
留学生やビジネス、観光で日本に来る外国人は年々増えています。

日本は意外とクレジットカードが利用できないところも多く、留学やビジネスのような長い滞在中に、急にお金が必要になることもあります。

そんな時に便利なのが、無担保で保証人の要らないカードローン。

しかし「留学生でも借りれるの?」「永住権はないけど借りれるの?」など、不安や疑問はいっぱいありますよね。

そこでここでは、外国人がカードローンを利用できるのか?利用できるなら何が必要なのか?など、外国人がカードローンを利用するために必要なことを紹介したいと思います。

外国人でも借りられる?外国籍の人がお金を借りる条件

世界中のあらゆる国からやってきて日本に住む人や、生まれも育ちも日本だけど外国籍という人もいます。

そんな外国籍の人が、急にお金が必要になった時に、日本人と同じようにカードローンでお金を借りることができるのでしょうか?

答えは、外国人でも借りれます。

ただし、観光や短期滞在者は借りられません。

基本的な条件は日本人と同じですが、外国人が申し込むには、その他にもいくつか条件があります。

基本的な条件

  • 満20歳以上
  • 継続する安定した収入がある
  • 銀行カードローンの場合は、保証会社の保証が受けられる

外国人の場合は、上記の条件にさらに下記の条件が加わります。

外国人が申し込む条件

  • 基本的に日本に住所があること
  • 在留カードまたは特別永住者証明書を持っていること
  • 日本語が理解でき、読み書きもできて日本語で会話ができること

上記の条件にあてはまる人であれば、どこの国籍の人でも申し込みは可能です。

外国人が長期間滞在する時に必要な在留カードでわかること

外国人がカードローンの申し込みをするのに、必要になるのが「在留カード」または「特別永住者証明書」

このどちらかを持っていないと、申し込むことはできません。

在留カードと特別永住者証明書は、外国籍の人が日本に長期間滞在できることを証明するためのものということには変わりないのですが、記載内容が少し違います。

在留カードとは

在留カードは、入国管理局から基本的に3ヶ月以上日本に滞在する外国人にのみ発給されるもので、外国人が3ヶ月以上日本に滞在する権利を証明する許可証です。

在留カードには、日本に在留するのに必要な情報が記載されていて、いつも携帯していないといけません。

氏名・生年月日・性別・国籍・住所地(日本の)・在留資格・就労制限の有無・在留期間・許可の種類・許可年月日・交付年月日・有効期限と、これだけの情報が免許証と同じサイズのカードにぎっしり詰まっているのです。

裏面には、引越しをした時の新住所が記載されたり、在留資格以外の資格が記載されています。

在留カードは、入国管理局から基本的に3ヶ月以上日本に滞在する外国人にのみ発給されるもので、外国人が3ヶ月以上日本に滞在する権利を証明する許可証です。

特別永住者証明書とは

特別永住者証明書とは、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(入管特例法)」に定められた在留資格を有する法務大臣から許可された人の証明書のこと。

特別永住者は、仕事や留学などの理由で在留カードを取得して、日本に長期在留している人とは違い、戦前から日本に在留している在日韓国人・朝鮮人・台湾人のことです。

特別永住者証明書の内容は、在留カードより簡単で、氏名・生年月日・性別・国籍・住居地・有効期限だけで、在留期間に期限はなく、常に携帯する必要はありません。

特別永住者証明書とは、「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法(入管特例法)」に定められた在留資格を有する法務大臣から許可された人の証明書のこと。

在留カード・特別永住者証明書だけでは借りれない?必要な書類は

外国籍の人がカードローンの申し込みをする時に、在留カードまたは特別永住者証明書を持っていれば、身分証明証になるから申し込めると思いましたよね。

しかし、ほとんどのカードローン会社では、在留カードと特別永住者証明書だけでは申し込めません。

多くの場合が、在留カードと特別永住者証明書と一緒に、日本人がカードローン申込時に必要な書類と同じものの提出を求められます。

基本的に必要な書類

本人を特定できる書類が必要。

本人確認書類として一番適しているのは運転免許証です。
免許を取得していない場合は、有効期限が切れていない下記のいずれかの本人確認書類を提出してください。

  • パスポート(外国籍のパスポートの場合は利用できないところもあります)
  • 各種健康保険証+住民票(顔写真付きの証明書類でない場合は、現住所が確認できる書類1点の添付が必要)
  • 住民基本台帳カード(住基カード)
  • 個人番号カード〈マイナンバー〉(ただし個人番号カードの通知書は不可)

本人確認書類として一番適しているのは運転免許証です。 免許を取得していない場合は、有効期限が切れていない下記のいずれかの本人確認書類を提出してください。
また、個人番号カード〈マイナンバー〉の提出の際は、個人番号と本籍地の記載部分が見えないようにして提出してください。(塗りつぶすまたは付箋で隠すなど)
また、個人番号カード〈マイナンバー〉の提出の際は、個人番号と本籍地の記載部分が見えないようにして提出してください。(塗りつぶすまたは付箋で隠すなど)
後は、希望借入額によって収入証明書類が必要ですが、カードローン会社によっては、外国籍の人の場合は、希望借入額に関係なく提出が必要なところもあります。

読み書きできないと借りれない?代筆でも大丈夫?

多くのカードローン会社では、基本的に読み書きができて、日本語を理解して会話ができることが前提です。

でも、インターネットで申し込めば読み書きができなくても申し込めるよねって思った人もいるのでは?

確かに、入力をサポートしてもらえば申し込むことはできます。

しかし、申込み後のカードローン会社からの連絡は本人にあるので、日本語が話せなかったり、会話がうまくできなくて審査に通らないこともあるのです。

貸す側からすると、規約や同意書などの内容が読めない人や日本語が理解できない人には貸したくないと思うのは当然ですよね。

カードローン会社によっては、電話や店頭窓口で会話ができる場合は、申し込めるところもあるので、事前に確認してみましょう。

留学生は借りられる?在留資格が永住者でなければ借りれない?

戦後から日本に住んでいる特別永住者と違って、留学や仕事などで、外国人が日本に中長期間滞在する場合は、在留カードを取得して在留資格を得なければいけません。
(昔はビザと言われていました)

その在留資格には種類があって、カードローンに申し込むには、在留資格が「永住者」でないと申し込めないのです。

その理由は、永住者以外の在留資格には、在留期間に期限があるから。
そのため、在留資格が在留期間に期限のない永住者でないと申し込めないのです。

そこで、大手消費者金融と大手銀行カードローンに、外国籍の人がカードローンの申し込みをするのに必要な書類や条件についてたずねてみました。

外国籍の人の申し込みに必要な書類と条件一覧

消費者金融

アイフル

  • 条件
    ・基本的に読み書きができること
    ・日本語を理解して会話ができること
  • 必要書類
    ・在籍資格が永住者の在留カードまたは特別永住者証明書
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など

アコム

  • 条件
    ・会話ができて日本語が理解できること
  • 必要書類
    ・在籍資格が永住者の在留カードまたは特別永住者証明書
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など

プロミス

  • 条件
    ・基本的に読み書きができること
    ・日本語を理解して会話ができること
  • 必要書類
    ・在籍資格が永住者の在留カードまたは特別永住者証明書
    ・日本の住所が記載されている運転免許証など

SMBCモビット

  • 条件
    ・日本語を理解している人のサポートを受けて本人が申し込めること
  • 必要書類
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など
    ・収入証明書
    ※在留カードや永住許可は不要

銀行

新生銀行

  • 条件
    ・基本的に読み書きができること
    ・日本語を理解して会話ができること
  • 必要書類
    ・在籍資格が永住者の在留カードまたは特別永住者証明書
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など

三井住友銀行

  • 条件
    ・基本的に読み書きができること
    ・日本語を理解して会話ができること
  • 必要書類
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など
    ・本人確認書類がない場合は在留カードが必要

三菱東京UFJ銀行

  • 条件
    ・基本的に読み書きができること
    ・日本語を理解して会話ができること
  • 必要書類
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など
    在留カードは不要。ただし永住権のある人
    ※外国籍のパスポートは不可

みずほ銀行

  • 条件
    ・基本的に読み書きができること
    ・日本語を理解して会話ができること
    ・口座開設が必須なので口座開設ができること
  • 必要書類
    ・在籍資格が永住者の在留カードまたは特別永住者証明書
    ・日本の住所が記載されている運転免許証または健康保険証など

永住権がないと即日借りれない?永住許可には時間がかかる

「今月は出費が多かったからちょっと足りない」「急な入院でお金が足りない」といったような、長く借りないけれど、ちょっとだけ短期間必要なこともありますよね。

それは、日本に住んでいる外国人も同じ。

そんな時にカードローンはとても便利なのですが、在留資格が永住者でない外国人の場合は、いつ本国に帰るかわからないので、借りれません。

逆に言うと、在留資格が永住者や特別永住者の人であれば、即日借りることも可能だということです。

「じゃあ、永住権を取得すれば・・・」と思った人もいるかもしれませんが、永住権はそんなに簡単には取得できません。

在留資格が「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」の場合で、実態がともなった婚姻生活を3年または5年以上継続していて、さらに引き続き1年以上在留していることが条件です。

「定住者」の場合も、5年以上日本に在留していないと永住権を取得できません。

通常は、原則として10年以上日本に在留し、さらに就労資格・居住資格を持ってから5年以上在留していないと永住者の資格を取得できません。

ただし、在留期間途中に出国した場合は、再入国許可を受けていればその期間は在留期間として認められますが、再入国許可を受けていなかったり受けていても長期間(1~2年)出国した場合は、その期間は在留期間としてカウントされないのです。

また「留学」「文化活動」「研修」「家族滞在」「短期滞在」は、就労資格でも居住資格でもない在留資格なので、この在留資格で10年以上在留していても永住権は取得できません。

この場合は、日本で就職をして就労資格を得て5年以上就労しないと取得できないということです。

さらに、在留資格が永住者に変更になるまでには、平均して申請後4ヶ月くらいかかるので、永住権を持たない外国籍の人がカードローンを利用するのは時間がかかるのです。

外国人の審査も日本人と同じ!在籍確認は必ずある?

もともと永住権を持っている人も、晴れて永住権を取得できた人も、カードローンの審査は日本人と同じで、申込内容のスコアリング(点数化)・信用情報の照会・在籍確認が必ず行われます。

外国籍の人の場合は、日本で発行されているクレジットカードを所有して利用していない場合やローンを組んでいない人もいますよね。

その場合は、信用情報の照会をしても、返済能力を判断できないので、審査には不利になります。

また、外国籍の人であっても在籍確認は必須。

ただし、外国人の在籍確認だからといって、本国の言葉に合わせて在籍確認をしてもらえるわけではないので、日本語が通じない勤務先で働いている場合は、在籍確認が取れないと判断されて審査に通らない可能性が高いです。

通名では借りれない?外国人登録証明書に載ってた通名とは

外国籍の人のなかには、特別永住者といって、戦前から日本に在留している在日韓国人・朝鮮人・台湾人の人がいますが、この人達のなかには「通名(通称名)」といって、本名とは別に日本名で生活している人がいました。

当時は、通名をいくつでも持てたので、いくつもの通名で複数の銀行口座を開設して脱税やオレオレ詐欺の受け取り口座になったりと犯罪の温床になっていたのです。

ところが、2012年7月9日に外国人登録法が廃止され、外国人登録証明書も廃止され、代わりにできたのが特別永住者証明書で、この証明書には通名が記載されなくなり、本名のみが記載されるようになったので、銀行口座も通名では開設できなくなりました。

そして、運転免許証や健康保険証などの公的書類も、基本的に本名の記載になったため、特別永住者証明書の提出が必要なカードローンも通名ではできなくなったということです。

運転免許証や住民票などは、希望すれば本名の後ろに( )で通名を記載することが可能なので、通名が記載されている証明証を持っている人もいますが、以前のように通名だけで法的な契約はできなくなったのです。

配偶者が日本人の専業主婦は在留カードはいらない?

外国籍の専業主婦でも、カードローンを利用したい人もいると思います。

カードローンは基本的には、本人に継続する安定した収入があることが条件ですが、専業主婦(主夫)の場合は、配偶者に継続する安定した収入があれば借りれるところがあります。

そのため、外国籍の専業主婦でもカードローンの申し込みは可能です。

ただし、配偶者が日本人または永住者であっても、本人が永住者でないと申し込めないので、在留カードは必要です。

その理由は、専業主婦の申し込みは、配偶者の収入が必須ではあるものの、審査されるのは申込者の信用情報や本人の申し込み内容だから。

その結果、たとえ配偶者の収入が高くても、本人の信用情報や申込内容に問題があれば借りれないのです。

日本で作ったクレジットカードの遅延があると借りれない

クレジットカードは、世界共通で使えるカードも多いので、母国で利用していたクレジットカードを使う人もいると思いますが、長期で外国に在留する場合は、その国で発行されているクレジットカードを持つ方が便利です。

そのため、長年日本で暮らしている外国籍の人のなかには、日本で発行されているクレジットカードや自動車ローン・住宅ローンを組んでいる人もいますよね。

カードローンの審査は、日本人であっても外国籍の人であっても、内容は同じで、必ず信用情報の確認が行われます。

その時に、信用情報に遅延や延滞があったり、あまり多くはないと思いますが、自己破産をしている場合は、審査に通過しません。

借りる条件は日本人と変わらない!永住権がないと借りるのは難しい

外国籍の人であっても、カードローンの申し込み条件や審査内容は日本人と同じです。

信用情報に傷があれば審査に通らないですし、在籍確認できなければやっぱり審査には通りません。

ただ1つ大きく違うことは、永住権を持っていないと申し込めないということ。
そして、その確認のために、在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。

特別永住者証明書は、名前の通り永住者を証明するものなので問題ありませんが、在留カードの場合は、在留資格が永住者でないと借りるのが難しいです。

信用情報や収入は、自分で努力すれば、いい信用情報を作ることもでき、収入を増やすこともできますが、永住者の資格をとることは簡単ではありません。

永住者であれば、利用することは可能なので、自信を持って申し込みして下さい。

ただし、外国籍であっても利用条件は同じです。

計画的に返せる金額を上手に借りて、遅れることなく便利に利用しましょう。

おすすめカードローン 人気比較ランキング