アルバイトでも借りれるカードローン。審査を通るコツとは?

カードローンはパート・アルバイトでも利用可!審査に通るコツとは
無担保・保証人なしで、手軽に借りれるカードローン。

とても便利ですが、正社員じゃないと借りれないよね?って思っていませんか?

実はカードローンは、パートやアルバイト・派遣社員のような非正規労働者も利用できます。

でも、「年収が少ないけど・・・」「扶養家族の範囲で働いてるけど・・・」「バイトをかけもちしてるけど・・・」など、こんな状況でも借りれるの?という疑問もありますよね。

そこでここでは、パート・アルバイト・派遣社員のような、非正規の雇用形態で働いている人が「カードローンを利用するにはどんな条件が必要か?」「在籍確認をスムーズに済ます方法は?」など、パート・アルバイト・派遣社員の人に必要なことを紹介していきたいと思います。

パート・アルバイトでも借りたい!借りれる条件とは

パートやアルバイト・派遣社員でも、カードローンでお金を借りることは可能です。

カードローンの申し込み条件はどこも同じような条件で、以下の2つにあてはまっていれば、申し込めます。

カードローンの申し込み条件

  • 満20歳以上
  • 申込者本人が継続する安定した収入があること

銀行カードローンの場合は、この条件にもう1つ

  • 保証会社の保証が受けれる人

というのが加わりますが、上記の条件は、職業や年齢などに関係なく、あてはまっていれば誰でも申し込めるのです。

ただし、継続する安定した収入を得ていることが条件なので、勤続年数が短い場合や短期のパートやアルバイト・派遣社員は審査に不利になります。

休むと収入が減るパート・アルバイト!安定した収入の基準は?

パートやアルバイトの人がカードローンの申し込みをするのに、申し込めるかどうかの次に気になるのが「年収」だと思います。

「正社員じゃないから年収が安定していない」「扶養家族の範囲内で働いているから年収が少ない」など、不安に思うことはいっぱいですよね。

カードローンの申し込み条件である、継続する安定した収入とは、毎月一定額の収入を同じところから得ていること。

だから、月給制で毎月一定額の収入を得ている正社員は審査に有利なのです。

しかし、パートやアルバイト・派遣社員でも、毎月だいたい同じ日数で勤務していれば、毎月の金額は一定ですよね。

パートやアルバイト・派遣社員の場合は、おおむね毎月の金額が一定していることが大事なのです。

年収額が同じでも、月によって収入が多かったり少なかったりすると、審査は不利になります。

また、年収額については、多ければ利用限度額が高くなるかもしれませんが、特に下限はなく、いくら以上の年収がないといけないということはありません。

毎月安定した収入を得ているのであれば、年収額が少なくても申し込めるので、自信をもって申し込んでください。

アルバイト先が2つある!申込み用紙には両方書いた方がいい

パートやアルバイトで収入を得ている人のなかには、1つのところだけでなく、掛け持ちで働いている人もいますよね。

そんな人がカードローンの申し込みをする時に、年収の入力・記入欄に「年収をいくらって書けばいいの?」「収入を合計してもいいの?」と、迷う人もいるはず。

そんな場合は、勤務先情報にはメインで収入を得ている勤務先または、在籍確認をされても差し支えのない勤務先情報を入力・記入して、年収欄は他で得ている収入も合算した金額を入力・記入しましょう。

ただし、合算してもいいのは、継続的に安定して得ている収入に限ります。
臨時で得た収入や短期契約で得た収入を合算してはいけません。

また、合算した年収を入力・記入した場合は、カードローン会社に連絡して、その旨を伝えておくようにしましょう。

その理由は、審査状況によっては、収入証明書類の提出を求められることがあるから。

実際に得ている年収が入力・記入した金額であったとしても、複数からの収入を合算していることを伝えておかないと、虚偽の申告をしたとみられ、審査に通りません。

収入証明書類の提出ができない場合は、たとえ実際に継続的に得ている収入であっても、継続する安定した収入とみなされないこともあるので、注意しましょう。

パート・アルバイトは勤続年数が長い方が有利

パートやアルバイト・派遣社員の人のなかには、正社員並みに年収がある人もいますよね。

しかし、パートやアルバイト・派遣社員の場合は、年収よりも勤続年数が長い人の方が審査には有利です。

なぜなら、パートやアルバイト・派遣社員は、固定給ではなく時間給だから。

時間給ということは、病気やケガで働けない期間があると、即座に給料に影響します。
そのため、年収よりも勤続年数が重視されるのです。

また、パートやアルバイト・派遣社員で勤続年数が長い人は、収入が安定しているとみられるので、長ければ長いほど審査は有利になります。

勤続年数は、短くても半年から1年以上ある方が審査には有利です。

どれくらいの金額を借りれる?パート・アルバイトの限度額は?

審査に通過するかはもちろん気になるところですが、いくらくらい借りれるのかも、とても気になりますよね。

カードローン会社によっては、パートやアルバイトの利用限度額に制限があるところもありますが、基本的に信用情報の照会と申込内容の審査によって利用限度額が決まるので、申込内容によっては利用限度額が高くなることもあります。

しかし、パートやアルバイトの人が、初めてカードローンでお金を借りる時の利用限度額は、残念ながらあまり多くなく、10万円くらいになることが多いようです。

特に、消費者金融に申し込む場合は、総量規制という法律で、年収の3分の1までしか貸付してはいけないという制限があるので、年収が高くないパートやアルバイトの場合は、利用限度額が低くなってしまうのです。

銀行カードローンの場合は、パートやアルバイトの収入の低い人への利用限度額は、もともと低めに設定されていました。

しかし、総量規制の対象外だったこともあり、消費者金融で借入のある人が、銀行カードローンでも借入をして多重債務になる人が増えてきたのです。

そのため、多重債務になることを懸念した銀行が、2017年の4月以降、過剰融資を防ぐ対策を始めたので、審査がさらに厳しくなり、収入の低いパートやアルバイトが借りるのは難しくなりました。

パートやアルバイトの人の場合は、比較的消費者金融の方が、審査に通りやすいかもしれませんね。

パート・アルバイトでも在籍確認あり!会社にバレずに借りれる?

カードローンの申し込みをして避けては通れないのが、勤務先への「在籍確認」
これは、正社員であろうと、パートやアルバイトであろうと必ず行われます。

カードローンの在籍確認は、基本的に勤務先へ電話をして確認されますが「パートやアルバイトに電話がかかってきても取り次いでもらえない」という人もいると思います。

でも、心配いりません。

在籍確認の電話に本人が出る必要はないので、取り次いでもらえなくても在籍していることが確認できればOK

それでも、なかには在籍確認を書類でして欲しいという人もいると思います。

そんな場合は、勤務先で社会保険に加入しているのであれば、カードローン会社によっては、事前に相談すれば書類で在籍確認を済ませてくれることもあるので、相談してみましょう。

また、パートやアルバイトの人数が多いところや、勤務先の規模が多きい場合は、事前に在籍確認があることを勤務先に伝えておくとスムーズです。

その場合も、カードローン会社は個人名で電話をかけてくるので、クレジットカードの申し込みをしたと言っておけば、カードローンの申し込みとはわからないので安心ですね。

派遣社員が困る在籍確認!在籍確認をスムーズにするコツとは

非正規雇用の人のなかには、派遣社員の人もいますよね。

派遣社員の人がカードローンの申し込みをして一番困るのが「在籍確認」

派遣社員であっても、必ず在籍確認をされます。

でも、派遣社員はパートやアルバイトと違い、勤務先で直接雇用されているわけではないですよね。

実際に働いている会社と給料の振り込みをしてくれる派遣元の2つの会社が関わっています。

では、派遣社員の在籍確認はどこに確認されるのでしょう?

派遣社員の在籍確認は、「派遣元」に行われます。

その理由は、派遣社員の給料は派遣会社から支給されるから。

勤務先は派遣先である実際に働いている会社になりますが、派遣社員は派遣会社に登録をして、その派遣会社から紹介された勤務先へ行っているだけなので、勤務先ではなく派遣元に確認されるのです。

そのため、派遣先がどれだけ大きい会社であっても、派遣先を勤務先情報として入力・記入してはいけません。

派遣先が大きい会社だと審査に有利に感じると思いますが、収入証明書類の提出が必要になったり、身分証明書類として保険証を提出すればバレることなので、正しく申告しましょう。

ただし、勤続年数は派遣先に勤務している期間を入力・記入しなくてはいけません。

派遣先が変わっても次の派遣先にすぐに勤務した場合は、両方の勤続期間の合計でかまわないですが、派遣元に登録はしているもののどこにも派遣されていない場合は、その期間は勤続年数には含まれません。

派遣登録をしただけ、次の派遣先が決まっていないという場合は無職ということです。

また、派遣会社はたくさんの人が登録しているので、派遣会社の自分の担当者に事前に在籍確認があることを伝えておくとスムーズです。

審査に通るコツさえ知っていればパート・アルバイトでも借りられる

パートやアルバイト・派遣社員でもカードローンでお金を借りれることはわかりましたよね。

固定給ではない非正規雇用の人の場合は、年収よりも勤続年数が審査に大きく影響します。
もちろん、収入が多ければパートやアルバイト・派遣社員の人でも利用限度額が高くなることもあります。

しかし、勤続年数が短いと、たとえ正社員並みに収入があっても審査は厳しくなるので、勤続年数が半年以上ない人は、まず勤続年数の実績を作ってから申し込むことをおすすめします。

また、パートやアルバイト・派遣社員の場合は、勤務先で認識されていないこともあるので、勤務先の担当者に事前に在籍確認があることを伝えておくのが、スムーズに借りれるコツです。

ほんの少しのコツで、パートやアルバイト・派遣社員でもカードローンは利用できるので、上手に利用しましょう。

おすすめカードローン 人気比較ランキング