カードローンの審査が通らない理由は?ブラックリストの確認と解消方法

カードローンの審査が通らない!ブラックになるのはどんな時?カードローン借入れのコツ
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

カードローンでお金を借りる時に、「ブラック」だと借りれません。
しかし、この「ブラック」ってどういう状態の人なのでしょうか?

ちゃんと理解している人は意外に少なく、「カードローンの審査に1度落ちたからブラックだ」「返済が数日遅れたからブラックになった」と思っている人が大勢います。

実際には、審査に1度落ちただけでも、返済が数日遅れただけでもブラックではありません。

間違った認識で、ブラックだと思って、申し込みをあきらめている人もいるんではないでしょうか?

ここでは、ブラックとはどういう状態の人なのか、ブラックになるのはどういった場合かなど、カードローンとブラックの関わりについて紹介したいと思います。

ブラックって何?ブラックだとどんなローンも組めない!

カードローンやクレジットカード・さまざまなローンの申し込みや利用情報は、国が指定する信用情報機関への登録が義務付けられています。

この信用情報は、ローン申し込みの審査や利用状況の確認に利用されるのですが、ブラックとはその履歴内容に、ネガティブな情報(返済事故情報)が記載されている、ローンが組めない・返済能力に問題があることをいいます。

俗に言う「ブラックリスト」とは、このネガティブな情報の載っている信用情報のことを指し、実際にリストが存在するわけではありません。

返済事故とは、以下のようなことをいい、下へ行くほど悪い情報です。

  • 遅延(悪質な場合)または延滞
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 債務整理
  • 自己破産

これらの情報が信用情報に記載されていると、カードローンやクレジットカードだけではなく、どんなローンも組めません。

返済事故について詳しく見てみましょう。

遅延(悪質な場合)または延滞

遅延と延滞は似ているようでまったく違います。

どっちが悪いかは、延滞の方が悪いです。

ローンの返済は月に一度必ず支払いをしないといけない「約定(やくじょう)返済日」が決まっていて、遅延か延滞かは、この約定返済日から何日たっているかで決まります。

もちろん1日でも遅れると遅延ですが、遅延扱いとなる期間は決まっていて、約定返済日から30日未満の遅れまでを遅延としています。

その期間を超えると延滞扱いとなり、約定返済日から61日以上または3ヶ月以上の延滞が続くと事故情報として記載され、いわゆるブラックとなるわけです。

遅延の場合は、うっかり入金を忘れることもあるので、1度や2度約定返済日に数日遅れただけでは、事故情報にはなりませんが、数日とはいえ度重なる遅延がある場合は、返済事故と見られることがあります。

また、延滞は支払いをして延滞状態を解消すれば、延滞解消日が記載されます。
しかし、解消日から1年間は延滞の情報は残るので、返済事故を起こしたと判断されるので、審査には不利になるのです。

強制解約

強制解約は、延滞状態が続くと強制的に契約が解除されることをいいます。

ただし、返済義務がなくなるわけではないので、放っておけばおくだけ、遅延損害金が発生して借金の額が増えていきます。

代位弁済

代位弁済とは、保証会社が利用者に代わって返済をすることで、払えなくなって放置している場合に代位弁済となります。

お金を貸しているところを「債権者」というのですが、代位弁済は、この債権者が元々借りたところから保証会社に移ることで、借金がなくなったわけではありません。

そのため、代位弁済後は保証会社に返済をすることになるのですが、その場合は多くの場合が一括返済で、それまでのように分割での返済はできません。

また、信用情報機関によっては、「保証履行」と記載されている場合があります。

保証履行も代位弁済のことで、信用情報機関に登録したのがどこかで記載のされ方が違います。

元々借りていたところが登録した場合は「代位弁済」
代位弁済したところが登録した場合は「保証履行」と記載されます。

債務整理

債務整理とは、発生する金利をストップさせて元金だけにしたり、借金の総額を減額するなどして、その金額を一定期間で返済していく手続きをすることです。

借金自体がなくなるわけではないので、返済は続きます。

自己破産

自己破産は債務整理の1つで、返済を免除してもらうこと。
借金自体がなくなるので、免責されれば返済がなくなります。

ブラックとされる状態はさまざまありますが、きちんと返済をしていればブラックになることはありません。

自分がブラックかどうかは信用情報を確認するとわかる?

申し込み条件もクリアしていて、返済も遅れたことがないのにカードローンやクレジットカードの申し込みをして審査に通らないことがあります。

身に覚えがないのに審査に通らないと、納得いかないですよね。

審査基準や落ちた理由は、絶対に教えてもらえませんが、自分の信用情報を開示して原因を探ることは可能です。

日本には3つの信用情報機関があり、契約先や契約先によって登録する機関がそれぞれ違います。

自分で確認する時の確認方法は、以下のようになります。

信用情報開示方法一覧

株式会社日本信用情報機構(JICC)

登録内容

  • 主に貸金業者からの借入
    ・消費者金融
    ・信販会社
    ・銀行・信用金庫

開示方法

  • スマホ
  • 郵送
  • JICC窓口
    (東京・大阪の2ヶ所のみ

CIC

登録内容

  • 主に割賦販売法に基づく支払い
    ・クレジットカード会社の支払い
    ・信販会社の支払い
    ・銀行・信用金庫

開示方法

  • パソコン
  • スマホ
  • 郵送
  • CIC窓口
    (全国に7ヶ所)

一般社団法人全国銀行協会(JBA)

登録内容

  • 銀行からの借入

開示方法

  • 郵送のみ

申し込みしただけでブラックになる?申し込み履歴とは

カードローンやクレジットカードは、契約をしなくても申し込みをしただけでも、信用情報機関に「申し込み履歴」として記載されます。

多くの人が、申し込みしたぐらいでは審査に何の影響もないと考えているようですが、申し込み履歴も審査に影響があります。

初めて申し込みをする人の中には、どこに申し込んでいいかわからず、とりあえずたくさん申し込みをして審査に通ったところで借りればいいと考える人もいますよね。

しかし、信用情報には申し込み履歴があるのに、成約(契約)履歴が載っていない場合は、審査に通らなかったと見られます。

そのため、申し込み履歴が多ければ多いほど、お金にとても困っていると判断されて、返済能力に問題があると見られてしまうのです。

本人の申込内容や信用情報に何の問題もなくても、手当たり次第に申し込みをすると、せっかく審査に通るかもしれないのに、申し込み履歴がたくさんあるために審査に通らないかもしれないのです。

このように、信用情報に問題はないけれど、申し込み履歴がたくさんあるために審査に通らないことを「申し込みブラック」といいます。

申し込みブラックは、申し込み履歴が記載されてから6ヶ月を超さない期間、信用情報から削除されません。

申し込みブラックにならないためには、1度の申し込みは自分の条件に合う2社くらいまでの申し込みにすることをおすすめします。

信用情報に何もないのに審査に通らないスーパーホワイトとは

「信用情報にも問題ない」「申し込みも条件に合う2社だけに絞っている」「正社員で安定した収入もある」なのに、カードローンやクレジットカードの審査に通らない人がいます。

こういった何の問題もなさそうな人を「ホワイト」さらに、30歳を超えてクレジットカードの利用履歴もない人は「スーパーホワイト」と呼ばれています。

このスーパーホワイトと呼ばれる人は、年齢が高くなればなるほど審査に通りにくいです。

その理由は、カードローン会社やクレジットカード会社は、社会人になればほとんどの人が1枚くらいクレジットカードを所有すると想定しているから。

実際、JTBが調査した20代~60代のクレジットカードの保有率は84.2%にものぼり、平均保有枚数は3.2枚と1枚どころか複数枚持っている人が多かったのです。

そのため、30歳を超えてクレジットカードを持っていないと、過去に債務整理や自己破産をしたのではないかと見られてしまうのです。

では、なぜ30歳以上なのかというと、それは信用情報に債務整理や自己破産といったネガティブ情報を記載する期間とお金を借りれる年齢に理由が隠されています。

それは、お金を借りれるようになるのは20歳を超えてからです。

そして、情報の記載期間は、債務整理が手続き後5年、自己破産は免責後5~10年消えないので、20代だと履歴が残っている可能性が高いですよね。

しかし、30歳を超えてクレジットカードの履歴もないと、過去に返済事故を起こしたことがあるけど、時間が経過してネガティブ情報が削除されたのかもと見られてしまうからです。

スーパーホワイトの人の中には、ただ現金主義だっただけという人もいるのですが、それでもクレジットカードを持っていないと、審査には不利になるのです。

信用情報とは別に社内リストがある!事故で載ると一生借りれない?

過去に債務整理や自己破産をした人は、信用情報機関でその情報が削除されるまでに、数年かかるので、その期間にカードローンやクレジットカードの申し込みをしても審査には通りません。

でも、その期間が過ぎれば借りれると思っている人は多いのでは?

しかし、債務整理や自己破産の手続きをして金利を免除してもらったり、返済を免責してもらった会社での借入はできない可能性が高いのです。

それは、カードローン会社やクレジットカード会社には、国の指定機関の他にも、自社で独自に作っている「顧客情報リスト」があるから。

このリストは、国の指定する信用情報機関のように、記載されている情報を本人が見ることはできません。

さらに、各企業の顧客情報リストには、情報の保管期限を定めていません。

そのため、削除されずずっとブラック顧客として登録され続ける可能性が高いので、返済事故をおこした会社で再度借入するのは、とても難しいのです。

また、銀行カードローンの借入にも、顧客情報リストが影響する場合があります。

その理由は、銀行カードローンでは、保証会社の保証が受けれることが条件の1つで、その保証会社は、消費者金融会社や信販会社がほとんどだから。

そのため、過去に返済事故をおこした会社が保証会社になっている銀行カードローンの場合は、信用情報機関の記載期間が終わっていても、審査に影響することがあるのです。

注意!返済途中で安易に過払い請求をするとブラックになる

貸金業法の改正にともない、2008年12月以前に消費者金融からお金を借りたことがある、または借りていて完済したけれど10年以内という人は「過払い請求」といって、払いすぎた利息の返還を求めることがでるようになりました。

しかし、2010年までは過払い金請求をすると「契約見直し」という返済事故情報として信用情報に記載されたため、せっかく完済したのに信用情報に傷をつけたくないからと、過払い金請求をあきらめた人も多くいたのです。

ところが、2010年4月19日に金融庁の方針として、過払い金請求と信用情報は関係がなく、契約見直しの登録を廃止としたため、信用情報を気にすることなく過払い金請求ができるようになりました。

ただし、返済途中に過払い金請求をして、借入残高を過払い金で相殺できなかった場合は、債務整理として信用情報に記載されるので、ブラックになってしまいます。

本来過払い金請求は、完済後または債務整理をしなくてはいけなくなった時にする請求なので、借入時期や期間によっては、戻ってくる金額が低かったり戻ってこない場合もあるのです。

安易に過払い金請求をすると、ブラックになることもあるので注意しましょう。

信用情報の回復には時間がかかる!回復までの時間は・・・

ブラックになると未来永劫ブラックのままだと思っている人もいるかもしれませんが、時間がたてば信用情報は回復します。

ただし信用情報の回復は、登録機関や登録される内容によって回復までにかかる時間が違い、期間が過ぎると自動的に削除されるようになっています。

信用情報の解消(回復)にかかる期間一覧

株式会社日本信用情報機構(JICC)

申し込み

  • 申し込み日から6ヶ月

延滞

  • 延滞中はずっと。延滞を解消した場合は解消した日から1年を超えない期間

代位弁済

  • 発生日から5年を超えない期間

債務整理

  • 債務整理の依頼が受理された日から5年

自己破産

  • 免責決定日から5年を超えない期間

CIC

申し込み

  • 照会日から6ヶ月間

延滞

  • 延滞中はずっと。代位弁済など延滞状態から異動になった場合は、その日から5年を超えない期間

代位弁済

  • 発生日から5年を超えない期間

債務整理

  • 弁護士や司法書士に個人再生や任意整理などの債務整理を依頼した場合は、事故情報として記載されない。

自己破産

  • 免責決定日から5年を超えない期間

全国銀行協(JBA)

申し込み

  • 記載なし

延滞

  • 延滞中はずっと。代位弁済など延滞状態から異動になった場合は、その日から5年を超えない期間

代位弁済

  • 発生日から5年を超えない期間

債務整理

  • 弁護士や司法書士に個人再生や任意整理などの債務整理を依頼した場合は、事故情報として記載されない。

自己破産

  • 手続き開始決定の日から10年を超えない期間

    ブラックでも借りれる闇金融!それでも絶対に借りてはいけない

    ブラックでも唯一借りれるのが闇金融。

    しかし、闇金融は違法業者で、法律の通じない相手です。

    借りたら最後。法外な金利で借りたお金の何十倍もの返済を要求され、払えないと会社や自宅に厳しい取り立てにくるなど、日常生活がまともに送れなくなる事も考えられます。

    闇金融で借りることを考えだしたら、それは返せなくなる合図です。

    弁護士に相談して債務整理を考えましょう。

    もちろんブラックにはなりますが、生活を立て直すチャンスです。

    きちんと生活を立て直すことができたら、ローンを組めるようにもなります。

    ブラックになるとしても、決して闇金融に手を出してはいけないのです。

    誰でもブラックになる可能性はある!ならないために賢く利用

    上手に利用すればとても手軽で便利なカードローンですが、誰でもブラックになる可能性が潜んでいます。

    もしもの時のためにと余分に借りたり、借りては返しを繰り返す人、何社からも借りている人は要注意!

    カードローンの申し込みをする時や借入をする時は、誰もが払えなくなるなんて考えてもいません。

    しかし、病気やケガで思うように働けず収入が下がってしまったり、突然のリストラで収入がたたれてしまうことだってあるんです。

    カードローンでブラックにならない賢い上手な利用方法は、自分が返せる必要な金額だけを借りて、遅れずに返済すること。

    さらに、少しでも余裕ができた時は、繰り上げ返済(随時返済)をして、できるだけ早く返していくようにしましょう。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

カードローン借入れのコツ
カードローンお助け本舗