fbpx

賃貸の入居審査で借金があると落ちる?保証会社の審査とは?

カードローンの利用があると賃貸の入居審査に影響する?カードローン借入れのコツ
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 アイフル 安心のアイフル。初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  2位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

賃貸の入居審査とは別に、保証会社に加入するための審査があり、審査に通らなければ借りられません。

保証会社の審査の際に、カードローンの借り入れや支払い状況が影響する場合があるのです。

せっかく気に入った家が見つかったのに、審査に落ちて借りれないのは悔しいですよね。

そこで、入居審査にカードローンがどう影響するのか?を解説していきたいと思います。

 

入居審査にカードローンの借金が影響する?

部屋を借りる時に必ずされるのが「入居審査

入居審査とは、貸主が安心して貸せる人かどうかを審査するもので、年収や職業はもちろん、人柄や見た目なども判断材料になります。

入居審査の判断基準

年収・・・年収に対する審査は、多い少ないではなく、収入に対して家賃が見合っているかどうか。

これから家賃を払っていってもらうのに、あきらかに払えそうもない人には貸せませんよね。

一般的に、家賃の目安は年収の3分の1と言われています。
しかし、事故や病気で会社を長期で休んだり、急な出費で家計を圧迫することもあるので、4分の1までにおさえておくと、審査にも通りやすいでしょう。

職業・・・大家さんの考え方によるようです。
ファミリー向けの物件だと独身がNGだったり、同棲やルームシェアのように家賃を折半しての入居はNGだったり独身世帯の多いマンションでは子供のいる世帯がNGだったりとさまざまです。

人柄や見た目・・・不動産会社を通して借りる場合は、大家さんに会うことはまずないので、不動産会社の担当者が判断して、大家さんに伝えているようです。

部屋探しに行った時に、乱暴な言葉づかいや威圧感を与えるような態度、服装がだらしないといった人は、審査には不利になります。

また、賃貸保証会社に加入する場合や、加入が必須の物件の場合は、入居審査とは別に賃貸保証会社の審査も受けることになります。

この賃貸保証会社の審査に、カードローンやクレジットカードの利用が影響することがあるんです。

その理由は、賃貸保証会社には専門の保証会社だけではなく、オリコ・ジャックス・セディナといった信販系の保証会社があるから。

賃貸保証会社は、ほとんどの場合自分では選べません。
大家さんや管理会社が指定する賃貸保証会社に加入することになります。

そのため、指定の賃貸保証会社が信販系だと、カードローンやクレジットカードなどの借入状況も審査対象となり、審査に通らないこともあるのです。

また、カードローンやクレジットカードなどの借入状況に問題がなくても、審査に通らないことがあります。

それは、賃貸保証会社に加入したり、加入が必須の物件に住んでいたことがある場合です。

賃貸保証会社にも、クレジットカードの信用情報機関であるCICやカードローンの信用情報機関JICCのような情報登録機関LICC(賃貸保証業協会)があります。

そのため、過去に賃貸保証会社に加入したり、加入が必須の物件に住んでいて滞納や近隣トラブルなどをおこしたことがある場合は、審査に通らないことがあるのです。

カードローンの信用情報は賃貸契約の時にも影響がある?

賃貸契約の時に、カードローンやクレジットカードの借入状況によっては、部屋を借りられないことがあります。

逆に家賃を滞納するとクレジットカードの審査に影響があることも・・・

賃貸契約ができるということは、社会的信用があるということです。住むところがなければカードローンの契約もできません。

カードローンにしても家賃や更新料の未払い・延滞は、社会的信用を一瞬で失ってしまい、生活に支障をきたします。

そうならないように、カードローンを上手に活用しながら、毎月の家賃もカードローンも遅れることなくきちんと支払いをしていきましょう。

賃貸物件の初期費用は一括支払いが必要!

賃貸物件を借りる時に一番負担になるのが、敷金・礼金。地域によっては、保証金・敷引きと言われる費用です。

しかし、それさえ払えば部屋を借りれるわけではなく、この他にも、日割り家賃や前家賃・火災保険料・仲介手数料が必要で、これらの費用はほとんどの場合、一括で支払いをしなければいけません。

けっこうまとまった金額が必要そうですね。

では、必要な費用の相場がどれくらいか見てみましょう。

賃貸物件を借りる時の費用の相場一覧

必要な費用の項目

敷金(敷引き)

  • 相場
    家賃の1~2ヶ月分
  • 詳細
    家賃の未払いや故意に部屋を破損した時の修繕費として、入居前に大家さんに預けるもの。退去時に問題がなければ返却されます。

礼金(保証金)

  • 相場
    家賃の1~2ヶ月分
  • 詳細
    部屋を貸してもらう謝礼金です。
    そのため、退去時に返却されません。

仲介手数料

  • 相場
    家賃の0.5~1ヶ月分
  • 詳細
    不動産会社を介して借りた時の、貸主と借主の仲立ち料で、不動産会社に支払います。

日割り家賃

  • 相場
    入居日家賃によって異なる
  • 詳細
    入居日が1日からではない場合は、入居月の家賃は日割りで払います。

前家賃

  • 相場
    家賃1ヶ月分
  • 詳細
    入居翌月分の家賃は入居時に一緒に払います。

火災保険料

  • 相場
    1.5~2万円
  • 詳細
    入居者の過失による損害負担のための保険。契約条件に入っていることがほとんどです。

保証会社

  • 相場
    1~3万円
    または家賃の30~70%
  • 詳細
    連帯保証人のいない人の保証人代行費用。

鍵交換費用

  • 相場
    1~2万円
  • 詳細
    入居時に交換費用として請求されるもの。

保証人がいなくても賃貸住宅の契約ができる?

上記の費用で誰もが必要になるわけではない費用に、賃貸保証会社の費用があります。

賃貸保証会社とは、賃貸物件を借りる人・貸す人、管理する人のための保証会社で、主に家賃の滞納時の立て替えや家賃の集金を代行している会社です。

賃貸保証会社ができた当初は、主な利用者は連帯保証人がいない人で、不動産会社から紹介された賃貸保証会社を利用することが多かったです。

しかし近頃では、貸主が賃貸保証会社に加入している物件も増えてきていて、入居の必須条件となっていることもあり、大家さん指定の賃貸保証会社に加入することもあるので、部屋ごとに保証会社が違います。

 

賃貸住宅の初期費用のお金がない!そんな時どうする?

会社の寮に住んでいて退職した時や、転勤で急に引っ越さないといけなくなった時に、新居に必要な初期費用のお金がない!なんてこともありますよね。

会社の辞令で転勤になる場合は、会社が費用を負担してくれるところもあるかもしれませんが、立て替えないといけないこともあります。

初期費用にかかる金額は、基本的に一括払いで家賃の5~6ヶ月ほどの費用が必要です。

不動産会社によっては、クレジットカードで支払いができるところもありますが、現金振り込みが一般的のため、現金が用意できないとせっかく入居審査に通っても入居できないなんてことも・・・

そんな時に利用できるのが、金融機関の多目的ローンやフリーローン。
急ぐ時は、カードローンの利用も可能です

上記で紹介した初期費用を支払うタイミングは、入居審査や賃貸保証会社の審査に通過して、本契約後およそ1週間~10日以内が目安。

入居審査には2日~1週間位かかるので、申し込みしてからおよそ2週間~20日以内には支払わないといけないということです。

ただし、多目的ローンやフリーローンは、使途目的を証明する書類が必要で、審査も時間がかかります。

その点、カードローンの場合は、資金使途を証明する書類は一切いらず、即日借りれるので便利です。

とはいえ、多目的ローンもカードローンも借金です。

初期費用に多額を借りて、家計を圧迫して返せなくなることがないように、足りない費用を少額借りてなるべく早く返すようにしましょう。

カードローンで借りてでも家賃を払った方がいい時がある!

引越しや初期費用の支払いのために、ローンを利用する人もますよね。

一時的な費用の支払いにローンを利用するのは、スムーズに生活をおくるために必要な時もあります。

けれど、家賃のように毎月必ず発生する費用に、カードローンを利用するのはおすすめできません。

ただし、入居時に賃貸保証会社に加入した場合は、返済のメドがたつなら、カードローンを利用してでも家賃を払う方がいいでしょう。

なぜなら、賃貸保証会社は、分納や待ってもらえないところが多いから。

もちろん、万が一家賃の支払いが遅れた時は、立て替えはしてくれます。

しかし、賃貸保証会社に立て替えてもらうと、分納や支払いを待ってもらえないところが多く、大家さんや管理会社に比べて取り立ても厳しいです。

業者によっては、すぐに強制退去になることもあり、強制退去になると、次に部屋を借りる時の審査に大きく影響してきます。

住むところを失うということは、社会的信用を失うことにもつながるのです。

そうならないように、どうしても家賃が間に合わない時は、カードローンを利用してでも支払いをした方がいい時もあります。

ただし、家賃は毎月発生するもの。

家賃をカードローンで支払うのは、病気やケガで収入が下がったり、転職でお給料のタイミングが合わないなどの一時的に支払えないときだけしましょう。

知らない人が多い保証会社の更新料!払えないと退去になる?

連帯保証人がいない人が賃貸物件を借りる時に、とても助かるのが賃貸保証会社。

一昔前まで、連帯保証人がいないことで、借りたい物件を借りることができなかったのが、保証料を支払えば借りれるようになりました。

保証料を支払ってでも、借りたい物件が借りれれば、親族に連帯保証人になってもらうことを頼むより気楽だと感じている人もいると思います。

しかし、保証料は入居時にだけ支払えばいいわけではありません。

借りている物件に契約期間があり更新料が必要なように、賃貸保証会社にも契約期間があり、更新料が発生します。

賃貸物件の更新料は地域によって違いますが、2年毎に家賃の1ヶ月~2ヶ月分が相場です。

賃貸保証会社の更新料はというと、保証会社によって違いますが、多くのところが1年毎に1万円~2万円が相場になっています。

借りている部屋に住み続ける限り、毎年発生する費用です。

支払わないと、物件によっては更新してもらえず、退去しないといけなくなることもあります。

賃貸保証会社の更新料は一時的に支払う費用です。支払わずに督促を受けたり、退居になるくらいなら、比較的低額なのでカードローンで借りてでも払っておく方がいいでしょう。

 

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

アイフル・SMBCモビット・プロミスでは、上限金利が17.8〜18%に設定されていて、大手の金利はほぼほぼ変わりません。安心して借りることができる相場の金利になります。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、アイフルのスマホアプリでお金を返す方法でした。あっという間に返済できます。

 

結果から言うとアイフルが一番利用しやすく金利も安く、返済の手間もかからないです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗