アコムで一括返済・解約する方法。ネットで24時間返済可能

アコムで一括返済・解約する方法アコム
即日融資が可能なカードローン
  •  1位 プロミス 審査最短30分!即日融資ならここ
  •  2位 アイフル 初めての利用で30日間金利ゼロ
  •  3位 SMBCモビット スマホでキャッシングが便利

大手消費者金融会社のアコムでは、毎月の返済以外に繰り上げ返済や一括返済などの方法があります。そして、お金に余裕ができたからアコムに一括返済をしたいと考える方もいるのではないでしょうか。

たしかに一括返済をすれば毎月の返済の負担や実際に支払う利息なども軽減します。しかし、ただ返済をおこなえばいいわけではありません

そこで今回はアコムの一括返済の流れをはじめ、そのほかにも注意点や完済した後の解約手続きについて解説します。

現在、一括返済を検討している方、今後返済をしたいと考える方はぜひチェックしてみてください。

アコムで一括返済をおこなうメリットは?

アコムで一括返済をおこなう最大のメリットが、支払うべき利息が減る点です。

アコムにかぎったことではありませんが、消費者金融会社の利息は以下のような式で計算されます。

・利用残高×実質年率÷365×利用日数=支払い利息

要するに借り入れる期間が長ければ長いほど、支払う利息が増えてしまいます。そのため、少しでも利息の支払い負担をおさえたいのであれば一括返済をするのが効果的なのです。

アコムでの一括返済と通常返済で発生する支払い利息総額を比較

アコムで一括返済をおこなう場合と通常返済で発生する支払い利息総額を比較していきましょう。

・金利18.0%、30万円を1年間借りた場合:
12回払いで返済した場合の支払い利息総額は29,584円
・金利18.0%、30万円を1ヶ月間借りて一括返済した場合:支払い利息総額は4,438円

上記を見ると支払う利息が約25,000円もの差があり、一括返済を早くおこなうほどに支払うべき利息総額をおさえられることになります。

たしかに毎月の支払いで計算すれば返済額はそこまで大きく感じないかもしれません。しかし、返済期間が長ければ結果的に多くの利息を支払うことに変わりはないです。

そのほかに、アコムの提携先ATM、コンビニATMなどから返済をした場合、1万円までで100円(税別)、1万円を超えた場合は200円(税別)の手数料も支払う必要があります。そこで、一括返済をしてしまえばこれらの支払いも節約が可能です。

アコムで一括返済の方法と流れは?

アコムで一括返済をおこなう場合、インターネットにアコム店頭窓口、アコムATMというようにさまざまな方法から選べます。しかし、選ぶ方法によっては一括返済ができないこともあるので、後からトラブルに発展しないためにも具体的な手順と方法を確認しておくのがおすすめです。

一括返済の流れは以下の流れで進めていきます。

1.いつ一括返済するかの日にちを確定させる
2.一括返済の合計金額をアコムに問い合わせて確認
3.アコム店頭窓口、ATM、インターネットから返済方法を決める
4.入金(返済)をおこなう

流れだけ見ると難しいように見えませんが、あらかじめ注意しておきたい点もあるので以下で解説していきましょう。

一括返済をする前に必ずアコムに確認

アコムの利息はいつ返済をするかによって金額が日々異なります。そのため、一括返済をおこなう日が1日でも異なると当然ながら返済金額も変わってくるのです。

契約者自身で利息を計算して一括返済をすることは可能です。しかし、自分で計算をすることで数円単位の誤差が発生する可能性も否定できません。

後から差額の支払いをするのでは手間もかかるので、スムーズに一括返済をしたい場合は返済日を確定させることが大前提です。

返済金額を調べるのにおすすめなのがプッシュホンサービス

返済金額を調べる方法は以下の5つです。

・アコム会員サイト
・アコムプッシュフォンサービス
・ATM(アコムATM、提携ATM)
・アコム店頭窓口
・自動契約機(むじんくん)

この中でおすすめしたいのがアコムプッシュホンサービスになります。

0120-134-567に電話をかけるとアコムプッシュホンサービス(自動音声)につながるので、ガイダンスにしたがって進めていけば返済金額を簡単に確認できます。

その他の返済金額を確認できる具体的な方法は以下をチェックしてください。

アコム会員サイト
ログインしてマイページの残高期日照会から確認
ATM(アコムATM、提携ATM)
アコムカードを入れて残高確認を選択
アコム店頭窓口
平日9:30〜18:00までの営業時間内に確認可能
自動契約機(むじんくん)
営業時間(8:00〜22:00)の中で確認可能

 

上記の中から都合の良い方法で返済金額を確認したら、次はその金額を店頭窓口やインターネットなどの方法で入金(返済)します。

 

一括返済の方法は5種類

アコムで一括返済をする場合、以下の5つの方法から選べます。

・アコムATM
・提携ATM
・アコム店頭窓口
・振込
・インターネット

 

上記の中でおすすめしたいのがインターネットからの返済で、以下のようなメリットに特徴があります。

 

インターネット返済のメリット

・店舗などに足を運ぶ必要がない
・1円単位の端数の返済も可能
・返済時の手数料が発生しない
・24時間、都合の良いタイミングで返済が可能

 

インターネット以外でも返済は簡単にできますが、1円単位の端数も返済可能で手数料も発生しない、かつ24時間いつでも返済が可能なのはインターネットのみです。(毎週月曜日の午前1:00〜5:00はメンテナンスのため利用不可)

ただし、インターネットからの返済をおこなう場合、アコムで利用可能とするインターネットバンキングを持っていないことには対応できないので注意が必要です。その場合、アコムATMあるいはアコム店頭窓口などを利用すると、返済手数料が無料となります。

 

返済方法によって発生する手数料

選ぶ返済方法しだいで手数料が発生する場合があります。なお、返済方法ごとの手数料一覧を以下でまとめてみました。

・アコムATM:無料
・店頭窓口:無料
・インターネット:無料
・銀行振込:返済に利用する金融機関によって異なる
・提携ATM(コンビニATMなど) :1回あたり110円〜220円

 

コンビニATMなどの提携ATMから一括返済する場合、手数料が発生します。

また、返済に利用する金融機関によって手数料が発生することもあるので注意してください。銀行振込を希望する方で詳しい手数料を知りたい場合は各金融機関に問い合わせてみるのが間違いもなくてスムーズです。

ATMからおこなう一括返済に注意

一括返済をおこなう方法の中で、アコムATMと提携ATMがありますが、これらの方法には注意点があります。

それが、硬貨での支払いができない点です。要するに1,000円未満の端数が出たとしても正確な金額で一括返済ができないことになります。

たとえば、返済すべき残高が10,500円の場合、ATMで支払えるのは10,000円となるので500円が支払えません。

端数が発生した場合、無利息残高として扱われます。そして、次回以降アコムを利用したときに最初の支払いで清算される流れです。

この端数には金利がないため利息はかかりませんが、一括返済後にアコムの契約を解約したい場合は無利息残高を発生させない必要があります。

一括返済をしても契約は継続される

アコムにかぎったことではありませんが、カードローンを一括返済しても契約の終了とはなりません。そのため、一括返済をしてもアコムとの契約は継続されることになります。

もしアコムの契約そのものも解約したいのであれば、一括返済後にアコム店頭窓口か自動契約機(むじんくん)に足を運ぶ、もしくはアコム総合カードローンデスクに電話をしてください。そのうえで解約手続きをおこないましょう。

そして、解約手続きが済んだら不要のアコムローンカードは細かく裁断するなどして破棄するのが安心です。

まとめ

アコムの一括返済をおこなうときの手順に方法、そのほかに注意点も解説しました。提携ATMを利用する場合、110〜220円の手数料が発生、ATMからの一括返済は1,000円未満の端数が残るなどの注意点はありますが、一括返済をすることで利息を減らせるメリットがあります。

まずはいつ返済するのかを確定して、都合の良い方法で返済すべき金額を確認。その後、決められた日のうちに返済をおこなってください。ただし一括返済後に解約をする場合、無利息残高を残さないようにしましょう。

カードローン選びで絶対にハズしたらいけないポイント

はじめてカードローンを使ってみようと思っても、カードローンについてあまり詳しくないと、どこでお金を借りればいいのか悩みますよね。

筆者も実際にお金を借りるまで迷いました。

 

借りるポイントを3つ上げるとすれば

以下の3つです!

  1. 大手の会社を選ぶ
  2. 金利の低さ
  3. 返済方法

大手を選ぶ

大手を選ぶ、単純ですがここ大事です。

大手と似たような名前のカードローン会社で「審査不要!その場でお貸しします!」といった宣伝や看板を見ますが絶対利用しないように!

 

金利の安さ

大手の金利はほぼほぼ変わりませんが、アイフルやSMBCモビットでは、上限金利が18%に設定されていて、プロミスの上限金利は17.8%。プロミスだけ0.2%金利が安くなっています。

 

返済方法

コレ、見落としがちです。借りるときは1回で済みますが一番重要なのが何回も繰り返す返済

返済方法が面倒だと返済を忘れたり、手数料が高かったり、気をつけたいところです。

一番利用しやすいのは、プロミスのインターネット返済でした。あっという間に振込返済できます。

振込手数料が0円なのがうれしいです。

 

結果から言うとプロミスが一番利用しやすく金利も一番安く返済の手数料もかからない方法が多いです。

 

 

 

アコム
カードローンお助け本舗