クレヒスを確認する方法。ローン審査を有利にするには?

カードローンの審査に影響がある?クレジットヒストリーとはカードローン借入れのコツ
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンの申し込みをすると、必ず確認されるのが「信用情報」

「初めて借りるから信用情報がない」「信用情報がないと借りれないの?」と不安に思った人もいるのでは?

しかし、カードローンの申し込みは初めてでも、クレジットカードは利用しているという人は心配無用。

実は、クレジットカードの利用も信用情報に登録され、カードローンの審査の時に利用されています。

このクレジットカード利用履歴は、クレジットヒストリー(通称クレヒス)ともいわれ、カードローンの審査に大きく関わっているのです。

そこで、クレジットヒストリーとカードローンの関係について詳しく説明したいと思います。

クレヒスって何?

クレヒスはクレジットヒストリーの略です。クレジットヒストリーと聞くと、ヒストリー=歴史という意味があるので、すごくたいそうな感じがしますよね。

クレジットヒストリーを直訳すると、クレジットは信用という意味があり、この場合のヒストリーは歴史ではなく履歴という意味なので「信用履歴」となります。

一般的にクレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことを指すので、自分のクレジットカードの歴史とも言えなくはないですね。

ここまで読んで、カードローンの申し込みに、クレヒスは関係ないと思った人もいるかもしれません。

しかし、クレヒスはカードローンの審査で、とても重視されているのです。

それは、誰だってどこの誰だかわからない人の支払いを立て替えるのは、ちゃんと払ってくれるかわからないのでイヤですよね。

カードローン会社もそれは同じ。

カードローンは、担保も保証人もいらない申込者の信用に基づいてお金を貸すローンなので、ちゃんと返してくれるかどうかわからない人に、お金を貸すのは嫌なのです。

だから、カードローンの審査では、同じように利用者の信用に基づいて利用するクレジットカードの「クレヒス」は、申込者の信用を判断する材料の1つとなるので、重視しているということ。

そのため、クレヒスがない人はもちろん、クレヒスに遅延や延滞などの情報やリボ払いの残高が多いまたは減っていないなどの情報があると、カードローンの審査に影響することもあるのです。

信用情報機関は3つ!クレジットヒストリーはCIC情報のこと

クレジットカードに限らず、カードローンや自動車ローン・住宅ローンなど、ローンの利用に関する履歴はすべて、国の指定する信用情報機関に登録されます。

その信用情報機関は3つ。借入先によって登録機関が違います。

登録機関ごとの登録内容一覧

信用情報機関登録内容
CIC(CREDIT INFORMATION CENTER)クレジットカード情報
信販会社の割賦販売情報
JICC(株式会社 日本信用情報機構)消費者金融(貸金業者)の登録
クレジットカードのキャッシング情報
信販会社の貸付情報
一般社団法人全国銀行協会(JBA)銀行・信用金庫などの金融機関の貸付情報

クレヒスの登録機関はCICで、3つの信用情報機関の中で唯一、割賦販売法と貸金業法の2つの法律に基づいた情報が登録されているのです。

また、借入先によってそれぞれ登録する信用情報機関が違いますが、3つの機関は互いに情報を共有しています。

現金主義も善し悪し?審査に通りにくいスーパーホワイトとは

欲しいものはお金を貯めてから買う主義と、クレジットカードも持たず現金主義で過ごしている人も大勢いますよね。

でもそんな現金主義の人でも、急にまとまったお金が必要になり、お金を借りることもあると思います。

しかし、クレヒスのない現金主義の人が、いざお金を借りようと思っても、審査に通りにくいのです。

そのなかでも、30歳を超える人を「スーパーホワイト」といい、スーパーホワイトは年齢が高くなるほど審査に通りにくくなるのです。

スーパーホワイトということは、信用情報に遅延や延滞・自己破産などのブラックといわれる情報がまったくないということなので、信用があるように思いますよね。

しかし、カードローンの審査では、スーパーホワイトは過去に返済事故をおこしているのではないかと見られるのです。

なぜそう見られるかというと、カードローン会社では、基本的に社会人になるとクレジットカードを所有するものと想定しています。

そのため、30歳を超えているのにクレヒスのない人となると、過去に返済事故をおこして、時間の経過に伴い情報が削除されているのではないかと見られるのです。

ではなぜ30歳かというと、事故情報が削除されるまでの期間が5~10年だから。

20代の場合は、返済事故をおこしていても、事故情報が削除されていない可能性が高いので、スーパーホワイトといわれる30歳以上が審査に通りにくくなる目安なのです。

世間的には、借金を作らない現金主義はお金にきちんとした人なのですが、クレジットの世界では信用がないということになってしまうので、現金主義も善し悪しですね。

カードローンが通らない!クレジットヒストリーを作ればいいって本当?

カードローンの審査は、クレヒスがないからといって通らないわけではないです。

年収や勤務先・住宅情報などの属性が高い人だと、クレヒスがなくてもカードローンの審査に通る人だっています。

しかし、スーパーホワイトのような審査に通りにくい人が、お金を借りるにはどうすればいいんでしょうか?

とりあえず、クレジットヒストリーを作ってみましょう。

クレヒスを作ったからといってカードローンの審査に通るわけではありませんが、返済能力を判断するのに重要なクレヒスがあるのとないのでは、ある方が審査に有利です。

クレジットカードが発行されるということは、クレジットカードを発行してもらえる信用はある人といえますよね。

ただし、クレジットカードを作るだけではいけません。
クレジットヒストリーは、繰り返し利用して支払うことで作られるのです。

何度かクレジットカードを利用して、きちんと支払いをしたという履歴を残して実績を作っていきましょう。

総量規制の対象になるクレジットカードのキャッシング履歴

カードローンの申し込みに、クレヒスがあると有利といいましたが、キャッシングを利用している場合は、キャッシングの履歴が審査に影響することがあります。

クレジットカードはショッピングだけではなく、お金を借りることのできるキャッシング機能がついているカードもありますよね。

クレジットカードをショッピングだけに利用する場合は、割賦販売の監督省庁である経済産業省の法律が適用されますが、キャッシング機能がついている場合は、金融業者の監督省庁である金融庁の法律も適用されるのです。

クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融と同じ貸金業にあたるため、貸金業法で定められている「総量規制」の対象となります。

総量規制は、2010年に施行された「貸金業者の貸付は年収の3分の1まで」と制限した法律です。

カードローン会社1社ごとに年収の3分の1までではなく、貸金業者の借入額の合計額が年収の3分の1までということ。

そのため、カードローンの申し込みをした時に、クレジットカードでのキャッシングの履歴が残っている場合は、希望借入額で借りれなかったり、審査に通らないこともあるのです。

また、キャッシング機能付きの複数枚のクレジットカードを持っている場合も、審査に影響することがあります。

それは、たとえキャッシングを利用していなくても、借りることを想定されるから。

カードローンでまとまった金額を希望するなら、カードローンの金利は、利用限度額が高いほど低くなるので、使っていないクレジットカードの解約をおすすめします。

クレジットカードのショッピング利用はカードローン審査に影響する?

クレジットカードのショッピング枠は、経済産業省の法律が適用されるため、総量規制の制限金額に影響することはありません。

しかし、ショッピング枠のクレヒスに、遅延や延滞・自己破産などのブラックといわれる情報が登録されている場合は、カードローンの審査にも影響があります。

また、携帯の端末代を分割にして請求書払いや口座引き落としにしている場合も、遅延や延滞をするとカードローンの審査に影響します。

携帯本体の分割払いは、携帯電話の利用料と一緒に請求されるので勘違いしやすいのですが、携帯本体の分割は信販会社との契約で、携帯会社が信販会社に代わって請求しているだけなのです。

そのため、うっかり携帯電話代を払い忘れた場合は、CICに遅延情報として登録されるのです。

クレヒスの確認方法

ここまで読んで、カードローンの申し込みを考えているけど、自分のクレヒスが気になった人も多いのでは?

自分のクレヒスを確認することを開示といいますが、自分のクレヒスは、インターネット・郵送・窓口のいずれかの方法で、自分で開示できるのです。

クレヒスの開示手順は以下になります。

クレヒスの開示方法

インターネットで開示の場合

インターネットの場合は、下記の利用環境とクレジットカードがないと開示できません。
http://www.cic.co.jp/popup/connection.html

また、開示報告書(PDF)を受け取るために「Adobe Reader」のインストールが必要です。

開示可能時間
午前8時~午後9時45分(365日可能)

開示手数料
1,000円
ただし、初回開示から96時間以内に再開時の手続きをした場合は、無料で開示できます。

支払い方法
本人名義のクレジットカード払い(1回払い)

利用可能なクレジットカードは下記になります。ただし、表示ロゴが同じでも発行会社のカードの種類によって利用できないこともあります。

利用可能なクレジットカードは下記になります。ただし、表示ロゴが同じでも発行会社のカードの種類によって利用できないこともあります。引用元:ご利用可能なクレジットカード一覧

インターネットで開示する場合、まずクレジットカードの契約の時に登録した電話番号(固定電話・携帯電話どちらでも可)から「0570-021-717」に電話をして、受付番号を取得しないといけません。

また、受付番号の取得時には、クレジットカードの有効期限を確認されるので、手元にクレジットカードとメモを用意して電話しましょう。

受付番号を取得後、1時間以内に開示申し込みのフォーマットに入力をして手続きしてください。

郵送で開示の場合

郵送で開示する場合は、信用情報開示申込書と本人確認書類・情報開示手数料分の定額小為替証書を同封して郵送します。

開示申込書取得方法
下記のいずれかの方法で取得します。

  • CIC公式サイトの郵送で開示ページの「開示申込書(PDF:556KB)」をクリックしてプリントアウト
  • 0570-666-414に電話して取り寄せ
    受付時間:平日の午前10時~午後12時 午後1時~午後4時(年末年始不可)

開示手数料
1,000円(ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書を同封)
ただし、旧姓での開示も希望する場合は、名前ごとに1,000円必要です。

郵送先
〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
(株)シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛

窓口で開示の場合

CICの窓口は、首都圏開示相談室・北海道開示相談室・東北開示相談室・中部開示相談室・ 近畿開示相談室・中四国開示相談室・九州開示相談室の7箇所しかありません。

必要書類を用意して最寄りの窓口に行きましょう。
※最寄りの窓口の所在地はCIC公式サイトの窓口で開示のページで確認できます。

開示受付時間
平日の午前10時~午後12時 午後1時~午後4時(年末年始は受付不可).

開示手数料
現金500円
ただし、旧姓での開示も希望する場合は、名前ごとに500円必要です。

必要書類
下記のいずれかの書類を用意していきましょう。
A群の場合は1点。B群の場合は2点
[A群] 1点でよい書類(1.~6.のうち1点)

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • マイナンバーカード[個人番号カード]
  • パスポート
  • 写真付住民基本台帳カード
  • 写真付各種障がい者手帳
  • 在留カードまたは特別永住者証明書

[B群] 2点必要な書類(1.~4.のうち2点)

  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 戸籍謄本または戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本)
  • 印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本)
    ただし、旧姓での開示も希望する場合は、旧姓が確認できる本人確認書類(戸籍謄本・裏書きのある運転免許証など)が必要です。

良いクレジットヒストリーはカードローンの審査に有利

日本では少額の買い物にクレジットカードを使いませんが、クレジットカード大国アメリカでは、クレジットヒストリーを作るためにコーヒー1杯でもクレジットカードで支払いをする人がいるくらい、信用度をはかるうえでとても重要なのです。

日本でも、初めてカードローンの申し込みをする人のクレジットヒストリーは、とても重視されますよね。

でも、クレジットヒストリーを作るなら、良いクレジットヒストリーを作らないといけません。

遅延や延滞が続いていたり、リボ払いの金額が多いといったクレヒスでは、審査に有利になるどころか、返済能力がない人と判断されて審査に通らないことだってあります。

しかし、クレジットヒストリーは自分でいい情報を作っていくことができるのです。

カードローンの審査にスムーズに通るためにも、日頃から良いクレジットヒストリーを作るようにするといいですね。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗